HOME > 活動ブログ

2018.01.23 こもれびの森コース

 ≪大寒≫ 寒さが厳しいですね でも蕗の薹が雪の間から顔を覗かせているかな?春が近づいているのかな?

こんな時期に今日の「こもれびの森コース」のクリーンハイキングに23名の皆様方がご参加下さいました。

    (一般参加者13名 隊員10名)

 

  出発前の駅前の様子です

  天気に恵まれ予報に反し比較的暖かです             定刻です・出発で〜す

 

 

      「森の案内所」箕面の山パトロール隊事務所前を通り龍安寺広場を目指します

          

 

   広場でTリーダーより、昨夜来の雨で濡れている山道を歩く時の注意等を受けました

   しっかりと準備体操も終えて出発です

                     水滴の輝く森                             そんなに急がないで〜  ゆっくり上りませんか                   

 

 

上りきった地獄谷で 少し窮屈ですが…隠れている方  ごめんなさいね

    寒い中ですが小休止中に…【地獄谷】の案内板見えますか  頭上の斜面の不法投棄物も見えますか

 

  さあ〜出発しますョ…トングとビニール袋を手に…           倒木がだんだん自重で萎れてきます

 

   (本日回収のゴミは 3袋+ビニールカバー  約9Kgでした)

 

       こんな物を足元に見ながら                     地獄谷最後の急坂を上ります…この辺りは無言?  

  

 

尾根に出る辺りや 尾根筋には雪が残っていました

                処理された材木の上に                        落ち葉の上に

 

                       緑の上に                                  そして倒木の上に

 

 

   目線を上げれば

                         枯れ木の向こうに青空が…

 

雲隣展望台付近で三々五々、風の当たらな暖かそうな場所で昼食をとりました

昼食後は急に冷えてきました。頬を刺す風も…やはりまだまだ冬です

                              綺麗に咲いたサザンカの下を足早に帰路につきます

 

 

林道では寒さに耐えて(最近よく出てくる景色ですが…)

                山香ばし  と                    薄と栴檀の実のコラボレーション

 

 

林道出口付近には

             K隊員が手入れの花壇に三椏が…              向かいの谷には ? 赤色の実 

 

 

今日の遠景は聖天展望台より

                                   照明付?のあべのハルカスを…分かりますか

                                              枯木の間遠くハルカス望みけり        篤老

                                                     春はまだまだ・・・冬真っ盛りでした

 

  午後には寒さが厳しくなってきた中で、フードを被って元気に歩いておられる参加者の皆様方の後姿がとても頼もしかったクリーンハイキングでした。手は冷たくてもトングとビニール袋を最後までしっかり持って頂いている姿にも≪ごみは捨てさせないぞ!≫の意気を感じました。有難うございました。

  次回は2月27日(第4火曜日)です。皆様方のご参加をお待ちしています。

   インフルエンザが蔓延しています。まだまだ厳しい寒さが続きますがご自愛ください。

                                                                                                                 (担当隊員一同)

                                                                                                                 (文責 稲田)

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2018.01.20 清水谷コースのクリーンハイキング

お知らせ

 

 大寒とは思えない程の暖かい日差しに包まれた本日、清水谷コースのクリーンハイキング、元気に

 14名で出発ビシターセンターで1名、計15名で楽しい1日でした。

 

 

箕面駅前最高のハイキング日和です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                        さあこれから元気出発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給水タイム                          ふれあい広場が 森の案内所にかわった

            気を付けて下さい

今日も大量のゴミを高い金網の上から下に投げています、悪質すぎます

           清水にむかいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

              ダムの横で道をふさいでる木の枝を整えています

            東海道自然道に向ってます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東海道自然道に行くとちゆう                  蛙池に降りる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風21号〜22号つめ跡がまだまだいたる所にのこってます  注意の上にも注意して降りました

            馬場たれ上がり箕面駅前無事に帰える事が出来ました

        皆様の笑顔はいいですね

 

 今日今年度初めての清水谷コースのクリーンハイキングお天気に恵まれた

 一日でした。山の醍醐味は一歩一歩登っていけば必ず、目的地の頂上に確実に着く

 事が出来る、コースの半ば厳しさを感じれば感じる程、その感動は、倍増します。

 歩は(止)と(少)からできてます、歩く動作の中に止まる動作が、含まれ、歩みを

 少し止って、木の芽や花を、見ることによって少しずつ春がちかずいてくる、楽しみが

 見えてくるのでは、ないでしょうか、今日は非常に厳しいコースのクリーンハイキング

 でした。皆さん元気に面白かった、楽しかったとの言葉を頂き有難うございました。

 今日ゴミは12.4圓任靴拭M難うございました。

 今年も箕面の山を綺麗に気持ちの良いクリーンハイキングにご参加頂けることを

 願ってます。次会は2月17日(土曜日)です

 

        清水谷コース担当一同        掛水

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2018.01.16.「秘境:石澄の滝ルート探索」実施報告。

「箕面の山パトロール隊」の<クリーンハイキング・ルート整備3ヶ年計画>も「才川コ

ース」等整備が既に完了し、残す対象先が「石澄の滝コース」のみになりました。そこで、

本日、隊員とサポーターの総勢8名で、当該コースの最適ルートの探索に着手いたしま

した。


山麓線の池田市・東畑より、<東畑ポンプ場>前を通り、「滝」に向かいました。

AM10:00スタート。

 


畑5丁目の入山口は車が通行止めとなっています。

 


登山道の東斜面(石澄川べり)には、瞠目すべき不法投棄物が散乱。

 


石澄川に沿った登山道は歩行に大きな支障なし。

 


「平田龍昇師之碑」。石澄の滝への道を開いた関係の人?。

 


丸太橋が朽ちて渡渉が危険のため、迂回する。

 


ほどなく、廃寺・廃家に到達。<一心寺>なる立て札あり。

 


<一心寺>の荒れ果てた本堂。

 


<一心寺>の内部。

 


本堂内部の<壁掛け時計>。2時20分で停止している。何十年前からだろうか?

 


本堂前に放置された、スタンプ。<朱印>か?。奇々怪々。

 


「石澄の滝」まで0.7kmの表示。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほどなく、またもや廃寺があり。

奉納幕には「昭和四十年十月」と明記。約53年程度経過か。

 


<御大鳥居奉納御芳銘録>を発見。これにより、この廃寺が「石積山大日寺別院」と判明。

            昭和参拾参年拾月吉日

            池田市東畑石澄の御瀧の畔

            石積山大日寺別院

            御大鳥居奉納発起人

                   住所:ーーーー

                     ○○○○

                   住所:ーーーー

                     ○○○○

            と記載されていた。 

            約60年の歳月が流れている。

 


大日寺別院の横斜面に前後に二つの石仏。何故?

 


隣接の廃家。大日寺別院の関係者の住居跡?

 


廃家の仏壇の上部に掲げられた古びた額。この絵もしくは写真は「石澄の滝と不動明王像」

と思われます。

これら一群の「廃家」・「廃寺」は横溝正史や松本清張の世界のような雰囲気を醸し出

し、まさに<ミステリー・ゾーン>でした。

 


さらに、「滝」に向かいます。

 


漸く、「石澄の滝」が垣間見れました。

 


道幅が狭く、危険な為、ロープ伝いに歩きました。

 


遂に、「石澄の滝」に到達!AM11:30分。約1時間30分の所要時間でした。

「石澄の滝」落差:約25m。 「箕面の大滝」落差:約33m。

 


本日の「探索隊」に参加戴いた8名の皆さんです。Fさんには「オカリナ」を

抒情豊かに奏でて戴き、心に沁みました。ありがとうございました。

 

下山も急峻な為、<安全第一主義>で、用心に用心を重ねました。

 


いよいよ、最終ステージの<海のみえる丘>(海抜290m)へ向かい、西斜面を登ります。

 

 

 


ただ、ひたすら、杉林を登ります。此処から、少し、汗ばみ始めました。

 


もう、到達点が見え始めました。この<スズタケ原>を抜ければ、終わりです。

 


最終目標地の<海のみえる丘>(海抜290m)に到達。PM12:05。

「石澄の滝」より約30分。

全コースの所要時間は約2時間でした。みなさん、お疲れさまでした。

今後、当該ルートに於いて、早期に、石澄の滝周辺の滑落防止対策や西斜面のルート整

備などを行い、「安全」が担保でき後、正規コースとして位置付けたいと思います。

                           報告:森岡


 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2018.01.15 医王岩コース

  新年も早や≪小寒≫≪七草≫≪鏡開き≫が過ぎ今日は≪小正月≫ですね  旧暦七十二侯では「雉初雊」(きじはじめてなく)の頃です。

  この時期に今日は青空の下、気温は低いが風がなく上り坂では汗ばむような気候でした。

  今日のコースは「西行寺〜風の杜〜才ヶ原池〜しおんじ山〜医王岩」のコースを辿りました。

 

  スタートの箕面駅前の空と目的地です

            綺麗な雲に魅せられて…パチリ!                             でっか〜い医王岩です

 

 

  西光寺境内では小正月のどんど焼きが始まっていました           ミツマタの実はいつもの場所で

 

 

  お寺の上からは幻想的な景色が望めました

 

広場で出発前のストレッチです      早速、整備された坂道を上ります    すべるなよ…受験シーズンだョ   

  

 

  この後、才ヶ原林道を歩きました

右を見れば おお〜背筋が冷たい!上を見れば綺麗な青空が…そして左の斜面には地を這う木の根っこが…       

  

 

才ヶ原池口でひと休み中に、いつも緑の葉のカクレミノで少し遊びました

                  手                                       ピース                                      手

          

 

才ヶ原池では…

                          クロモジの芽   と                          足元には氷が

 

 

才ヶ原池にはうっすらと氷が張っていました

                                                  褪せた森凍てた池にも薄日洩れ       (篤老)

 

今日は才ヶ原池から少し谷山谷方面へ進み、途中から池を大回りしてしおんじ山を目指します

      日の当たらないところには残雪       標識に従い進みます          綺麗な木

  

 

この道はあまり人が通ってなさそうです

                                                    切ったり潜ったりして進みます

 

 

昼食場所は整備されたしおんじ山で…

       食前・まだ残っています          食中・温かそう                            食後・見つけたぞ!ホトケノザ

   

 

本日ご参加頂いた27名の皆様方で〜す(一般参加者 17名  隊員 10名)

   顔半分の美女と男前、枯れ枝に身を潜ませた美男子も…カメラマンの不注意です(すみませ〜ん)

 

この後、急坂を下り医王岩へ向かいました                                  集めたごみをまとめて計量します

  

                                                                                        1袋 約3kgでした  お疲れ様でした

   新年から初春に向かうこの景色  冬の残照…それとも初春の息吹き?

         しおんじ山から千里の街を背景にした芽吹いたさくらです

 

日蔭には残雪や氷が張り空気も冷たい山中でしたが、風がなく暖かく感じた中でのクリーンハイキング、ご参加

頂いた皆様方愉しんで頂けましたでしょうか?新年の冷たい空気をいっぱい吸って頂けましたか?    

今年も楽しいクリーンハイキングを続けていきたいと思っています。よろしくお願い致します。

次回は2月19日(第三月曜日)です。皆様方のご参加をお待ちしています。        (担当隊員 一同)

                                                                                                         (写真 T隊員と稲田  文責 稲田)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2018.01.11 才川コース 実施報告

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、年明け早々の才川の沢歩きは未明の雪が残り、震え上がる寒さとなりましたが、19名(一般参加9名、隊員10名)のご参加をいただきました。暦の上ではまだ松の内。正月気分も残るなか、厳しいコンディションにもかかわらず、みなさん無事に沢を踏破しました。それでは早速、この日の模様を紹介しましょう。

 

   この冬一番の寒波がやってきました。未明の雪が箕面の山を覆い、北国のような冬景色となりました

 

当日は才川をさかのぼり、才ヶ原池から林道を歩き、こもれび展望所で昼食。その後、谷山谷分岐から三ツ石を経由し、再び才ヶ原池をめぐり風の杜を通り、西江寺から箕面駅前に戻りました。

             

              箕面駅前のドームもうっすらと雪化粧       才川入口の如意谷に向かって出発‼

 

     

    寒い朝。リーダーから凍結など危険な沢歩きの注意点を聴いたあとは、入念な準備体操です

 

 いよいよ、才川の沢歩きに出発。凍結、積雪がちょっと心配です。

     

      足元からは瀬音、頭上からは冬の陽光が降り注いでいました

                  

                          さあ、才川の谷へ‼

                                  

                                     渡渉は、踏み石の状態を確かめて

       

                   谷筋に下りてしばらくは、アップダウンが続きます

       

               

                ロープを頼りに急斜面を登りきると、川原にうっすらと残雪が現れました

                 

                        連続する小さな滝。せせらぎの音が静かな谷に響きます

  

      

               倒木を避け、そして乗り越え、さらに上流へ 

    

           凍結に雪。滑りやすい岩場はとくに足元には要注意です

       

                     森閑とした谷の空間。「ザクッザク‼」と残雪を踏み込む音が唯一の伴奏⁉

    

      最後の急斜面を登りきると才ヶ原池。あっけないような、名残り惜しいような沢登りです

 

 谷を登りきると、眼前に白銀の世界が飛び込んできました。真っ白な池の土手を見て皆さんから驚きの声や、感嘆の声が飛び出しました。緊張し、厳しかった沢歩きのご褒美です。

  

 才ヶ原池で休憩後、一行が向かったのはこもれび展望所。ここで昼食を摂り、谷山谷分岐から三石方面に向かい、再び池を一周し、林道を下山しました。 

      

        雪景色で盛り上った昼食。そして、身体を温めてくれた食後の紅茶。有難うございました

 

 ここで、この日見かけた冬の草木を紹介しましょう。木々は少しづつ、春の準備を始めていました。

    

     雪の綿帽子の下に膨らんだ木の芽       雪解けの水滴のなかに見つけた小さな赤い木の芽

      

  朱が鮮やかなマンリョウの実    不思議な形、ミツマタの花蕾     クロガネモチの黒い実   

 

 一行は、今冬初めての本格的な雪景色を名残り惜しんで下山。「才川コース」の一日もフィナーレです。

                                                

 

 この日も皆さんのご協力で、たくさんのゴミを回収できました。有難うございました。

    

  

暦の上ではすでに寒の入り。この日の才川の谷筋は、未明の雪が消えず、所によっては一面の銀世界。葉を落とした木々の枝には雪の綿帽子が残り、雪国を思わせる景色となりました。ルートは非常に滑りやすい状態でしたが、無数の小滝を流れ落ちる川音に包まれながらの沢歩きは、なんだかすがすがしく、年の初めにふさわしい身の引き締まる初歩きとなりました。

その一方で、寒々とした冬景色のなか、木々の枝先には早や芽や花の蕾が膨らみ始めていました。春に向かって少しずつ姿を変えていく山や谷筋の姿を目にすることができた、愉しい初歩きともとなりました。

   ふゆが

   きたとて

   木は裸

 

   春に

   なるまで

   木は裸

 

   ちらちら 

   雪が

   ふってきて

 

   はなを

   きものに

   きるけれど

 

   それが

   消えると

   また、裸

     山村 暮鳥 −冬の木木−
  

 最後は、ご参加いただいたみなさんの記念写真です。みなさん子供の顔に戻っていませんか?

 

この日は、皆さんのご協力で25.7キロのゴミを回収することができました。ありがとうございました。次回も集合場所は阪急箕面駅前(9時30分)、才川入口(如意谷団地西側10時)の2か所です。多数のご参加をお持ちしています。

                   担当隊員一同 (写真と文 竹内)

 
 

  

  

  

  
 

  

  

  

  

  

 

  

  

  

  
 

  

  

  

  

  

  
  

  

 

  

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2018.01.09.「東海自然歩道コース」実施報告。

     初暦 知らぬ月日は 美しく (吉屋信子)

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

2018年の元旦は晴れて、風もなく、穏やかな気候に恵まれて、気持ちも

一新、清々しい気分になりました。斎藤茂吉は、年の初めは平和(たい

らぎ)の心がきわまると、詠んでいますが、古来、人々は年の初めには

この自然で素直な思いを持ち続けてきたのでしょう。この新たな気持ち

で、辰野和男氏は昭和54年の元旦の「天声人語」に、21世紀は静けさ、

やすらぎ、仲間、自然、地域文化などに価値を求める生き方がより大切に

なると提言していました。私達の日々の活動は、小さな歩みですが、その

趣旨に沿っているように思います。今年もさらに歩を進め、山の美化、自

然の保護等に取り組み、四季折々の野山の景観を楽しみながら、掲出句の

ように流れゆく月日を美しくしたいものです。  

         ♫ 年の始めの 例(ためし)とて

       終(おわり)なき世の めでたさを

       松竹(まつたけ)たてて 門ごとに

       祝(いお)う今日こそ 楽しけれ ♫  

                        千家尊福「一月一日」

本日も新春の山々を楽しむべく、一般参加者5名、隊員7名の総勢12名で

<東海自然歩道>に向かいました。

 


古道・中ノ坂道に咲く、寒木瓜の花。

 

      寒木瓜や 先の蕾に 花移る (及川 貞)

 


古道・中ノ坂道に咲き残る、白菊。

 

      初霜はラメ入りで描く白菊は

           クレヨンで描くふるさとの庭

                        (俵 万智)

 


瀧道に咲く、水仙の花。

 

       水仙や 寒き都の こゝかしこ  (蕪村)

 


瀧道を歩む。

 

        年改まり人改まり行くのみぞ (虚子)

 


瀧道のカナメモチの実。

 

    小鳥が食べる木の実60種の色は

    赤28種、黒16種、黄褐色12種、紫4種で

    赤が約半分を占めている。

                岡本省吾著「木の花、木の実」より。

 


龍安寺広場にて。準備体操。

 

       新しき年のはじめにおもふこと

             ひとつ心につとめて行かな

                          (斎藤茂吉) 

 


龍安寺広場に咲く、お茶の花。

 

             凍(しば)れつつ帰れば茶の花咲きゐたり

               冬の心のそばにゐる花

                        (馬場あき子)

 


龍安寺・弁財天の鳥居にて。本日、参加戴いた12名のみなさんです。龍安寺の<おみくじ>は下記の通りでした。

今年も大いに奮起し、飛躍したいものですね。

               

                 第三十三番 吉

        

              このみくじにあう人は    

              思わぬ人よりの 助けを得て

              幸いを受ける

              冬の枯木が春になって芽を吹き

              更にそのかげに

              晴れ間の月を見るように

              心誠であれば

              神仏の御加護がある

                        箕面山・龍安寺

 


龍安寺境内の、南天の実。

 

          霜がおりて

          息のつめたい朝だよ

          南天の実が

          光っている

                   海達公子「南天の実」

 


瀧道の、メタセコイア。

 

          黄葉(もみじ)してメタセコイアはまだ散らず

                       三角錐のかたちを保つ

                                 (花山多佳子)

 

箕面川/瀧道左岸を歩む。

 

         変わらざる山河ありけり去年今年  (岡村昭則)

 


地獄谷へ。

         年新た此処から空がいつも見え (池田澄子)

 


地獄谷の、アオキの実。

 

               その上に日をいただかず青木の実  (青柳志解樹)

                

 


地獄谷・谷底で不法投棄物を回収される参加者の皆様。

 

           いつまでも

           美しくあってほしい

           私たちの箕面の山!

                      (箕面の山パトロール隊)

 


地獄谷の急斜面にて。不法投棄物(車のバンパーなど)を回収される参加者の皆さん。

 


同じく地獄谷の急斜面にて、不法投棄物を回収される参加者の皆さん。

*非常に危険な為、このような作業は隊員のみで行っています。

 


今回で、地獄谷に於ける懸案の不法投棄物はすべて、回収致しました。

 

            回収全重量 33.7kg

 

            不法投棄は犯罪です!

                        (箕面の山パトロール隊)

 


<こもれび展望所>へ。

         

        生きるに及ばざるなり

        死に果てて白く

        風にさらさえるべきなり

        しぐるる雨のさびしさに

 

        地に散りきし落ち葉なれば

        何事もなく眠るべし

                   高橋新吉「落ち葉」

 


<こもれび展望所>付近の冬木。

 

                 木がそこに立っているのは   

                 それは木が

                 空にかきつづけている

                 きょうの日記です

 

                 あの太陽にむかって

                 なん十年

                 なん百年

                 一日一ときの休みなく

                 生きつづけている生命の

                 きょうの

                         まどみちお「木」 

 


<こもれび展望所>より長谷山(標高568.2m)を望む。

 

            年新た嶺々山々に神おはす  (飯田蛇笏)

 


<こもれび展望所>下山途中にて。伐採中の大木。

俳人I隊員の一句。

 

          寒の入り大木切られ猿の顔   (篤老)

 


ビジターセンター(箕面川)に生息する、オオサンショウオ。

 

      泥いろの山椒魚は生きむとし

            見つつしをればしづかなるかも

                           (斎藤茂吉)

 


東海自然歩道に入る。

 

           わが歩む 落葉の音の あるばかり  (杉田久女)

 


冬の箕面川ダム湖。

        

            コバルトの湖を抱きて山眠る  (水野良子)

 


清水谷園地の、アカガシの紅葉。

 

                  気づかずに通り過ぎてた道の端に

              光を浴びた紅葉の木々

                        (佐竹惠子)

 


清水谷園地にて。ランチ・タイム。AM11:50。

 

       弁当を食べてる君の横顔は

             誰が見たって幸せそうだ  

                         (安形美紀)

 


清水谷園地の辛夷の蕾。

 

           春の枝に花あり

           夏の枝に葉あり

           秋の枝に果あり

           冬の枝に慰(なぐさめ)あり

                        内村鑑三「寒中の木の芽」

 

 

 

    

 

          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            

  

箕面川ダム湖の遊歩道の、ヤブサンザシ。

 

        落葉しつくしたる木の実の赤く   (山頭火)  

 


化石谷(380階段)を下山。       

 

       欲しくなる一人の時間の言い訳に

              きれいな落ち葉を拾って帰る

                           (飯坂友紀子)

 


帰路の龍安寺広場にて。子供達の凧揚げ風景。

 

          ちひさい子の走りてあがる凧  (碧梧桐)

 

本日のクリーンハイキングは<晴れ>の天気予想とは裏腹に、晴れ、雪、みぞれ、

時雨と目まぐるしく変わり、かてて加えて、すこぶる寒風が吹きすさび、とても

快適とは言えないものでした。が、地獄谷の、3ヶ所に散在する、懸案の大型不

法投棄物を回収でき、満足感を得ることが出来ました。みなさん、ありがとう

ございました。お疲れさまでした。

さて、昨年末、<天声人語>の辰野和男さんの訃報に接しました。私達の団塊の

世代にとって、朝日新聞の名コラムニストと言えば、深代淳郎、辰野和男、松山

幸雄、本多勝一、橋爪竹一郎などで、その名文・美文に酩酊し、多くを学んだも

のでした。殊に辰野和男さんは<自然>愛好家で、山河の風景や花鳥風月を愛で

る優しい感性の持ち主で、自然の中を<楽しみながら歩けば風の色がみえてくる

>が持論でした。私達も日々の活動を通じて、早く<風の色が見える>領域に達

したいものです。ともあれ、まだ松の内で、お屠蘇気分が抜けませんが、本来、

「お屠蘇」とは薬草酒で、一年の邪気を払い、齢を延ばす祝い酒だそうです。

「お屠蘇」で、今年も健康で元気に邁進しましょう。

       あたらしき年をむかへてうきうきと

              屠蘇の酒飲むおだやかにあれ

                         (一ノ関忠人)

それでは、みなさん、また二月にお逢いしましょう。

ご機嫌よう、さようなら。

              コース担当者一同

                     (文責:森岡)

(番外編)


インフルエンザが猛威をふるい始めました。要注意です!

未だ予防接種をされていない方は出来るだけ早く!

       鶏ならば殺処分かな冬の日を

             インフルエンザの高熱に臥す

                           (堺 礼子)           

 

 

 

 

 

 

 

 

         

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

       



2018.01.05 六個山・ようらく台コース  実施報告

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

 

新年1月5日、今年のクリーンハイキングのトップを切って「六個山・ようらく台コース」を実施しました。この日は二十四節気の「小寒」。暦に合わせるかのように、雪が舞う厳しい寒さとなりました。参加者の皆さんから、新年のあいさつが飛び交うなかの初歩き。それでは早速、この日の模様を紹介しましょう。

 

          厳寒のなか、冬の向こうの春を感じさせてくれたコブシの花の蕾

 

 初歩きは西江寺、瀧安寺で安全祈願したあと桜谷を登り、望海の丘からハート広場、わくわく展望台へ。雪を避けて教学の森で昼食を摂り、六個山の山頂から西尾根を下り解散しました。

        

         集合場所の阪急箕面駅前から、西江寺へ       ここで、この日の無事を祈願しました

         

                西江寺境内では、正月の祝い酒をご馳走になり、心まで温まりました

 

 まだ松も明けない5日です。瀧道では、お正月を祝う飾り物が目を愉しませてくれました。

           

    最近では珍しくなった門松             玄関を飾るしめ縄

              
                                      広場で準備体操を済ませ、瀧安寺で安全を祈願

 

  

                   この日、参加された皆さんです

 

 このあと一行は、桜谷へ。正月の運動不足の解消?です。「いつ登っても急やな・・・」と本音がポロリ。

                                

                      一行は桜谷へ

                      

               いきなりの急登に、話し声も途切れがち?

                                  

                    倒木の下を通り

                               

                    ジグザグ坂を登ります

 

 色彩の乏しい冬、それでも寒さに耐えて咲く冬の花が励みになりました。

      
                         サザンカ                                  ツバキ

      

         ボケ                  膨らんだロウバイの蕾

 

 望海の丘もわくわく展望台も小雪が舞うあいにくの天気。大阪平野の眺望を愉しむことはあきらめて、林道を歩き続けると、そろそろお腹が鳴り始めました。時間は正午前。雪を避けてランチタイムにしました。

                   

                        小雪が舞い、霞む大阪平野。せっかくの眺望はまた今度

        

              見ているだけでも暖かくなる?カップ麺の湯気。寒くても話が弾むランチタイム

 

 昼食で空腹を満たした一行はこのあと、六個山山頂へ。休憩後、西尾根から下山しました。

     林道を覆った落ち葉を踏みしめると、サクサクと心地よい音。まるで真冬の行進曲のようです

                              

                                     山頂近くの坂、あともう少し!

                              

           六個山の正式名称は「松尾山」ご存知でしたか?山頂での一コマ

 

 この日は、宝石のような赤い実をつけた木々も見かけました。そのいくつかを紹介します。

     

        ソヨゴ           クロガネモチ         マンリョウ

 

 六個山山頂で休憩後、西尾根ルートで下山しました。

                               

              斜面の階段を下ります。最後まで気を緩めずに‼

                          

          山を下り教学の森のゲートへ。眼下には北摂の街並みが臨めました

 

 この日も、ゴミ回収のほか昨年の台風で荒れたルート整備や看板の補修などを行いました。

        

              斜面のゴミ拾い                 ゴミの回収

       

          倒木の処理                  看板の補修作業

 

2018年がスタートしました。この日はあいにくの曇り空。そして、雪が舞う身を切るような寒さのなかの初歩きとなりましたが、落ち葉の絨毯を踏みしめ、梢から届く小鳥のさえずりを聴きながらの愉しいハイキングとなりました。

1月5日は暦の上では「寒の入り」。これからしばらくの間は、厳しい寒さが続きます。しかし、この寒さに耐えてこそ、春がやって来た喜びは大きくなります。山道を歩くと、冬木の枝にはすでに花の蕾や新芽が膨らみ初めていました。自然のたくましさに触れながら、この一年も箕面の山を美しく保ちたい、そして次世代に繋ぎたいとの思いで歩いた一日でした。

 

 最後は葉を落とした枝が、空へ空へと延びている写真。厳寒に耐える生命の逞しさを見る思いでした

   木を見ると

   木はその梢で私に空をさし示す

   木を見ると

   木はその落葉で私に大地を教える

   木を見ると

   木から世界がほぐれてくる

       谷川俊太郎−「木」より−

 

2018年最初のクリーンハイキング、松の内にもかかわらず、18名(一般参加者名、隊員11名)のご参加をいただきました。そして、皆さんのご協力で3.3キロのゴミも回収することができました。ありがとうございました。みなさまにとって、今年も箕面の山との素晴らしい出会いがありますように。それでは次回、またお会いしましょう。

                                 担当隊員一同 (写真と文 竹内)

   

   

   

   

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

 


 

       
 

 

 
 

 

 
 

 
 


 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2017.12.27 こもれびの森コース

 「第九」を聞き、若い世代の楽しみ「クリスマス」もアッという間に過ぎ去ってしまいました。

  そして迎えた数え日の頃となりました。今の子供たちは何を思っているのかな?「コマ回し」「羽根つき」いやいや「お年玉だ!」…という時代の移ろいですね

 こんな中で今日は今年最後のクリーンハイキングです。10月の台風21号の影響で長い間通行止めになっていた「地獄谷」が通れる様になりました。朝方冷え込みが厳しい一日の始まりでしたが28名の皆様方がご参加下さいました。(一般参加者 17名  隊員 11名)

 

  冷たい!寒い!…集合場所迄の道草です

        芦原公園から冬の空と六個山です                 池では冬鳥が一羽 餌を求めてまっしぐら

 

 

駅前を定刻に出発し

  一の橋を越えるとさらに温度が低く       それでも元気に・しっかり準備体操です

 

 

久しぶりに左岸〜地獄谷へ向かいます

            左岸で見つけたタマミズキ                       姫岩で小休止の後、名物「獅子岩」前を

 

 

さらに上ります

  久しぶりの道…一歩一歩踏みしめて…                             急坂を上り小休止です

 

 

ここで見つけた斜面のゴミ4態

     どれもこれも厳しい斜面の中程です

  

 

                    こんな物まで… 自動車のバンパー…ひとつは引上げて下さいました

          

 

ごみ集積場所でひと休み後、きょうは尾根道を辿ります

  早速現れた冬景色の中を歩みます

                         冬の森たわわに捻じれ絡む蔓       篤老

   

                    朽木に生えキノコ                        今の季節に珍しい 爽やかな色のサザンカ

 

 

こもれび展望所では冷たい風を避けての弁当となりましたが、

       昼食後の皆様方は一人の少年を囲んでにこやかに記念撮影です

                                                             冬空も少年持つ旗明日の山     篤老

 

この後、林道を歩き才ヶ原池に向かいました

             おしゃべりを楽しみながら                   年が明ければ受験シーズンが…落ちないでね〜   

 

 

              才ヶ原池の表情 水面にゆれる冬木立

 

  帰路聖天展望台からの遠景

                      六甲山方面                                 大阪市内方面…着陸前の飛行機が…

 

 

                                  西行寺ではもうお正月の準備が始まっていました

       

 

寒い山中で、色々な木の実や膨らみかけた蕾を見つけて頂きました

       赤々と熟すクロガネモチ           蕾が膨らんでいます コブシ

 

             熟し始めたアオキの実              才ヶ原池畔のノイバラの実

      

                寒風に揺れるセンダンの実          熟したヤブサンザシの実

          

                   見つけたぞ!サンキライの実        膨らんだミツマタの蕾

               

 

  今年のクリーンハイキングは今回が最終になりました。

   集合や下山後の解散と、何回も足を運んだ箕面駅前です。

      有難うございました。来年もお世話になりますョ〜

                 青空に吸い込まれゆくもみじの葉      篤老

  

                                        そして反省ばかりしている陽気な有志で≪お疲れ様でした≫

 

  今回も 2袋と車のバンパー×1で約15kgのごみを回収頂きました。ご参加頂いた皆様方お疲れ様でした。

  今年もクリーンハイキングや大掃除大作戦でごみの回収をして頂きましたが、残念ながら不法投棄からポイ捨てまで、捨てられるごみが無くなりません。

  来年も引き続きご参加、ご協力の程お願い致します。

  今年もクリーンハイキングに大勢の皆様方のご参加、ご協力を頂きました。有難うございました。

 

              元気で良いお年をお迎え下さい❕❕❕

                                                                          隊員一同

                                                                          (写真 T隊員・稲田    文責 稲田)

 

 

 

 

 

 



2017.12.23 滝道・若葉コース

今年、最後の滝道・若葉コース山歩く歩くには一般参加者・隊員合わせて21名のご参加を頂きました。

 

 

コースリーダーによる諸注意・整理体操体操体操を行います 楽しく会話しながらクリーンハイキング。

 

 聖天展望台では少し雲⛅がかかりましたが絶景を堪能する事が出来ました。拍手拍手

 

その後、ヘアピンカーブから2班に分かれます。ゴミを警戒しながらクリーンハイキング!

 

 

今日も小さなゴミを見逃しません! 

 

箕面駅から出発の際、2手に分かれてクリーンハイキング! 

ヘアピンカーブにて合流した隊員がこのような不法投棄を回収!

 

 

 

 

本日の成果です。ヘアピンカーブで5袋、才が原林道入り口付近で1袋 計6袋 15.3キロ タバコ45本 回収する事が出来ました、

 

 

その後、望海展望台でも年末に相応しい風景を堪能出来ました。山山

 

望海展望台ではタマミズキを見る事が出来ました。

 

 

足元に注意をして最後まで気を抜きません。歩く歩く山山 全員、怪我なくゴール

 

皆様! 本日はお疲れ様でした。拍手拍手王冠2王冠2 

来年も箕面の山でお会い致しましょう。

次回も皆様のご参加を心よりお待ちしております。

よいお年をお迎え下さい!お正月お正月

 

(文責)箕面の山パトロール隊・植山陽介。

 

 

 

 



2017.12.21.「明ヶ田尾山コース」実施報告。

     数へ日の町に伸びゐる山の影 (伊藤通明)

年内の余白が少なくなり、2017年の幕ももう間もなく、閉じよう

としています。この一年、どのような年でしたでしょうか。振り返れ

ば万感こもごも湧き起こり、過ぎ行く年を惜しむ気持ちが募ってきま

す。同時に、俳人・石川正子の句のように、師走に<またひとつ未来

へすすむ>期待感も滲みます。ともあれ、気の急く慌ただしい日々で

すが、本格的な冬の様相を呈した山々で、深い静寂感に身を委ね、暫

し、心の余裕を持ちたいものです。

     ♫ そだを折りたく いろりの側で

       夜はよもやま 話がはずむ

       母がてぎわの 大根なます

       これもいなかの 年こしざかな

       棚の餅ひく ねずみの音も

       更けて軒端に 雪降り積る ♫

                    文部省唱歌「いなかの四季」

本日も冬山の静寂枯淡の世界を楽しむべく、一般参加者6名、隊

員11名の総勢17名で<長谷山>(標高568.2m)に向かい

ました。

 


瀧道の、吊るし柿。

 

       日本の色と甘さや吊し柿  (稲畑廣太郎)

 


古道・中ノ坂道に咲く、枇杷の花。

 

      枇杷の花みればふれたくなる指を

             揃えてゐたり手袋の内に

                         (横山未来子) 

 


古道・中ノ坂道の、柿の実。

       

         つゆが しもに変わり、

         しもは朝ごとに白くなる。

        

         村のかきの実は、赤くうれ、

         赤く、赤くうれ、

         ひくい枝から、だんだんへっていく。

 

         空は一日、青くすみ、

         青く、青くすみ、

         からすのむれが、

         ごまをまいたように飛ぶ。

 

         そんな日が続き、

         同じような日が続き、

         こずえに残された かきの実一つ。

         

         実は赤くひかり、

         赤く、赤く光り、

         冬が来た信号燈のように、

         村でいちばん早く、朝日をあびる。

                       与田凖一「かきの実」

 

 


西江寺境内にて。本日、参加戴いた17名の皆さんです。本日のハイキングの安全を祈願致しました。

 

             冬があり 夏があり

             昼と夜があり

             晴れた日と雨の日があって

             ひとつの花が咲くように

             悲しみも苦しみもあって

             私が私になってゆく

                         (相田みつを)



西江寺境内の、マンリョウ。

 

          万両や実の深沈と古色めく  (西崎佐知)

 


西江寺境内に咲く、白椿(加茂本阿弥椿)。

 

       ♫ 呼べど返らぬ 面影は

         きえてはるかな 山の上

         月にささげし ひとり泣く

         あわれ涙の 白つばき ♫

                      佐藤惣之助「白い椿の唄」

 


聖天展望台へ。

      

        落葉して陽をこぼしけり雑木林  (岡村昭則)

 


聖天展望台付近にて。準備体操。AM9:20。

 

         冬の朝 大きく一つ 深呼吸  (八島厚子)

 


聖天展望台より望んだ、六甲山。

 

               寒晴れの ごまかしきかぬ 空の下 (黛 まどか)

 


「風の杜」付近の、冬木立。

 

          山では枯木も息をつく

          あ々 今日も好い天気だ!

                       中原中也「帰郷」より

 


「風の杜」の紅葉。

俳人I隊員の一句。

         

         紅葉や名残り惜しんでまた来年  (篤老)

                          


才ケ原林道・出口にて。K隊員が丹精こめて育てた水仙が開花。

 

       水仙の青の勢い一斉に

              挙手して歩む兵の目をして

                          (道浦母都子)

 


才ケ原林道より望んだ箕面の山々。

 

               山あれば山を観る

               雨の日は雨を聴く

               春夏秋冬

               あしたもよろし

               ゆうべもよろし

                         (山頭火)

 


才ケ原林道を歩む。

 

        乾きたる足音宙に冬山路   (西岡啓子)

 


ババタレ坂を下る。

 

       石二つ三つこぼれ来ぬ冬の山  (島谷征良)

 


ビジターセンターの、南天の実。

 

       本当の恋してみんか南天の実が

               おいおいと色づき初めて

                           (大下一真)

 


ビジターセンターの、冬苺。

 

       憶ひ出すため瞳が澄んでをり冬苺  (中 拓夫)

 


ビジターセンターで小休憩。AM10:35。

 

        チョコレートひと口噛めば恋の味

             ふた口妻の味とこそ知れ

                           (岩田 正)

 


市道箕面・五月山線沿いより仰いだ、長谷山(標高568.2m)。

 

           どこみても空青き年惜しみけり (久保田万太郎)

 


箕面川ダム湖付近に咲く、柊の花。

 

     ひいらぎの今年の花が咲いている

            翳りを知らぬ冬の光に
                        (三枝昂之) 
 

 


市道箕面五月山線沿いにて。倒木を処理される参加者のみなさん。

ご苦労さまでした。

 

           いつまでも

           美しくあってほしい

           私たちの箕面の山!

                     (箕面の山パトロール隊)

 


年の暮れの、箕面川ダム湖。

 

             幼き日友と遊びしふるさとの

                    山は静かにたたずみており

                               (足立幸子)

 


長谷橋下の不法投棄物を回収される参加者のみなさん。急斜面につき、ロープ

で吊り上げる作業です。

 


同じく長谷橋下の、不法投棄物回収作業です。

寒風の中、ご苦労様でした。山が一段と美しくなりました。

ありがとうございました。

       

          回収全重量 12.6kg

 

          不法投棄は犯罪です!!

                        

                    (箕面の山パトロール隊)

 

 

 

 

 


エキスポの森にて。ランチ・タイム。AM11:55。

 

        弁当の蓋に日当たる十二月 (城 孝子)

 


エキスポの森の展望塔付近の、山帰来(サルトリイバラ)の実。

 

       静かに見れば山帰来けふ実が真紅  (加藤秋邨)

 

長谷山(標高:568.2m)へ。

 

               ふりあおぐ木の間の空をゆくあれが時間か、

               すでに見えずなりたり

                          (小島ゆかり)

 


長谷山付近の冬木立。

 

           繁茂した森林も好きだが

           それにも増して好もしいのは

           凍てついた曠野の疎林だ

           そこで樹々は

           裸で、何の虚飾もない

           互いに寄りかゝろうとしていない

           一本一本

           めいめい独立して

           厳冬に耐えている

           その姿の

           いじらしく

           雄々しいことよ

                   北川冬彦「一本一本」

 


長谷山・山頂付近にて。倒木・伐採などの処理作業に勤しむ参加者のみなさん。

 

      山を、自然を守る、その信念は揺るぎなし!

 

                    (箕面の山パトロール隊)  

 


エキスポの森・展望塔より下山。

 

       カサカサと落葉かさなる裏道を

              選びて帰る閑かな憂鬱

                          (高橋義子) 

 


下山途中の、龍安寺広場より仰いだ冬の空。

 

              低く雲流るる年を惜しみけり  (永原彰子)

 

本日も朝の冷え込みは厳しく、駅前のスタート時点では気温2℃前後で、その後

徐々に上昇し11℃程度となりました。少し汗ばむ陽気となりましたが、寒さを

もたらす北風は強く、終始、冷たさを感じるひと日でした。が、山々の静寂枯淡

の世界に魅了され、一年を締めくくるに相応しい充実したクリーンハイキングに

なりました。お疲れさまでした。

さて、龍谷大学の伏木教授が「安全」と「安心」に関して、興味深い話題を先般、

日経新聞に提供されていました。日本の製品の安全基準は非常に高度で、小々、

手を抜いても科学的な「安全」は担保されている。それでも、鉄道や工事現場の

<指差確認>にみられるような<だめ押し>によって、さらに「安心」を得ている。

よって、「安全」の上に、「安心」がある。これが信頼に繋がっている、と言う。

諾うべき説と思いました。「クリーンハイキング」に於ける、<安全と安心>とは

何か、この機会にもう一度、掘り下げ考えてみたいものです。ともあれ、明日は日

照時間が一番、短い「冬至」。カボチャを食べ、ゆず湯に浸かり、健康を維持した

いものです。以降、<一陽来復>です。

            さむざむと日輪あそぶ冬至かな (蛇笏)

今年一年、当コースに参加戴きまして、ありがとうございました。

どうぞ、みなさん、良いお年をお迎えください。

                  コース担当者一同 

                       (文責:森岡)

(番外編)

 

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


(忘年会)

 

       ジョッキ宙に合する音を一にせり  (岸 風三樓)

        

 

 

 

          

 

 

                 

 

 

          

                



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734