HOME > 活動ブログ

2018.11.06 滝道クリーンハイキング

 朝起きると道路が濡れていた。TVをつけ天気予報を探すと、これから良くなるという予報。朝食を済ましたころになると、空が明るくなり始めた。

 

 今日は山の辺の道Bコースになっていたが、12月1日の大掃除で同じコースを歩くことになっていること、滝道が開通したので紅葉を案内したいと考えてコースを変更した。

 

 今日の参加者は一般参加者が7名、隊員が7名の14名。駅前を出発し、滝道事務所前に寄る。ここで今日のコースの説明と大掃除大作戦の紹介を行う。

 

 

 駅前事務所を後に、西江寺に向かう

 

 まずは西江寺に寄って、紅葉の様子を確かめる。境内のモミジは色づき始め、あと1週間も経てばもっと鮮やかな紅葉が楽しめそうだ。

 

 

 西江寺

 

 西江寺のモミジ

 

 色づき始めたモミジ(西江寺)

 

 西江寺を抜けて、滝道への山道を下る。滝道に出る手前の坂は表面がつるつるした石造りで、雨に濡れて滑りやすく、こわごわ歩く。

 

 

 落ち葉の下にサワガニ

 

 コウヤボウキの花

 

 雨に濡れたハウチワカエデの落ち葉

 

 キチジョウソウ(ユリ科の多年草)

 

 滝道に出て進むと、すぐに梅屋敷がある。ここのモミジは陽がよく当たるため、早くからきれいな紅葉が見られる。

 

 

 梅屋敷前のモミジ

 

 土産店、桃太郎前

 

 桃太郎前から数十mほど進むと、道が左に大きくカーブしている。角に箕面公園の石碑があり、この前にオオモミジの木が立っており、いつも他のモミジに先駆けて紅葉する。

 

 

 オオモミジの紅葉

 

 ヤマハゼの黄葉

 

 まもなく昆虫館、公園事務所、瀧安寺と見えてくる。公園事務所前のモミジは今が紅葉真っ盛り。

 

 

 公園事務所前のモミジの紅葉(後ろはクロガネモチの赤い実)

 

 瀧安寺広場のトイレ前のモミジ

 

 参加者が広場から眺めているのは・・・

 

 青い空ではなくて、瀧安寺の壊れたお堂の屋根(壊れた屋根は木に隠れていますが)

 

 広場で準備体操をして、瀧安寺の境内に入ります。

 

 

 瀧安寺

 

 瀧安寺前の箕面川のモクズガニ

 

 瀧安寺を出て再び滝道へ。滝道の右手には箕面川の深い渓谷が走り、その奥には山の斜面が続いています。この辺りはモミジの木が多いのですが、日の当たっている部分が紅葉し始めています。左手は山の斜面が迫っていて、ところどころ木々の紅葉や赤い実が目を楽しませてくれます。

 

 

 モミジの木々

 

 コマユミの赤い実

 

 カキの葉の紅葉

 

 修行の古場の休憩所前で見上げているのは

 

 タマミズキの実

 

 滝道ではサザンカの花も盛りです

 

 滝道も大分上がり、通行止めの原因になった斜面の崩れの現場に近づいてくると、右手斜面上に倒木の跡が痛々しく残っているのが見られるようになります。ここを抜けると、唐人戻り岩があり、橋を渡って川を左手に見るようになります。もうすぐに大滝です。

 

 

 崩れた跡を見る

 

 箕面大滝、滝の前のモミジの紅葉はまだまだのようです

 

 本日参加の皆さん、少し人数が足らないようですが・・・

 

 滝の前で休憩を取り、英気をもらって帰途につきました。帰りは滝道の左岸を通る予定でしたが、所要時間を考えて来た道を帰りました。12時ごろに駅前に帰り着きました。

 今朝は天候がどうなるかと気をもみましたが、ハイキングの途中からは快晴となりました。大量の倒木のため滝道に陽が入り、強い日差しの中を歩くことになりました。

 滝道の紅葉の様子ですが、数日前と比べても少し進んだ感じで、11月の中旬ごろには見頃になるかもと思われました。

 

 今日回収したごみは、土のう袋1袋、1kg、タバコの吸殻は57本でした。

 12月度はお休みで、1月度は山の辺の道Dコースを歩きます。

                                  文責 H.T

 

 滝見橋から見た下流方向

 

 大滝付近

 

 同上

 

 同上

 

 唐人戻り岩付近



2018.11.04 ハイキングルート補修作業報告その9

 9回目のハイキングルート補修作業となった今回は、才川コースの整備です。このコースは沢歩きが主体です。そのため、倒木だけでなく、雨の影響を受けやすい脆弱なハイキング道の補修が欠かせません。

 

箕面の山パトロール隊の滝道事務所に9名の隊員が集合しました。道具類、ヘルメットなどを準備し、ミーティングを行ってから出発しました。

 

如意谷住宅の西北端から才川に入ります。

 

 

第1堰堤、第2堰堤を通過すると、倒木が道を塞いでいます。鋸、剪定鋏を使って除去します。

作業前

 

作業中

 

作業後

 

倒れたモミジがまだ青い葉をつけています。切るにはしのびないので、幹を持ち上げて固定しました。枯れずに成長すれば良いのですが・・・。

 

 

先に進むと、大量の杉の倒木が目に入ってきました。

 

これを完全に処理するのは困難です。倒木をくぐったり、またいだりして進めるまでには整備しました。

 

 

コースのあちこちで、崩れたり、土砂で埋まった道の補修を行いました。

土をならしたり、石を置いて歩きやすいよう整備します。

 

急な坂には階段を作りました。

 

崩れやすい箇所には土嚢を置いて補強します。

 

沢に石を置いて渡渉しやすくしました。

 

最後に、才が原池に登る階段を埋めた土砂の除去を行い、本日の作業を終えました。

 

今回の作業に参加された隊員の皆さん、お疲れ様でした。

 

報告者(TU)



2018.11.02 六個山・ようらく台コース  実施報告

晩秋の朝陽を浴びて柔軟体操するみなさん。頭上のモミジも色づき始めていました

 

 11月に入り、朝夕は肌寒く感じられるようになってきました。箕面の山も日に日に秋の装いを濃くし始めています。山道で出会った秋色を愛でて歩いたこの日のクリーンハイキング。それでは早速、その模様を紹介しましょう。

  

定刻に箕面駅前を出発。色づき始めた木々のなか、ミーティング場所の瀧安寺広場へ向かいます

紅葉が始まった箕面川沿いの木々。錦秋の時はもうすぐです

 

 この日は、桜谷から望海の丘、ささゆりコースを歩き、わくわく展望台で昼食。その後、六個山山頂に登り、すっかり倒木処理が済んだ西尾根を下り教学の森入口でゴミを回収し、仮解散しました。

 

  

瀧安寺広場から桜谷に向かう階段を登り、谷の入口で一息入れるみなさん

かつて、ここには橋がありましたが大雨で流失しました。足元に注意しながら進みます

  

桜谷の急坂を登る一行をエサを探して現れたサルが高みの見物、それとも激励⁉

  

道を塞いだ倒木を迂回、望海の丘に向かいます

 

望海の丘ではドウダンツツジの紅葉が始まっていました。真っ赤に染まる頃を想像して、ここで記念撮影です

 

望海の丘で一息入れた一行は、ささゆりコースを経てわくわく展望台へ。ここでもあちこちに台風21号の爪痕が残っていました。

  

横たわる倒木を跨ぎ、頭上の木に注意しながら尾根筋へ向かいます

深まる秋を実感させてくれた尾根筋のネジキの紅葉

 

  

12時近くにわくわく展望台に到着。「お腹減ったあー‼」大阪平野を眺めながらランチタイムです

 

 空腹を満たしたあと、一行は六個山山頂へ。食後の登りは厳しいけれど、もうひと頑張りです。

  

林道を抜けて六個山山頂へ。時おり肌寒い風が吹き抜けました

きれいに整備されていた六個山山頂。それでも無残に折れた木々の枝が、台風禍を物語っていました

  

とても見晴らしがよくなった山頂からの眺め。ちょっと複雑な心境になりました

 

 ここでこの日、目にした晩秋の花々や木々の実を紹介しましょう。

【この日見た花々】

    

左からセンダングサ、フジバカマ、サザンカ

    

左からシハイスミレ、イヌタデ、ツリガネニンジン

【木々の実】

    

左からソヨゴ、ヒサカキ、ムラサキシキブ

  

左からキレハノブドウ、ナナカマド

 

 倒木で以前よりも見晴らしがきくようになったなった六個山山頂で、大阪平野の眺望を楽しんだあと、一行は西尾根を下山。教学の森入口でゴミを集め無事、クリーンハイキングを終えました。

  

倒木が片付けられ、ずい分と歩きやすくなった西尾根を経て・・・

  

最後まで気を緩めずに急坂を下り、教学の森入口に向かいます

14時前、ゲートを抜け無事、下山

 

 下山後、この日拾ったゴミを回収しました。みなさん、お疲れ様でした。

    

 

 晴れ間が広がると思う間もなく、雲が空を覆うという初冬のような天気。それでも、涼やかな冷気が心地よいハイキング日和となりました。振り返ればこの一年、地震、大雨、台風などで大きな痛手を受けた箕面の山でしたが、わずかながらも自然を取り戻し始めた姿を見ると、いまさらながら自然の逞しさを感じます。

 この日は、晩秋を告げる七十二候の「楓蔦黄」(もみじつたきばむ)にあたります。暦どおり、秋色を深め始めた箕面の山々。晩秋の装いを始めた木々や花々を愛でながら、しばしの間、時を忘れて歩いた一日でした。

 

 まっかだな まっかだな

 つたの 葉っぱが まっかだな

 もみじの 葉っぱも まっかだな

 沈む 夕日に 照らされて

 まっかなほっぺたの 君と僕

 まっかな 秋に かこまれている

      −薩摩 忠「まっかな秋」から―

 

晩秋の陽に浮かび上がったモミジの葉。真っ赤に紅葉するのも、もうすぐ。やがて山は、錦秋の時を迎えます

 

 本日は、32名(一般参加者22名、隊員10名)のご参加をいただきました。そして4.0キロのゴミを回収することができました。有難うございました。ところで、来月は大掃除大作戦のため当コースはお休みです。今年一年、大変お世話になりました。また来年、お会いしましょう。

                   担当隊員一同 (写真と文 竹内)

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734