HOME > 活動ブログ

2017.05.05 六個山・ようらく台コース  実施報告

  小川口を登ると間もなく、クロバイの花の向こうに広がる箕面の街並が見えました。さあ、出発です!!

 

 ゴールデンウィークも終盤に近づいた「子供の日」は、暦の上では「立夏」です。この日は、文字通り夏日となりました。ハイキングには少々厳しいコンディションとなりましたが、集合場所の阪急箕面駅には、大勢の健脚自慢?が集まりました。箕面の山々は、すっかり「衣替え」を済ましていましたが、織りなす緑と時おり吹き過ぎて行く薫風に、暑さを忘れて歩いた一日でした。それでは早速、この日の模様を紹介しましょう。

 

 出発前には雲が切れ、青空が広がりました。気温が上昇するなか、小川口の広場へ。住宅街を抜けると、道端に咲く野草の花が迎えてくれました。

 

      5月の青空の下、小川口へ          広場で入念な準備体操を済ませ、出発です

 

    道端で咲いていたカタバミ      ユウゲショウ         ハルジオン

 

 山に入ると、眩しいくらいの新緑が迎えてくれました。しばらくの間、乱れる呼吸も、噴き出す汗も忘れて急坂を登ります。

     

           急坂の「緑のトンネル」、足取りも軽く?登ります

 

 山道では、朝日を受けて新緑が一段と鮮やかさを増していました。そのいくつかを紹介します。

 
      コナラ           アラカシ           コシアブラ

 

      シロダモ         コハウチワカエデ        ハルモミジ
 

 木々の若葉の爽やかな色彩の競演を楽しみながら、六個山山頂を目指しました。この日は「夏日」となりましたが、新緑が身体のヒートアップを防いでくれるように思いました。

   

       花咲くモチツツジのそばを歩き

               

                  そして、木々のトンネルを抜け

                   

                     ワクワク展望台に到着。ここでしばのし休憩

 

 山頂を目指す前、新緑が美しいモミジをバックに記念撮影。皆さんの笑顔が、一段と爽やかに見えました。

      

 山頂での昼食後、ようらく台へ。ここでも季節の移ろいを告げる山野草、木々の姿に出会いました。

 
      キランソウ           ニガイチゴ          ムラサキサギゴケ

           迫力満点!象牙色したホウの花も開き始めていました

 
     コバノガマズミ         カスミザクラ         大きくなったサクランボ

 

 新緑の木々や山野草の花を楽しむ一方で、山ゴミの回収にも精を出しました。

 

         草むらの中のゴミを拾い  

         

                   拾ったゴミをまとめて    

                 

                        ゴミの重量を量ります

 

 ようらく台でゴミをまとめ、いよいよ下山。この日は、落合谷を下りました。鳥のさえずりや谷川のせせらぎを聴きながら、新緑に包まれた谷道を下りました。

 

      木立の鳥のさえずりを聴き            谷川のせせらぎに癒されて下山 

 

        落合谷は萌黄色の新緑に包まれ、身も心もリフレッシュさせてくれました  

 

 5月5日は「端午(たんご)の節句」と呼ばれる五節句のうちの一つです。「端」は物事の始まりを示すことから月のはじめ、「午」はうまの日で「ご」と読むことから当初、「端午」は月のはじめの5日の事だったといいます。やがて、奇数が重なるのはお目出度いということから、5月5日が「端午の節句」になったと伝えられています。男子の健やかな成長を願うこの日ですが、昨今では青空を泳ぐ鯉のぼりを「甍の上」に仰ぎ見ることはほとんどなくなってしまいました。寂しい限りです。

 それはともかく「立夏」のこの日は、とても暑い1日となりました。汗ばむ陽気のなかでのクリーンハイキングでしたが、時おり新緑を吹き抜けてくる風は文字通りの薫風で、その心地よさに身も心も癒されました。そして、路傍では様々な花が咲きほこり、山中では萌え出た若葉が眼を楽しませてくれました。季節は「光る風」の候から「薫る風」の候へ。爽やかな緑に包まれて、自然の素晴らしさを満喫することができた一日でした。

 

  誰が風を 見たでしょう?

  僕もあなたも 見やしない、

  けれど木の葉を ふるわせて

  風は通り抜けてゆく

   ― クリスティナ・ロセッティ「風」(西城八十訳)― 

 

 本日は、31名(一般参加20名、隊員11名)のご参加をいただきました。そして、42.9キロものゴミを回収することができました。ありがとうございました。それではまた来月、お会いしましょう。

                                   担当隊員一同(写真と文 竹内)
 

        



2017.05.02.「東海自然歩道コース」実施報告。

     五月来ぬ 心ひらけし 五月来ぬ (立子)

木々の緑が目に眩しい五月になりました。青葉若葉のささやきが聞こえ

そうな緑の季節です。野山に吹き渡る爽やかな風の中で、艶やかな若葉

の草笛を聞けば心が癒やされます。この音色を島崎藤村は、小諸にて<

歌哀し佐久の口笛>と詩情豊かに謳い、俳人・黛まどかは旅の途で<草

笛のよくひびくよ>と心躍らせ、詠みました。新緑の山々を歩きながら、

しばし童心に戻り、草笛の情趣に浸りましょう。

    ♫ 涙がこぼれて とまらない時は

      丘にのぼって 空をみて

      草笛を吹こうよ

      風よ風よ 届けておくれ

      若い心の 悲しみを

      み空に浮かんだ あの雲に ♫

                    門井八郎「草笛を吹こうよ」

本日も緑の爽やかな風に身を託したく、一般参加者16名、隊員10名

の総勢26名で、<東海自然歩道>を目指しました。

 

 

 

 


古道・中ノ坂道に咲く、いちはつの花。

 

    いちはつの花咲きいでて我が目には

           今年ばかりの春ゆかんとす  (子規)

 


古道・中の坂道に咲く、チューリップ。

 

         蜂の羽音が

         チューリップの花に消える

         微風の中にひっそりと

         客を迎えた赤い部屋

                    三好達治「チューリップ」

 


古道・中ノ坂道に咲く、ハナミズキ。

         

        青春はみずきの下をかよう風

            あるいは遠い線路のかがやき

                         (高野公彦)

 


西江寺にて。本日、参加戴いた26名の皆さんです。

 

                       服軽くなりて五月の陽に歩む  (日野草城)

 


西江寺・境内に咲く、ハナズオウ。

 

   みんなみに蘇芳の花の咲くときに

         わが春日ははや闌けにけり  (斎藤 史)

 


西江寺・山道より仰いだ、鯉のぼり。

 

    ♫ 甍(いらか)の波と 雲の波

      重なる波の 中空(なかぞら)を

      橘かをる 朝風に

      高く泳ぐや 鯉のぼり ♫

                   文部省唱歌「鯉のぼり」

 


聖天展望台へ。

 

     ♫ みどりのそよ風 いい日だね

       遊びに行こうよ 丘越えて

       あの子のおうちの 花畑

       もうじき苺が 摘めるとさ ♫

                    清水かつら「みどりのそよ風」

 


聖天展望台付近に咲く、モチツツジ。

 

      百両の 石にもまけぬ つつじ哉  (一茶)

 


聖天展望台付近の広場にて。準備体操。

 

         なんと目覚めるばかりに

         自然の照りはえていることよ!

         なんと太陽の輝いていることよ!

         なんと野原のはなやぎ笑っていることよ!

         

         花がきそって咲き出でる

         茂みの中から数知れぬ歌ごえが

         よろこびが沸き溢れる

 

         おお大地よ!おお太陽よ!

         おお幸せよ!おお楽しさよ!おお愛よ!

         おお愛よ!あの山にかかっている

         朝の雲のように黄金なすその美しさよ!

                        ゲーテ「5月の歌」より

 


聖天展望台より、六甲山を望む。

 

       ふりかえればあかるくわらうおもいでも

                あおぞらあおぞらあおむけで寝る  (東 直子)

 


<風の杜>付近に咲く、藤の花。

 

      藤の花うすむらさきの宙に垂れ

             地にはとどかぬ未完なる滝 (岩井謙一)

 


府道豊中亀岡線沿いにて、山ゴミ回収中の参加者の皆さん。

7.2kgもの回収、ありがとうございました。

 

         いつまでも

         美しくあってほしい

         私たちの箕面の山!

                   (箕面の山パトロール隊)

 


才ケ原林道にて。咲き残る、ヤマザクラ。

 

      山又山 山桜又山桜  (阿波野 青畝)

 


才ケ原林道より望んだ、箕面の山々。   

 

           青葉若葉に野山のかげろふ時、

           ああ 植物は清いと思ふ。

           植物はもう一度少年となり少女となり、

           5月6月の日本列島は隅から隅まで、

           濡れ出たような緑のお祭り。

                         高村光太郎「新緑の頃」

 


才ケ原林道に咲く、ガマスミの花。

 

      ♫ 私の目の前の白い花

        人目もつかず咲いているけれど

        幸せそうに微笑んで

        香りを漂わせる

        できることなら この指で

        お前を摘んでしまいたい

        あの人の心に 誇らしく

        咲いている お前を ♫

                     山崎ハコ「白い花」

 


才ケ原林道を歩む。

 

                日の光 青葉若葉の 香りあり (綾井 美)

 


ビジターセンターの、春紅葉。

俳人I隊員の一句。

 

       陽を受けて 緑の中の 春紅葉  (篤老)

 


政の茶屋園地にて。

    ー明治の森箕面国定公園は指定50周年を迎えましたー

    明治の森箕面国定公園は明治百年記念事業の一つとして、

    東京都の明治の森高尾国定公園とともに1967年(昭和

    42年)12月11日に、府営箕面公園とその周辺の963ha

    が国定公園に指定されました。

       NPO法人みのお山麓保全委員会「みのおやまなみ通信」より

 


東海自然歩道を歩む。

 

      登山して 若葉の中の 深呼吸  (岡村昭則)

 


東海自然歩道に咲く、八重桜。

 

      八重桜すかし見る空に萎えし手を

             高くかかげる生きゆくしるし (鶴見和子)

 


東海自然歩道にて。ランチ・タイム。AM11:25。

 

     ごはん粒 よく噛んでゐて 桜咲く  (桂 信子)

 


東海自然歩道に咲く、カスミザクラ。

 

    満開のさくら仰げば守られて

           母とひとつでありし日の風  (瀬戸順治)

 


最勝ヶ峰へ。

 

      ♫ 山のけむりを慕いつつ

        いとし小鳩の声聞けば

        遠き前途(ゆくて)にほのぼのと

        緑うれしや地平線 ♫  

                    佐藤惣之助「緑の地平線」

 


開成皇子の墓。

       

       青葉の奥へなほ径があって墓  (山頭火)    

 


開成皇子の墓付近より仰いだ春の空。

 

       きらめく季節に

       だれがあの帆を歌ったか

       つかのまの僕に

       すぎてゆく時よ

       

       二十才 僕は五月に誕生した          

       僕は木の葉をふみ 若い樹木たちをよんでみる

       いまこそ時、僕は僕の季節の入り口で

       はにかみながら鳥たちへ

       手をあげてみる

       二十才 僕は五月に誕生した

                    寺山修司「われに五月を」より

 


自然研究路8号線を下る。

 

        森は人を優しくする  (柳生 博)

 


勝尾寺園地付近に咲く、キリシマツツジ。

 

           わか葉の丘にとほれる白き路

            丹(に)つつじ分けて人の歩み入る

                        (宇都野 研)

 


勝尾寺園地、到達! PM12:45。

 

        あの絶妙な音楽は古い記憶と響き合う。

        いわば花が演奏者だったら、

        美しい春の大地は指揮者みたいなものなんだ。

        もう一度その音を鳴らせば、

        もう一度だけ若葉の香りが漂えば、

        私の心は興奮と共に新たな命を得るだろう。

                       R・L・スティーブンソン「花は春の神様」

 


府道茨木能勢線沿いに咲く、シロバナウンゼンツツジ。

 

    あの赤い花がつつじでこの白い花も

             つつじと呼べる不思議さ  (俵 万智)  

 


府道茨木能勢線沿いに咲く、アケビの花。

 

     花あけび 薄むらさきに 群れ寂し (伊藤悦子)

 


自然研究路4号線にて下山。

 

      青葉風 登り下りて 元の道  (妹尾紀子) 

 

本日は25℃を越える夏日の中でのクリーンハイキングでしたが、野山で

は木々の緑が息づき、爽やかな風も優しくて、カスミザクラなどの花々が

艶やかに咲き誇り、自然の安らぎ受け、心豊かなひと日になりました。み

なさん、お疲れさまでした。さて、登山家で歌人でもある来嶋靖生さんは

そのエッセイ「山の花々」で<山の花々は毎年、代わる代わる咲いては散

り、散っては咲く。そして、ここに咲いている花とはもう、二度と会うこ

とはない。二度と会えない美しいものと過ごす時間を大切にしたい。>と

記している。大事にしたい感性だと思いました。小さくも美しい草花に、

ふと足を止め、<一期一会の刻の充足感>(黒田杏子)を味わえば心が癒

やされるように思えます。ともあれ、家庭の食卓に、春の定番「エンドウ

豆ご飯」が上りはじめました。ほんのりと甘く、色あざやかな、淡い緑が

食欲をそそります。

         豆飯の みどり香放つ 夕餉かな (山口美琴)

それでは、みなさん、また六月にお逢いしましょう。

ご機嫌よう、さようなら。

             コース担当者一同

                   (文責:森岡)

(番外編)

     
<反省会>

               老いたりと言わせぬビールあふれけり  (西川五郎)

 

     

        

         



2017.05.02 山の辺の道コース

 今日は快晴で絶好のハイキング日和だが、ゴールデンウイークの真っただ中ということで参加者は少ない。一般参加者6名、隊員3名が今日の参加者。

 

 クリーンハイキングの山の辺の道コースは箕面市を東西に貫く箕面山系の山裾を4回に分けて歩いている。今日は箕面駅前から徳尾橋を渡り、箕面学園幼稚園の横を抜け、スカイアリーナ、新稲古墳、新稲の一本杉跡まで歩く。基本的に住宅地を歩くことが多いので、お庭の樹木や花を観賞しながらのクリーンハイキングになる。

 

 暖かさに誘われて、水面から首を伸ばしたクサガメ(箕面川)

 

 箕面西北公園のアドプト活動の成果

 

 珍しい植物を見つけると、皆が「これは何?」と集まってきて知識を開けだす

 

 マルバアオダモ

 

 道路脇の溝に入ってタバコの吸い殻を拾う

 

 ツツジの花は今が盛り

 

 石垣と溝に間に生えたアヤメ

 

 フジの花も今が盛り

 

 ちょうど箕面市のごみ回収車が横を通り抜けました

 

 ベニシジミ

 

 住宅地を抜けて植木畑に入ると景色が変わり、いろんな雑草が見れるようになります

 

 ハルジオンの群生

 

 アヤメの群生。これは植えたものか

 

 この地域は小高い丘になっているので、大阪市内のビル群が一望できる

 

 少しアップすると、奈良の二上山が見え、その向こうは和歌山の山か

 

 名は分からないが撮ってみました

 

 スカイアリーナ前の公園で小休止

 

 ヒメウツギの花

 

 新稲古墳

 

 立派な黒松の栄松寺、吉田家(小キンさんの嫁ぎ先)の菩提寺

 

 新稲の一本杉跡でI隊員の説明を聞く

 

 同上

 

 新稲の愛宕社の仏像を覗き込む

 

 ツバメ、虫を捕っているのでしょうか

 

 キンセンカ畑(新稲の田園地)

 

 今日回収したごみはいつものように所定場所に置きました。ごみ量は土嚢袋1袋分、約3kgでした。それから車道沿いの道を歩き、出発点まで帰りました。12時ごろ箕面駅前で解散しました。

 

 次月度はBコース箕面駅前から白島荘まで歩きます。

 皆さんのご参加をお待ちしています。         コース担当者一同 文責H.T



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734