HOME > 活動ブログ

2017.06.19 医王岩コース

今日は医王岩コースの自然と、お元気な皆様方 22名(一般参加者 11名  隊員 11名)のお姿を報告致します。

先ずは今日の空模様…梅雨に入っても雨がふりません???

                 出発前の暑そうな空です                                           今日も暑いぞ〜

 

 

流れ…少しでも涼感が伝わるかな?

               五条の滝?              う・う・う?手振れではありません              二条の滝?

  

 

 龍安寺下広場付近では

    種が膨らんでいました…紅葉       まだ頑張っている つつじ      と       テイカカズラの花

  

                                                空梅雨の中で頑張る紫陽花

                        

                                   紫陽花や 日に焼けそうと 雨を乞う      (篤老)

 

今日は左岸から地獄谷を上りましょう!と

                                  空家でも苔むす綺麗な庭  を  対岸からじっと眺めるユキノシタ

 

 

暑さ厳しい中の地獄谷の上りで皆様方の登場で~す

    少しでも涼しい?谷道コースを黙々と上ります        尾根筋に出たところで一息   給水を忘れずに…

 

 

こもれび展望所では

                          スダジイ                                                  ナツツバキ…いつ開く?

 

 

 昼食場所、政の茶屋園地周辺では

    素人カメラマンにポーズを…まだ飛べない?                   あけび…猿「まだ少し早いな〜」

 

 

今日見かけたオオサンショウウオです

          激流の中頭を出してくれました                                清流の中では静かに歩いて…

 

 

美味しいランチを頂いた後、出発前に「ハ〜イポ〜ズ」

                                           元気な貴方も美しい貴女も写っていますよ〜

 

さて、今日はここからが大変でした。

  茶長阪川に大量の不法投棄物を見つけました。「ヨシ!上げよう!」の掛け声が掛かるや否や…

     元気印を背負った方々の活躍です

               ロープを操り                         自力で谷へ下りて                       自動車残骸をロープで         

  

 

道路上では引揚げ部隊が、女性参加者の交通整理に助けられ      上がった残骸はなんと150kg

 

       人は自力で上がります                 迎えてくれたウリカエデ       と          クマノミズキ

  

 

 帰路に立寄った展望所にて…

      箕面市街とその向こうに千里の街が望めました(アッ!イオンが見える…ひとりごと)

 

梅雨に入ってからまだ一度も雨天中止はありません。

箕面の山パトロール隊クリーンハイキングにご参加の皆様方は、よほど日頃の行いが良いらしい。

こんなこと言っていたら次は怪しくなってきたぞ!

 

本日回収したごみは、5袋と 車残骸で、計 約150kg でした。 お疲れ様でした。

ゆっくり体を休め、またのご参加をお待ちしています。

次回は7月17日(第三月曜日)です。ますます暑くなりますので体調管理に十分ご配慮下さい。

 

 おまけ…解散後の帰路、住民の方々のお世話の作品で通行人も楽しませて頂いています…ありがとう

  

 

                                                                                 コース担当一同(文責 稲田)

 

 

 


 

 

 



〇2017.06.17清水谷コース

梅雨入り宣言されましたが、今日も晴天に恵まれ、

気持ちよくクリーンハイクが行えます。

 

 

■9:00に阪急箕面駅前から出発です。

 

 

 

 クローバーアジサイ「紫陽花」:この時期雨が降っても

            爽やかな気持ちにしてくれます。

 

 

 

滝道沿いはいつも川の流れが 心を和ませてくれます。

 

 

 

クローバー緑と青空・・・ひんやりとした里山はこの時期

        目と心を癒してくれます。

 

 

 

アオバズク:今日は瞑想中でした。

 

 

 

大滝前で給水タイム・・大滝前の温度は19℃でした。

 

 

 

ポイ捨てたばこ・・煙草のポイ捨てはやめましょう。

 

 

 

■道路下の川に掃除機が捨てられていました。

 袋に入れて故意に不法投棄されています。

 不法投棄は犯罪です。

 

 

回収場所まで仲良二人で運びます。

 

 

 

■石垣下に椅子が投棄されていました。

 ザイルを使い降下です。

 体の身軽さにびっくりです筋肉

 

 

■回収された椅子。

 

 

 

■ビジターセンターで待機組と合流です。

 総勢23名でクリーンハイク出発です。

 

 

 

毎回掃除しても・・ゴミはなくなりません。

 

 

 

色白だね〜・・紫外線に気を付けてくださいね!

 任せてください対策は万全です。

 体を張った清掃活動有難うございます。

 

 

ダム横の道路沿いのゴミなかなかなくなりません。

 不法投棄は犯罪です。

 

 

ダム横の道路おいには煙草の吸殻が沢山落ちています。

 

 

 

■ダム横の道路で焚火跡が残っていました。

 花火の為かと思われます。

 ここは火気厳禁です。

 

 

拾っても拾っても湧き出てくるゴミ。

 

 

 

カイツブリがのどかに楽しんでいました。

 

 

 

クローバーヤブムラサキシキブ「藪紫式部」

 

 

 

■天然の新緑トンネル

 初夏なのにひんやりして心地良い

 いいね〜里山・・・ハート

 

 

クローバークロモジ「黒文字」 

 

 

 

今日の里山と空

 

 

 

メジロ「目白」:すぐ近くで地面を散策していました。

         いい顔してるね!私が見る限り雄ですぴのこ:)

 

 

 

■ほぼ清掃活動終了です。

 帰路は里山の植物や生き物たちと触れ合いながら帰ります。

 

 

 

クローバーヤマゴボウ:花言葉は元気です。

       夏の暑さにも負けないよう

       ヤマゴボウに元気を頂きましょう。

 

 

 

クローバーイワガラミ「岩がらみ」:馬場たれをあがった所で

             見かけました。

 

 

 

■風の杜入口のところの電線に折れた木が引っかかって

 いました。危険です!

 

 

 

クローバーショウブ「菖蒲」

 風の杜入口の池に咲いていました。

 

 

クローバービヨウヤナギ「美容柳」:風の杜にて

 

 

 

クローバー桜の実

 

 

 

 

本日のゴミ回収

 

 

 

本日のゴミ回収

 

 

 

 

■今日ご参加いただきました皆様です。

 梅雨入り宣言後ですが、日頃の行いがよい為、晴天に恵まれ

 里山の自然を楽しみながらのクリーンハイクが行えました。

 本日は隊員10名、一般参加の方13名、総勢23名での清掃活動でした。

 ゴミの回収量は16.3kgでした。

 全員怪我もなく無事下山することが出来ました。

 有難うございました。

*隊員一同  blog:KH

 

 

 

 



2017.06.15 才川コース実施報告

 かねてより隊員、サポーター有志によって整備を進めてきた「才川コース」が、ついに一般の皆さんに門戸開放されました。このコースは、クリーンハイキングでは初めてとなる沢歩きコースです。集合場所の阪急箕面駅前には24名(一般参加14名、隊員10名)の皆さんが集まりました。空は、新しいコースのスタートを祝福するかのような晴天となりました。参加者の皆さんの足取りも心なしか軽やかに感じられた一日。それでは早速、この日の模様を紹介しましょう。

 

     

     住宅街を抜け才川入口へ     ここでコース説明を受け    柔軟体操で身体をほぐします

 

 

きょうのコースは如意谷団地奥の入口から才川を遡り、才ヶ原池を経て林道へ。林道からこもれび展望所、ビジターセンターを経て滝道を下りました。

   この日は、快晴。空には陸上選手が走るような雲が浮かび、このコースのスタートを祝うかのようです

 

如意谷団地裏から才川へ下ると、広がる青空から一転、頭上は緑に覆われていました。すでに新緑の時期は過ぎ、緑の色が深みを増す夏の様相を呈しています。谷筋を渡る涼風、才川のせせらぎや鳥たちのさえずり、そして谷全体を覆いつくす木々の緑が、極上の癒しをプレゼントしてくれました。都会のそばに位置する箕面の山々、ここには豊かな自然が残っています。

 

   
          ゲートを抜け才川に下り           今度は、砂防ダムの急斜面を登ります

 

           カラ梅雨で水量の減った川筋を、足元に気を使いながら歩きます

 

     才川の川筋は、緑のトンネルです。風がそよぐと薄暗い谷筋に木漏れ日が届きました

 

   

        斜面をトラバースし      急坂を登り        何度も川を渡り

      

                才ヶ原池目指して奥へ奥へと進みます

 

      

  谷筋の景色を満喫しながら歩くと、やがて才ヶ原池に到達しました。池に向かって長い階段を登ります

 

 このあと一行は、こもれび展望所で昼食を摂り、季節の移ろいを告げる路傍の花々や、果実を愉しみ山を下りました。

 

 

        夏の陽差しを避け、木陰での昼食。才川コースの話が弾みました

 

 目にした夏の花や、色づいた木々の実が眼を愉しませてくれました。

    

   まだ咲いていたエゴの花      ヤマアジサイ        見納め近いウツギ

    

  蕾が膨らんだナツツバキ    花が咲きだしたヤブニッケイ      開花が近いリョウブ

 

 果実が実った木々も見つけました。

   

      コバノガマズミ         オニグルミ           ニワトコ

             滝道では、ユキノシタが風に吹かれ、満開です

 

 下山途中、私たちの目を楽しませてくれたのはアオバズク。毎年、ほぼ同じところにやってきて、子育てを終えると飛び立っていきます。この日も、じっと枝にたたずんで私たちを見つめていました。

   

 

 最後は、才川谷筋で撮った記念写真です。緑のトンネルのなかで皆さんの笑顔が弾けました。

 

 この日集めたゴミは4.5キロ。ご協力、ありがとうございました。

  

 

 

始めて一般参加の皆さんと歩いた「才川コース」にはまだ、手つかずに箕面の自然が残っています。谷を覆う緑、才川のせせらぎ、谷筋を渡る涼風に心地よさを覚えながら、満たされた時間を存分に過ごすことができました。

 

 山に登り、山を歩くことの良さにはいろいろあるけれど、何といっても、はるかに多く町よりは緑が豊かなこと、水がきれいなこと、鳥やけものの存在を身近にして、この地上が人間ばかりのものでないと知ることができること。(中略)一とき、自分だけの世界に身をおくことができるなどであろう。

                               −田中澄江「花の百名山」より−

 

 

 

梅雨入りが発表されてから10日が経ちました。その間、一滴の雨も降っていません。おかげで、絶好のハイキング日和となりましたがこの先、水不足にならないか、ちょっと心配です。次回は7月13日(木)に実施します。集合場所は930分阪急箕面駅前、10時才川入口(如意谷団地西側)の2か所とします。多数のご参加をお持ちしています。

         担当隊員一同 (写真と文 竹内)

 

 

 

                            



2017.06.12 谷山谷コース

 ここ数日、涼しい日が続いている。また、梅雨というのに晴の日が多い。ハイカーにはありがたいが、近所の農家は田植え時というのに水が少なく困っているという。もうしばらくはこんな状況が続くらしい。

 

 今日の参加者は、一般参加10名、隊員16名の26名。白島荘横の集合場所に集まって、白姫神社に向かって出発。

 

 トウカエデの翼花(白島荘横)

 

 薩摩池の水も少なくなり、水草が増えている。池の斜面ではクサガメが甲羅を干している。池の真中付近に水草が集まったように見える場所があり、望遠で覗くと水鳥のようだ。渡るのを忘れたのだろうか。

 

 首を伸ばしたクサガメ

 

 水鳥

 

 池の土手には季節の草花が咲いている。

 

 コマツナギ(名の通り、丈夫そうな枝である)

 

 クララ(花は地味な色だが、面白い恰好をしている)

 

 ノイバラ(つる性のバラなのでバラ園のアーチに使われるということをTVでみたことがある)

 

 白姫神社横の広場でハイキング時の注意事項の説明、自己紹介、準備体操などを済ましてハイキングの開始。

 

 白姫神社のサカキの花芽

 

 花が咲くとこうなります(粟生間谷の五字神社のサカキ)

 

 山道を上っていくと、オオスズメバチが死んでいました。恐ろしい昆虫も死んでしまうと哀れなものです。もう蟻が集っていました。

 

 オオスズメバチ

 

 林の中を進む

 

 コバノミツバツツジの時期が過ぎ、見るべき花が少なくなったのですが、光を通して見る若葉のすがすがしさも一興です。

 

 コシアブラ若葉

 

 ウリハダカエデ若葉

 

 テイカカズラの花がちょっとしたアクセントを添えます

 

 南山手前の緊急ポイント前でいつものように一休み。熱心に場所を確認しています。

 

 南山手前で

 

 昼食前の最後の上り。上り切れば南山頂上です。

 

 最後のひと踏ん張り

 

 ヒイラギの核果、H隊員が口に含みましたが、たちまち吐き出しました。ヒイラギナンテンの実は熟すと甘いのですが。

 

 南山からの大阪市内の景色、アベノハルカスも見えました。

 

 本日参加の皆さん

 

 食事を済ますと、少し寒くなってきました。休憩を切り上げて、帰途につきます。

 

 クリの木の虫こぶかな

 

 サルトリイバラの実、秋には赤く色づきます。

 

 カマツカの実はまだまだ小さいです

 

 途中で見つけました。イヌビワでしょうか。

 

 こんな黄色い花が、何かわかりません。

 

 最後にこんなものも。キノコのようですが、名前が分かりません。白いサンゴのように見えますが、誰かの悪戯かも?

 

 午後1時半ごろ、出発点の白島荘横に帰着しました。

 本日回収したごみは4袋、約9kgでした。タバコの吸い殻は街中のものも含めて、170本でした。

 次月度は皿池公園に集合し、勝尾寺参道をハイキングします。

                                     文責 H.T



2017.06.06「東海自然歩道コース」実施報告。

     六月の樹々の光に歩むかな (石井露月) 

つい先頃、お茶の産地より<八十八夜の茶摘み歌>の便りが届いた

かと思えば、季は移りて、瞬く間に六月になりました。雨上がりの

山々の緑は一段と美しく輝き、初夏の風はエメラルドグリーンで心

を爽やかにしてくれます。この六月を俳人・子規は<綺麗な風の吹

く>と謳い、歌人・晶子は<春にまさりて心ときめく>と詠みまし

た。さあ、野山でこの初夏ならではの情趣を満喫しましょう。

    ♫ 夏も近づく八十八夜

      野にも山にも若葉が茂る

      あれに見えるは 茶摘じゃないか

      あかねだすきに 菅(すげ)の笠 ♫

                     文部省唱歌「茶摘み」

本日も、初夏の野趣を楽しむべく、一般参加者13名、隊員9名の

総勢22名で、<東海自然歩道>に向いました。

 


古道・中ノ坂道付近に咲く、馬鈴薯の花。

    

       馬鈴薯のうす紫の花に降る

       雨を思へり

       都の雨に

                (啄木)

 


瀧道に咲く、勿忘草。

 

     ♫ 別れても 別れても 心の奥に

       いつまでも いつまでも

       憶(おぼ)えておいて ほしいから

       幸せ祈る 言葉にかえて

       忘れな草を あなたに あなたに ♫

                   木下龍太郎「忘れな草をあなたに」

 


法林寺・境内に咲く、南天の花。

 

          南天の花 咲きぬ

          ひそかに 咲きぬ

          おもかげは かなしかるもの

          この花の しづけさに似て

          焼跡に ふたたび生きて

          南天の花は 咲きぬ

                    永井隆「南天の花」

 


法林寺にて。参加戴いた22名のみなさんです。本日のハイキングの安全を祈願致しました。   

         

              かぜとなりたや

              はつなつのかぜとなりたや

              かのひとのまえにはだかり

              かのひとのうしろよりふく

              はつなつの はつなつの

              かぜとなりたや

                         川上澄生「初夏の風」

 


西江寺・境内に咲く、ハコネウツギ。

俳人I隊員の一句。

 

         寺の庭 箱根空木や 赤混じり  (篤老)

 


<梅屋敷>に咲く、テイカカズラ。

 

       藪垣にからみて小さき花

              かってききゐし定家かづらなり  

                          (木村流二郎)

 


瀧道にて、絵筆を揮われる市民のみなさん。日々是好日。

この静謐で優雅な時間を大事にしたいですね。

 

        色のないカンバスに描く薄暑光  (秋山三人水)

 


瀧道に咲く、ドクダミの花。

 

      どくだみの花のにほひを思ふとき

               青みて迫る君がまなざし

                        (北原白秋)

 


龍安寺広場付近に咲く、ムラサキカタバミ。

 

        野の草に花光りをり初夏の朝  (郡山真帆)

 


龍安寺広場より、仰いだ六月の空。

 

         まなぶたに光をうけてはじまれるひと日よ

                        空と風はゆきかふ

                                  (横山未来子)

 


龍安寺広場に咲く、ユキノシタ。

 

      真白くも小さき蝶の形して

             夏きたるとて雪のした咲く

                           (窪田空穂)

 


瀧道を歩む。

 

     歩かうよ 初夏の太陽 浴びながら (稲畑汀子)

 


大滝付近の、ヘビイチゴ。

 

    蛇いちごほのかに赤しその君の

            その唇は吸うよしもなし

                        (吉井 勇)

 


大滝前での、準備体操。

 

         きらめけ  青葉よ

         さわやかに そよげ心よ

         いつか きっと そんなふに

         明るい日ざしのような愛で

         世界中をつなぐ日が

         きっときっとやってくる

         きらめけ青葉よ

         さわやかに そよげ心よ

                     小森香子「青葉の歌」

 


一目千本坂を登る。

 

          朝露はいま

          滴り落ちてくる

          いたずらに樹を眺めたとして

          空の青葉は深々としてゐる

                        原民喜「青葉」

 


百年橋付近の、卯の花。

     

      卯の花や 胸のアルバム めくる音  (神尾幸子)

 


府道豊中亀岡線沿いに咲く、栴檀の花。

 

     花あうち 梢のさやぎ しづまらぬ (橋本多佳子)

 


箕面川/川縁にて。山ゴミを回収される参加者のみなさん。

約2kgも回収戴き、ありがとうございました。山が一段と美しくなりました。

 

      いつまでも

      美しくあってほしい!

      私たちの箕面の山

                 (箕面の山パトロール隊)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

                            


府道豊中亀岡線沿い咲く、立波草。

 

      そろひたる 立波草の 波がしら (片山由美子)

 


ビジターセンターに咲く、ニワセキショウ。

 

      身を焦がす 庭石菖の むらさきに (渕野陽鳥)   

 


東海自然歩道に入る。

 

      六月の また山藍の 山に入る   (岡井省二)

 


東海自然歩道上の、桜の実。

 

     桜の実の匂へる午後の木下道

            われはとほりぬ雲空ひくく

                        (佐藤佐太郎)

 


東海自然歩道に咲く、エゴの花。英名「ジャパニーズ・スノーベル」

雪の鈴)とは何と優美な名でしょうか!

 

     蒼空を 恋ひて散るなり えごの花 (鎌倉喜久恵)

 


東海自然歩道を歩む。

 

      葉から葉へ きらきら初夏を 受け渡す (立村霜衣)

 


東海自然歩道にて、ランチ・タイム。AM11:35・

 

      風涼しい 弁当美味き 山の昼  (岡村昭則)

 


東海自然歩道に咲く、朴の花。

 

     故里を恋ふる心の募りくる

             朴の花芯のふふむ薄紅

                        (菊地幸子)

 


自然研究路4号線へ。

 

      六月の 樹々煌めいて 風の中 (おおにし ひろし)

 


自然研究路4号線に咲く、スイカズラ。

 

      さみだれの雨間風なきうす日でり

             香にたちて咲く忍冬の花 (岡 麓)

 


自然研究路4号線を歩む。

 

      初夏の 風に総身を 洗はれて  (有松洋子)

 


自然研究路4号線に咲く、茨の花。

 

     そことなく茨はなにほふ六月の野なり

           わがつかまへる何ものもなき

                         (前川佐美雄)

 


聖天展望台より、望んだ箕面の山々。

 

           みどりの交響詩なり初夏の山  (中井弘一)

 

本日のクリーンハイキングは初夏の爽やかな風の中で、六月の贈り物で

ある白い花々(卯の花、捻木の花、えごの花、コアジサイ、カナメモチ、

ミヤコイバラ、ガバズミ等)を巡る,さながら鑑賞会となり、入梅前の

、穏やかな楽しいひと日でした。お疲れさまでした。さて、先般、日経

新聞に、19歳で世界7大陸の最高峰登頂という偉業を果たした、早稲

田大学在籍の、女性登山家・南谷真鈴さんが報じられていました。彼女

の登山への動機はチームワークによる<人とのリアルなつながり>と<

勇気を持って一歩を踏み出せば、どんな壁も踏破できると言う挑戦意欲>

でした。この熱い<ハート>と眩しい<若さ>は羨ましい限りです。とも

すれば、萎えがちな挑戦意欲をは我々も持ち続けたいものです。米国の詩

人サミュエル・ウルマンの詩に「青春」があります。そこに「青春とは

或る期間を言うのではなく、心の様相を言う」と記しています。私

達、高齢者こそ、この詞の意味を深く噛みしめてみませんか。

  希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる (サミュエル・ウルマン)

それでは、みなさん、また7月にお逢いしましょう。

ご機嫌よう、さようなら。 

                    コース担当者一同

                          (文責:森岡)

(番外編)


<反省会>

      若からぬ一卓ビールの泡ゆたか (中嶋秀子)

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                  



2017.06.06 山の辺の道コース

 今日は別コースのクリーンハイキングがあるので、参加者が少ない。一般参加者3名、隊員2名の5名で実施します。

 

 箕面駅前の交番横を定刻の9時30分に出発。

 

 駅前交番

 

 交番横の花壇はK隊員が世話しています

 

 一の橋までにマンションがあります。お庭はいつも手入れされた季節の草花が咲いていて、行きかうハイカーや観光客の目を楽しませてくれます。今日はちょっと中までお邪魔して、ハクウンボクを観賞しました。ハクウンボクはエゴノキ科の樹木で、エゴノキと同じように下向きの白い花を咲かせます。花の時期が終わっていて、緑色のやや大きなドングリ状の実を付けていました。

 

 ハクウンボク

 

 マンションを過ぎると、パトロール隊の事務所です。この横に箕面温泉の無料の足湯があります。今日は3〜4名の人が機械を使って清掃作業をしていました。

 

 足湯場

 

 一の橋を渡って滝道を進と、音羽山荘が見えてきます。土日には結婚式が行われ、新郎新婦を親族、友人の皆さんがお祝いしている姿をよく見かけます。

 

 音羽山荘

 

 音羽山荘の前の小さな石橋を渡り、西江寺さんに向かいます。途中、ウツギが満開の白い花を付けていました。ウツギはまさに卯の月の花なんですね。

 

 ウツギ

 

 シャクナゲ

 

 西江寺を通り、住宅地を抜けて府道9号に出ます。ここから坂を上って箕面市上水道前の交差点まで行くのですが、回り道して、少し坂を下って花で飾られた個人宅の庭を観賞しました。

 

 一面、バラやその他の花で飾られています

 

 この花はテッセンでしょうか

 

 こちらはクレマチスかな?

 

 平尾橋を渡って如意谷住宅の方に向かいます。右手の河原で小鳥の鳴き声がするので覗いてみると、スズメとカワラヒワが群れていました。

 

 水浴びするカワラヒワ

 

 才川に入る金網横の急な階段を上ると、如意谷住宅です。ここで一休みして水分を補給しました。

 

 今日のメンバーです(+カメラマン)

 

 住宅地を抜け、如意滝に向かいます。この場所は、少し前まで後ろが小高い崖になっており、もっと前までは小さな滝がありました。名前の通り滝があったのですね。後ろの崖が崩れ、今のような形になっています。石像は右から役行者と前鬼、後鬼、弘法大使、如意輪観音、不動明王です。

 

 如意滝

 

 畑の横のドクダミの花

 

 如意滝から大宮寺の森を通り、あかつき園を横に見て森に入ります。少しばかり歩いてあかつき園の周りをまわると白島地区です。

 

 あかつき園の横の小道

 

 竹林で見つけたアオギリの幼木

 

 白島の住宅地に入ると、ゴールの白島荘は目の前です。住宅地にテッポウユリが咲いています。テッポウユリは最近どこでも見かけますね。

 

 テッポウユリ

 

 今日は参加者が5名と少なかったのですが、その分じっくりと住宅地の花壇や植木を観賞しながら歩くことができました。回収したごみは白島荘横の所定場所に置きました。ごみ量は1袋、2.0kg、タバコの吸い殻は117本です。

 

 次月は白島荘横から皿池公園までのCコースを歩きます。

                                 文責 H.T

 

 



2017.06.04 吹田労山才川コース参加報告

 今日は日本勤労者山岳連盟提唱「第45回全国一斉登山・クリーンハイク」の吹田労山担当の才川コースに箕面の山パトロール隊から8名の皆様が参加致しました。

 定刻の箕面駅前には参加者が続々と…                    箕面の山裾を歩いて目的地に向かいます

 

 

才川入口で引率担当のK隊員の注意事項が…             次にM隊員の指導で筋肉をほぐします

 

 

さぁ〜 現場の才川に入ります                                木陰で涼しそうないい道だな〜

 

 

しかし早速現れた徒渉…                                        そしてダム横の登攀…もベテラン達はなんのその

   

 

いよいよ作業開始です

お〜いそこのゴミ 下りてきて〜     黙々と拾う人〜                          急斜面も何のその〜

  

力を合わせて…                           倒木の整理も …                         谷筋のゴミもお忘れなく…

  

 

そしてコースの難所もベテラン達はス~イスイと

 トラバースも虎ロープで安心です                          すべらないでね

 

                                                 谷のゴミ 集めてハイク 風涼し    (篤老)

お疲れさまぁ〜一寸休憩しましょう!

水分補給と一寸小腹が減りました      グーと伸びをすれば緑のトンネルの向こうに綺麗な青空が見えました

 

 

さあ〜集めたごみを持って最後の上りです

懐かしい缶がありましたか            最後の斜面 気を付けて                 才ヶ原池に着きました

  

 

こんなごみはまだ残っています

土の中から出てこな〜い              ≪重〜い≫ 今日は無理で~す             腕力ではとてもトテモ…

  

 

回収したごみの計量です

班別に集めたごみを分別します      そして計量です                   終われば種類別に置いてシートで覆います

  

                                                お疲れさまでした❕❕❕

休憩もそこそこに才ヶ原林道〜府道豊中亀岡線の自然を楽しみながら集合場所の勝尾寺園地に無事到着いたしました

昼食後、吹田労山担当の他のコースも含め報告がありました。

    本日の参加人員は71名  集めたごみの量は 183kg でした。

 

府道で見た夏の花々です

          白や

         黄色も

        そして何か文字にも見える?

          色気がないので赤色も…

 

この後、箕面の山パトロール隊の8名は府道を通って大瀧〜瀧道〜パトロール隊事務所にも立ち寄り下山致しました。

     可愛い菫の咲く勝尾寺園地で男前一同です お見知り置きを…

 

好天に恵まれ、またご参加の皆様方と親しく友好を深める事ができ、良いクリーンハイキングを楽しむことができました。

有難うございました。

                                                                                                    (文責 箕面の山パトロール隊 稲田)

 

 

 

 

 

 

 



2017.06.04 豊中労山クリーンハイキング

晴天に恵まれた6月4日、豊中勤労者山岳会(以下、豊中労山)主催のクリーンハイキングが箕面公園で開催され、箕面の山パトロール隊もこれに参加しました。

 

参加者は豊中労山関係者93名(含む一般参加者)、パトロール隊4名の総勢97名です。

午前9時、箕面駅から滝道を15分ほど歩いた瀧安寺広場に集合しました。

 

豊中労山副会長とパトロール隊のI隊員の挨拶で会が始まりました。

 

 

次いで豊中労山の会長、副会長等による恒例の記念植樹を行いました。

 

 

怪我をしないよう入念に準備体操をしました。

 

 

9時30分、いよいよ活動開始です。今回のクリーンハイキングは、箕面川沢コース、箕面滝道コース、才ケ原林道コースの3コースです。パトロール隊は才ケ原林道コースに加わりました。

 

橋を渡り化石谷の急階段を登ります。

 

 

望海丘展望台で一休み。

 

才ケ原林道に出ました。緩やかな舗装道を登っていきます。

 

才ケ原林道の脇にある大量のゴミが埋まっている場所に到着しました。今回、集中してゴミの回収に当たる場所です。参加者は安全を確保しながら作業にあたります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファミリーで参加。いい子ちゃんしてます。

  

 

回収したゴミは燃えるゴミ、ビン、缶、粗大ゴミに分別し重量を測ります。ブルーシートで覆い作業が終了しました。

 

 

 

ババタレ坂を下り、12時前にビジターセンターに到着しました。ビジターセンターのもみじ広場で昼食休憩です。

 

 

 

 

主催者より今回回収したゴミの量の報告がありました。3コースを合わせて総量で444kgでした。

 

豊中労山会長から下山挨拶があり、参加者は三々五々、箕面駅に向かい解散しました。

 

今回のクリーンハイキングで箕面の山は更にきれいになりました。参加された皆様有り難うございました。

 

報告者 TU

 

 



2017.06.02 六個山・ようらく台コース  実施報告

 月が替わり、梅雨も近づいたこの日は、夜来の嵐が過ぎ去って上々の天候となりました。尾根筋を吹き抜ける風は涼やかで、絶好のハイキング日和。参加された皆さんは、心地よい風のなか、山歩きの愉しさを満喫されたようでした。箕面の山々は萌黄色の新緑から深緑へと、衣替えを始めています。目に映える緑の変化に、季節の移ろいを存分に感じた一日。それでは早速、この日の模様を紹介しましょう。

 

 

          集合時間が近づくと雲が切れ、抜けるような青空が広がりました

 

 今年も滝道にアオバズクがやってきました。この日は、その姿を一目見て石子詰を登り、三国峠を経てようらく台で昼食後、六個山を登るコース。ちょっとハードでしたが、初夏の花々や涼風を愉しむことができました。

   

   きょうのルートはちょっとハード、準備体操も念入りに       さあ、出発! 

 

 残念ながら、夜来の嵐のせい?でアオバズクの姿を見ることはできませんでした。それでも、滝道では初夏の花の出迎えを受け、ちょっとしたハプニングにも遭遇しました。  

    

            満開になったテイカカズラ          

           

                淡い紫が涼し気なセンダン

                 
                   サポーターの帽子にイトトンボがとまるハプニング

 残念ながら見ることができなかったアオバズク。これは、前日の撮影です。

                               

       

 気を取り直し、石子詰を登り、滝見ポイント、三国峠で小休止。その後、十二曲がりを登り、ようらく台へ。   

             

          三国峠までの長い坂、足元に気を付けて登ります                      

    

         違う角度からの大滝を眺め                一息入れました

 

 三国峠を経て十二曲がりを登り、ようらく台に到着。ここでランチタイムです。

   

        三国峠を下り              十二曲がりを登って

 

               昼食場所のようらく台に到着です

  
   木陰で食事をとる人、日向でおにぎりをほおばる人など、様々なランチタイムの風景です

 

 昼食を終え六個山へ向かいました。道中では、涼風と咲きほこる初夏の花々、早や実を付けた木々が癒しとなりました。

              青空をバックに初夏を告げる満開のウツギ

   

       ソヨゴ            ニワゼキショウ            ネジキ
     

       イイギリ            コアジサイ           スイカズラ

     

      ニワトコ             クロモジ             サクランボ

 

 石澄川を渡り、今日最後のピーク、六個山へ。青空と木漏れ陽、そして涼やかな風。足取りも軽く登攀?

  

       石澄川を渡り      

           

              急斜面を登り

             

                    木漏れ陽のなか六個山の頂上へ

          山頂に到着。きょう参加されたみなさんです。「はい、ポーズ!」

 

 六個山山頂でしばしの休憩。これからは下るばかり。途中、立ち寄ったワクワク展望台で、眼下に広がる大阪平野の眺望を満喫し、平和台北口公園でこの日のゴミを回収しました。
   

   急坂を下り平和北口公園へ     ここでもゴミを拾い、回収終了。みなさん、ご苦労様でした

 


    この日のワクワク展望台からの大阪平野の眺望は抜群!はるか大阪市内まで臨むことができました

 

 箕面の山々は、緑のグラデーションがすっかり薄れ、「新緑」から「深緑」へと様変わりを始めていました。そしてウツギやネジキ、エゴなどの白い花が満開でした。綾なす緑が終盤を迎え、いよいよ「初夏」の到来です。

 二十四節気では、この時期を「芒種(ぼうしゅ)」と呼んでいます。今年は6月4日がその日に当たります。梅雨入りを前にして、稲などの穀物の種を蒔く時期のことをいうのですが、箕面近辺でもあちこちに水田の姿を目にするようになり、すっかり田植えの準備が整ったようです。

 山でも里でも、初夏の風景を目にすることになったこの日は、気温の上昇が気にならない涼しさ。熱中症などのトラブルも吹き飛ばすような涼風が、暑さを忘れさせてくれました。緑いっぱいの山道、谷川のせせらぎ、鳥たちの囀りが涼を誘い、この上ない癒しとなりました。改めて、箕面の自然を有難く感じた一日でした。

 

  卯の花のにおう垣根に、時鳥

  早きもなきて、忍び音もらす 夏は来ぬ。

 

  さみだれのそそぐ山田に、早乙女が

  裳裾濡らして、玉苗ううる 夏は来ぬ。

            ー佐々木信綱「夏は来ぬ」よりー   

 

 本日は21名(一般参加者10名、隊員11名)のご参加をいただきました。そして、4.5キロのゴミを回収することができました。ありがとうございました。それではまた来月、お会いしましょう。

                                  担当隊員一同(写真と文 竹内)    

 

    



2017.05.29 才川コース

箕面の山パトロール隊は、才ケ原池から如意谷に流れる才川を昨年6月から数回に分けて整備を進めてきました。作業が順調に進み、来月より正式コースとして毎月クリーンハイキングを実施することになりました。

今回、安全性の確保を目的として最後のルート整備を実施しました。

 

隊員10名、サポーター1名が午前9時30分に箕面駅を出発し、住宅街をジグザグに抜け才川入口に向かいます。

 

 

如意谷住宅の北にある才川の入口に到着しました。

 

出発前の元気な?内に集合写真です。今回は安全を期しヘルメットを着用しました。用意したものはシャベル、つるはし、ハンマー、トラロープ、杭用鉄筋などです。

 

 

フェンスをくぐると別世界が広がっています。

 

才川を遡りながら整備を進めていきます。

危険と思われる箇所には注意喚起の札を取り付けます。

 

 

 

今回のメインの作業は、滑落防止のためのトラロープの設置です。

シャベルなどで足場を作ります。ロープを固定する木がない場所には鉄筋杭を打ち込みます。次いでトラロープを固定していきます。

 

 

 

 

 

渡渉場所に足場を作ったり、迷いやすい箇所に赤テープを貼るなどの作業を進めながら登っていきます。

 

苔むした自動車の残骸があります。上の車道から転落したのでしょうか。

 

こんな所にも焚火の跡がありました。箕面の山は火気厳禁です。

 

木陰の多い沢筋は花の少ない所です。それでもエゴノキが白い花をつけていました。

 

更に上流に向かいます。もう一か所トラロープを設置しました。

 

才ケ原池の手前まで来ました。涼しい場所で昼食休憩です。

 

池の堤に上がる階段は土砂が埋まっています。これを取り除きます。

 

 

才ケ原池に到着し、今回の作業を終えました。才ケ原林道を下り、風の杜を経由して西江寺に下ります。

 

 

才ケ原池から西江寺にかけて見つけた花です。

ノイバラ                  センダン

 

ネジキ                   ハコネウツギ

 

 

午後2時に箕面駅に到着し解散しました。参加された皆様お疲れ様でした。才川コースのクリーンハイキングは6月15日にスタートします。皆様の参加をお待ちしています。

 

才川コース担当一同(報告者 TU)



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734