HOME > 活動ブログ

2017.06.22.「明ケ田尾山コース」実施報告。

      梅雨の花 林にしろく 野にしろし (秋櫻子)

五月雨が新緑の梢に降り注ぎ、その雨滴が葉を輝かせる梅雨に入りました。

<天声人語>の辰濃和男氏によれば「梅雨のころに咲く花には白い花が多い」

そうです。思えば、この雨期六月の、エゴ、タイサンボク、ホオ、ネジキ、

ウツギ、ドクダミの花等々はみな、白く咲いています。この<白さ>が目に

爽やかで、凜とした美しさや可憐さは心を和ませてくれます。長雨が続き気

分が沈みがちな、この時期、野や山で純白の花々を愛で、気分を転換しまし

ょう。

      ♫ 白い花が 咲いてた

        ふるさとの 遠い夢の日

        さようならと 言ったら

        黙って うつむいていた お下げ髪

        悲しかった あの時の

        あの白い花だよ ♫

                   寺尾智沙「白い花の咲く頃」

本日も、野に山に咲く、白い花々を愛でるべく、一般参加者10名、隊員12名

の総勢22名で、<梅ヶ谷>に向かいました。



古道・中ノ坂道に咲く、梔の花。

 

      何んだかなつかしうなるくちなしさいて (山頭火)

 


古道・中ノ坂道に咲く、タイサンボクの花。                   
                                                                             

    おおらかなタイサンボクの初花よ

            ひとつが天をあおいでひらく

                            (鳥海昭子)                                                                             

 


瀧道に咲く、白薔薇。

 

      しろけれど こころをこめて色にぬれ、

      ひかりをつつみ、

      ひびきは むらむらと まようて

      たのしいと きめきの瞼をひたす。

      ゆれるやうにひらく ばらのはずかしさよ、

      明日の日に おまへはゆれるよ

      おまへは ほのぼのとあかくなるよ

      ふかいにほひに おまえははてしなく ながれてゆくよ

      あすの日に 鳥のはおとのやうに ひらくばらのゆめ。

                      大手拓次「明日を待つ薔薇」

 


<梅屋敷>にて。本日、参加戴いた22名のみなさんです。

 

                     梅雨晴間 心一つに 集い来し  (稲畑廣太郎)

 


<梅屋敷>に咲く、ガクアジサイの花。

 

    朱を散らす 額の花あり 女画家  (朝倉富次)                                                                                                 
                                                                                                               


瀧道に咲く、ドクダミの花。

 

        おまえを 大切に

        摘んで行くひとがいた

 

        臭いといわれ

        嫌われものの おまえだったけれど

        

        道の隅で

        歩く人の足許を見上げ

        ひっそりと生きた

 

        いつかおまえを

        必要とする人が現れるのを

        待っていたかのように

 

        おまえの花

        白い十字架ににていた

                     星野富弘「どくだみ」

 


龍安寺広場にて。準備体操。                          

 

      ♫ 窓を開けば そよ風が

        朝の体操 おはよう おはよう

        青空仰いで 胸はって

        若い命の 深呼吸

        希望の歌を 唄おうよ ♫

                     高橋掬太郎「そよ風の歌」

 


龍安寺広場付近のユキノシタ。

俳人I隊員の一句。

 

       第九でも歌おう爺やユキノシタ  (篤老)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<唐人戻り岩>付近を歩む。                                                                         

 

    立ちどまり聞けど近づく音もなし

             雨に匂うは何の青葉か 

                         (高安国世)

 

        
六月の大滝。                          

  

          山ふかき六月の滝の力みる (能村登四郎) 

 


         (昭和二年)日本百景の証。箕面公園事務所・所蔵。

 


府道豊中亀岡線沿いに咲く、ヒメジョウオン。

 

    ひめぢょおん手折りあつめし束をもちて

           しばし白砂のあかるさにゐる

                        (阿木津 英)

 


山ゴミ回収中の参加者のみなさん。                           

9.8kgのゴミ回収、ありがとうございました。   

 

        いつまでも    

        美しくあってほしい               

        私たちの箕面の山

                 (箕面の山パトロール隊)

 


自然研究路2号線に入る。当コースの最大の難所。

 

      登山は個人が力を尽くして山という自然と

      苦闘しつつ自然の懐に帰ってゆく英雄的な

      行為である。

                   (大岡 信)

 


市道箕面五月山線沿いに咲き残る、野茨の花。

                                               

    まっしろな野茨の花を揺らすのは

              梅雨の晴れ間の高原の風

                         (天瀬夕梨絵)

 


市道箕面五月山線沿いに咲き残る、卯の花。

 

       白妙の 卯の花しだる 花明り   (加納 幸子)

 

                

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市道箕面五月山線沿いの<不法投棄物>を回収される参加者のみなさん。

 


回収戴きました、不法投棄物。約123kgでした。    

山が随分と美しくなりました。お疲れさまでした。

        不法投棄は犯罪です!                 

                    (箕面の山パトロール隊)

 


エキスポの森の、桜の実。

 

    てのひらにさくらんぼ置き何となく

            后ごこちす夏はめでたし

                       (与謝野晶子)

 

 

 

 

 

 

 

                                  

 


 エキスポの森にて。   ランチ・タイム。AM11:55。

 

     母の掌の ほのかに匂う 握り飯  (浜田清敏)

 


エキスポ展望塔付近の、キイチゴ。

 

     木苺の六月の日のうるみつつ  (山口青邨)

 


木苺狩りを楽しまれる参加者のみなさん。                          

 

      野ゆき山ゆき木苺を食ひ茅花(つばな)を食ひ

                 嬉しかりしよ母の故里

                          (酒井佑子)

 


鉢伏山へ。

 

      そよぎゐる 木々の梢よ 梅雨晴間 (阿部陽子)

 


鉢伏山・山頂付近に咲き残る、朴の花。                                                                

  

    青葉やまさやきは雨にをさまりて

               あなすがすかし朴のしら花

                           (土屋文明)

 


鉢伏山・山頂(標高604m)に憩う参加者の皆さん。

 

      山頂や 喜び新た 風涼し (岡村昭則)

                           


梅ケ谷へ。                            

 

道の前途(ゆくて)はろけくとも直(ただ)に進み行かな

          天は広し高し日は明(あか)し浄(きよ)し

                           (佐々木信綱)

                 

 
梅ケ谷到着!13:15。

 

        梅雨晴や 野鳥の声の よく透る (清水恵山)

 


梅ケ谷を下る。                            

 

        ♫ 山よ お前のふところは

          山の男のふるさとよ

          うれしい時は 山へ行く

          さびしくなれば 尾根歩き ♫

                        清水脩「山の歌」

 


府道茨木能勢線沿いに咲く、マタタビの花。

 

    さらぬだにみめうるわしきうたびとの

           つぶやきにけり白い花がすき

                        (渡辺礼比子)

 

                              

 

 

 

 


 府道茨木能勢線沿いの、水田。

 

      ♫ さみだれの そそぐ山田に

        早乙女が 裳裾(もすそ)ぬらし

        玉苗(たまなえ)植うる 夏は来ぬ ♫

                      佐々木信綱「夏は来ぬ」

 

                   

              府道茨木能勢線より眺めた、箕面川ダム。

 

                   遠近の 若葉色増す 速さかな  (水野良子)

 

     

              遊歩道より眺めた、箕面川ダム。

 

                 湖の面の はや青々と 梅雨晴間  (岡野ひろ子)

 


<風の杜>の菖蒲。

 

      またひとしきり 午前の雨が

      菖蒲(しょうぶ)のいろの みどりいろ

      眼(まなこ)うるめる 面長(おもなが)き女(ひと)

      たちあらわれて 消えてゆく

                    中原中也「六月の雨」

 


帰路に仰いだ、六月の空。

 

            ひっそりと生きひっそりと終わること

                    何時よりか吾が念願として

                                  (清水房雄)

前日まで降雨で、まさしく<梅雨の晴れ間>のクーリンハイキングでした。

雨に注がれた森のさみどりや六月の純白の白い花々は瞬時、こころを癒や

してくれました。桜の実を賞味したり、童心に返って、はしゃぎながらの

木苺狩りも想い出に残る楽しいひとときでした。お疲れさまでした。さて、

<世界文学>連続講義で夙に有名な、東大の沼野充義教授の「文芸批評」

は多くの示唆に富んでいます。<文学は旅に似ている。目的地を急ぐより、

ゆっくり行く方が面白い。だから、文学作品もできるだけゆっくり読んで、

細部を楽しむべきだ。およそ、功利的でなく、反時代的なことだけど。>

の見解。キーワードは<ゆっくり><ゆったり>感でしょうか。我らが

ハイキングも、この考えを取り入れていきたいものです。見える景色も自

ずから変わり、その行程はいっそう、楽しいものになるでしょう。心したい

ものです。ともあれ、18日は<父の日>でした。戦後初期の萩原朔太郎の

父親像は<父は永遠に悲壮である>でした。歳月は流れ、今日ではこの種の

イメージは風化しているでしょうか。

        紫陽花の花粒はじける六月に

              父の日ありてほのか雨

                        (高橋みずほ)

それでは、みなさん、また七月にお逢いしましょう。

ご機嫌ようさようなら。

               コース担当者一同

                    (文責:森岡)

   

 

 

 

 

 

           

       

                 
 

 

                                                    

                       

 

 

 

 

 

              

 


                               


   

 

 

                

  

                     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                                 
                                                   

 

 

 

 

                                 


 

 

                                   

      

 



【お知らせ】2017.06.21 天上ケ岳コースは中止します

本日(6月21日)予定しております天上ケ岳コースのクリーンハイキングは、大雨、洪水、強風、雷注意報が出ている大荒れの天気のため中止と致します。

コース担当



2017.06.19 医王岩コース

今日は医王岩コースの自然と、お元気な皆様方 22名(一般参加者 11名  隊員 11名)のお姿を報告致します。

先ずは今日の空模様…梅雨に入っても雨がふりません???

                 出発前の暑そうな空です                                           今日も暑いぞ〜

 

 

流れ…少しでも涼感が伝わるかな?

               五条の滝?              う・う・う?手振れではありません              二条の滝?

  

 

 龍安寺下広場付近では

    種が膨らんでいました…紅葉       まだ頑張っている つつじ      と       テイカカズラの花

  

                                                空梅雨の中で頑張る紫陽花

                        

                                   紫陽花や 日に焼けそうと 雨を乞う      (篤老)

 

今日は左岸から地獄谷を上りましょう!と

                                  空家でも苔むす綺麗な庭  を  対岸からじっと眺めるユキノシタ

 

 

暑さ厳しい中の地獄谷の上りで皆様方の登場で~す

    少しでも涼しい?谷道コースを黙々と上ります        尾根筋に出たところで一息   給水を忘れずに…

 

 

こもれび展望所では

                          スダジイ                                                  ナツツバキ…いつ開く?

 

 

 昼食場所、政の茶屋園地周辺では

    素人カメラマンにポーズを…まだ飛べない?                   あけび…猿「まだ少し早いな〜」

 

 

今日見かけたオオサンショウウオです

          激流の中頭を出してくれました                                清流の中では静かに歩いて…

 

 

美味しいランチを頂いた後、出発前に「ハ〜イポ〜ズ」

                                           元気な貴方も美しい貴女も写っていますよ〜

 

さて、今日はここからが大変でした。

  茶長阪川に大量の不法投棄物を見つけました。「ヨシ!上げよう!」の掛け声が掛かるや否や…

     元気印を背負った方々の活躍です

               ロープを操り                         自力で谷へ下りて                       自動車残骸をロープで         

  

 

道路上では引揚げ部隊が、女性参加者の交通整理に助けられ      上がった残骸はなんと150kg

 

       人は自力で上がります                 迎えてくれたウリカエデ       と          クマノミズキ

  

 

 帰路に立寄った展望所にて…

      箕面市街とその向こうに千里の街が望めました(アッ!イオンが見える…ひとりごと)

 

梅雨に入ってからまだ一度も雨天中止はありません。

箕面の山パトロール隊クリーンハイキングにご参加の皆様方は、よほど日頃の行いが良いらしい。

こんなこと言っていたら次は怪しくなってきたぞ!

 

本日回収したごみは、5袋と 車残骸で、計 約150kg でした。 お疲れ様でした。

ゆっくり体を休め、またのご参加をお待ちしています。

次回は7月17日(第三月曜日)です。ますます暑くなりますので体調管理に十分ご配慮下さい。

 

 おまけ…解散後の帰路、住民の方々のお世話の作品で通行人も楽しませて頂いています…ありがとう

  

 

                                                                                 コース担当一同(文責 稲田)

 

 

 


 

 

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734