HOME > 活動ブログ

箕面滝道の紅葉情報 2018.11.02

 箕面の山も紅葉シーズンになりました。昨年10月の台風21号による土砂崩れで通行止めになっていた滝道が1年ぶりに通行できるようになりました。

 

 昨日11月1日の滝道通行止め解除の様子は「みのお山なみネット」に詳しく紹介されていますが、早速滝道を歩いてみて、紅葉の様子を調べてみました。

 

 まずは西江寺に寄って見て紅葉の進み具合を確かめました。西江寺は滝道から少し横に入りますが、きれいな紅葉がみることができるお寺です。

 

 

 西江寺境内

 

 西江寺のカエデの紅葉はまだこんな状態です

 

 西江寺から戻り、一の橋を渡ると滝道に入ります。すぐに道が二手に分かれますが、左手の階段になった道は旧道です。ここは倒木の処理が終わっておらず、通行止めが続いています。

 

 

 旧滝道は通行止め

 

 滝道本道は箕面川に沿って続いています

 

 滝道のカエデは所々色づき始めていますが、まだまだ緑色が優先しています。

これから冷え込みが進むと一段と色づきが進むでしょう。滝道の紅葉は毎年11月の中旬以降が見頃と言われていますが。

 

 

 梅屋敷前

 

 滝道

 

 滝道のオオモミジ

 

 ムラサキシキブ(滝道)

 

 滝道を進むと、やがて昆虫館の前に出ます。昆虫館では大きなカマキリや蝶が出迎えてくれますが、この前のカエデは陽がよく当たるのか、きれいに紅葉していました。

 昆虫館の横には箕面公園事務所があり、その隣には箕面の名刹瀧安寺が建っています。瀧安寺は9月の台風21号で裏山の大木が倒れお堂に大きな被害がでました。現在再建中ですが、まだまだ時間がかかりそうです。

 

 瀧安寺では建物裏手に植わっている一行寺カエデと妙音天像の前のオオモミジの紅葉具合をチェックしました。どちらも紅葉には程遠い状態でした。

 

 

 昆虫館前の紅葉したカエデ

 

 瀧安寺横の広場(最近まで回収した倒木等の廃材が積まれていました)

 

 被害を受けた瀧安寺のお堂

 

 黄葉する一行寺カエデですが、まだまだのようです

 

 妙音天像とオオモミジ

 

 瀧安寺から滝道に出ると、滝道の本道(右岸側)と左岸側(ハイキング道)に分かれます。10月31日までは本道の方は通行止めになっていましたが、11月1日から通れるようになりました。 

 

 

 通行止めが解除された本道

 

 しばらく進むと左手に細い階段があり、20mほど上がると野口英世博士の銅像が立っています。

 

 この像の由来は「箕面に足跡をしるした有名人」(もみじだより 平成20年9月号)に詳しく書かれていますが、この地を訪れた野口英世博士の老いた母への孝養に感激した人たちによって建てられたものです。

 

 像のまわりはきれいに整備されていました。この像は福島県人が時おり訪れるとのことですが、地震や台風の被害がなくてよかったです。

 

 

 野口英世像

 

 博士像を見て滝道に戻り、しばらく進むと修業の古場の休憩所に着く。休憩所の前にタマミズキの大木が立っている。タマミズキは赤い実を付けている。

 この辺りのカエデも紅葉はまだまだですが、サザンカの花びらが目を楽しませてくれます。

 

 

 

 タマミズキ

 

 サザンカ

 

 滝道のカエデ

 

 さらに進むと倒木が目立ってきました。切断された倒木が斜面に置かれています。長左エ門谷の前の道が崩れたようで、鉄パイプで補修されていました。

 

 

 左手が山側の斜面になっていて、切断した木が置かれている

 

 鉄パイプで補修された道(長左エ門谷前)

 

 別方向から見ると

 

 通行止めの元凶になった石子詰め付近の崖崩れは金網が張られ、きれいに整備されていた。金網に台風被害の状況を示す写真が貼られていて、通りがかったハイカーが眺めていた。

 唐人戻り岩は被害がなく、大滝までも目立った被害らしきものは見当たらなかった。

 

 

 昨年の台風で崩れた石子詰め付近の修理整備跡

 

 唐人戻り岩は大丈夫

 

 大滝近く

 

 大滝付近のカエデも緑の葉っぱをつけている。滝の流れの横に根っこの付いた倒木が引っかかっている。台風の被害を思い起こすモニュメントだ。

 

 

 大滝を望む、まわりの紅葉はまだまだ

 

 滝の流れの横、倒木が引っかかっている

 

 滝見橋から下流を見る

 

 大滝から一目千本に寄り、左岸を帰った。

 

 一目千本付近

 

 ところどころ、一部紅葉していました

 

 左岸の中の千本休憩所から見た景色

 

 掬秋台(きくしゅうだい)から見た景色

 

 茶の花

 

 柿の実

 

 紅葉の進み具合を見るために滝道を歩きました。カエデの紅葉はまだまだで例年通り11月の中旬以降が見頃になるものと思われます。

 

 滝道(本道)は整備されきれいになっていて、歩くのに支障はなかったが、倒木の酷かった場所では処理された倒木が現場に置かれているところがあり、大雨の後など崩れ落ちてこないか気になりました。

 

 今後も紅葉の進み具合を見て、報告したいと思っています。    文責 H.T

 

 



2018.10.31 ハイキングルート補修作業報告その8

 晩秋のこの日、今日は箕面の山ハイキングルートの高山道の一部、通称ババタレ坂(いい名前ないですかね…書きにくいです)の整備です。

 大雨・地震・台風等の自然災害で荒れて歩き難くなったこの坂道を、安全に歩けるようにと今回整備に挑戦しました。

 参加頂いたのはいつも応援を頂いているサポーター2名と隊員12名の 計14名です。

 

作業場所近くまで今回は車に分乗し、箕面ビジターセンター前からこもれび展望口方面の坂道に入ります

               悪い足場の坂を上り                      作業前のミーティングです

 

 

   事前に準備された材料も確認しました         早速、前作業に取り掛かります

 

 

1.府道43号線からの入り口です

    作業前の登り口は急坂です               木材を使って階段状にします

     

 

    少し入った地点も同様ステップを…     完成です

 

 

2.崖崩れの地点

     道幅確保のため斜面を少し削ります       作業中にハイカーが「ありがとうございます〜」と

   

 

       倒木を利用して土砂流出の防護です

   

 

   次のステップへの移動途中

        H隊員、怪力を発揮して               出来上がった石段

    

 

  続いて現れた倒木は

       慣れた手つきで・・ ひと曳きに・・           通過できま〜す                       

 

 

    ここで昼食タイム、食後にシロダモの花の写真などを撮りながら一息入れて

      

                            「さあ〜始めるぞ❕❕❕」の声で

 

3.山道に倒れている倒木地点へ      

     昼飯の勢いで今日の大仕事

                                      切る人   と    支える人が力を合わせ

 

 

        難行苦行の末、見事切断…跨がなくて通れますョ

     

 

           こもれび展望口への登り口にも階段が出来ました

     

 

  整備作業を終えて急坂を下ってきた皆さんをお出迎えです   いつかな?色づくのは

                青空をバックにいつかな?                   流れをバックにいつかな?

 

 

                                   整備された入口の階段を下って全員で写真を撮りました

                                  

 

                 お疲れさまでした…充実感溢れた皆さま方のお顔です

 

    作業終了後は車に分乗して無事箕面駅前に着きました。

     解散後、三々五々とひとかたまりがそれぞれ帰路に…  またお願いしま〜す。

 

                                                                                            写真:田子隊員、稲田

                                                                                            文責:稲田

 

 

 

 



2018.10.28 箕面の山の気まぐれ散歩「紅葉つ山を愛でる」報告

歳時記 風のたより」の実践版「四季に遊ぶ 箕面の山の気まぐれ散歩」。

秋日和の10月28日(土)、薄紅葉を楽しみながらのんびり散策しました。

                

 

ご案内は、自然観察指導員でスクールインタープリター講師渓川 清さん(ペンネーム)です。

 

                                                               -西江寺-

行先は、参加の皆さんと相談しながら、あっち回ってみますか?

ちょっと登ってみましょうか。

と気の向くまま風の向くままのお散歩です。

 

 

                        ⁻桜紅葉-

 

西江寺境内では「紅葉」という言葉の由来について万葉集の和歌が紹介されました。

この頃の「もみぢ」は、黄葉だったそうです。

渓川さんのお話ひとつひとつに「へえ〜へえ〜」と言いながら

そよ風の様に…蝶のように…のんびりと散策。

そうそう、蝶と言えば・・・昆虫館の前でアサギマダラに会えました♡

 

                        ‐西江寺-

 

紅葉や黄葉する仕組みとその色を表す和の色のお話もありました。

日頃から「鴨の羽色ね」とか「櫨染め色ね」なんて使ったら、

ちょっとイイ感じですね♡

 

           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   -葉団扇楓-

 

 

                                                             -一行寺楓-

 

箕面の紅葉のてんぷらには、一行寺楓が使われるそうです。

どうしてほかの楓じゃダメなのか?

それは、この楓の葉の特徴にあるようです。

 

 

                    -滝道入り口付近-

 

渓川さん一押しの紅葉ビューポイントに行って

箕面の山の秋の気まぐれなお散歩は終わりました。

 

 

お別れの際、参加下さったみなさんへ心ばかりのプレゼント。

箕面の山で拾った紅葉の栞をお渡ししました。

(牛乳パック・トレーシングペーパーやティッシュペーパー・アイロンがあればできます♪)


箕面の紅葉は「冬紅葉」だそうです。これからが本番!

この秋の思い出に、足元のキレイな紅葉で栞や葉書を作ってみてはいかがですか♡

 

風・・感じていますか

足元に咲いている花に気がつきましたか

流れるときの中・・ちょっと立ち止まってみませんか

               −風のたよりより-

 

★次回は、来年1月ごろ「冬の気まぐれ散歩」を行う予定です。

開催日時・内容が決まりましたら、HP・facebookでお知らせします。

 

写真・文:y.o

 

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734