HOME > 活動ブログ

2013.06.07 【歳時記】 風のたより

                                   風…感じていますか     
                   今朝…足元に咲いている花に気がつきましたか    
                   流れる時の中…ちょっと立ち止ってみませんか

         風のたよりは、
                    『タッキー816みのおエフエム』(81.6MHz)で
                                                                               放送しています。  
(インターネットでもお聞きいただけます。こちらから→(http://fm.minoh.net/


<卯の花>


                   卯の花の 匂う垣根に 時鳥(ほととぎす) 

                   早も来鳴きて 忍び音もらす 

                   夏は来ぬ                            佐佐木信綱


皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
山道は、 風薫る清々しさに包まれています。

卯の花が咲き、時鳥がやって来ると、
いよいよ夏そのものの訪れです。

卯の花が咲きはじめたのが、 五月の十日過ぎ・・・
丁度、その頃、最低気温が十度を超え、
時鳥の忍び音が聞こえはじめたのが、
五月の二十日頃・・・
その日、最高気温は二十五度を超えました。

万葉の昔から、 詠われ続けた卯の花と時鳥・・・
今も変わらず、 夏の季を告げてくれます。


<楝(おうち)《せんだん》>


                    楝(あふち)散る 川べの宿の  門遠く

                    水鶏(くいな)声して 夕月すずしき

                    夏は来ぬ


薄紫色に里山を飾っていた「あふち」の花も、
ずいぶんと散ってしまいました。

この「あふち」の花が散る情景も、
また、夏の歌として、 万葉の昔より、詠まれ継がれてきました。


                   我妹子に楝の花は散り過ぎず

                              今咲けるごとありこせぬかも  万葉集


人々の暮らしとともにあった 里山の木の一つです。
なぜか、和名は「せんだん」と 命名されていますが・・・

季節の幕を開けるように、 瀧道にも、いろいろな花がありました。
川辺を白く飾っているのは、 「ゆきのした」ですね。
葉っぱは、薬草として、お肌の病などに使われてきました。
春の山菜でもありますね。


<ゆきのした>

「どくだみ」の、真っ白いがくも 目につきはじめました。
十の薬と書くくらい、多くの薬効があり、
里山では、これも貴重な薬草でした。


<十薬>

龍安寺の「定家葛」も、今が盛りでしょうか。
ほのかに、芳香を漂わせています。


                     皐月闇 螢飛び交い 水鶏鳴き

                     卯の花咲きて 早苗植え渡す

                     夏は来ぬ


里山は、九日に旧暦の皐月を迎えます。

螢も飛びはじめた箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。



<定家葛>

文・撮影:渓川 清


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734