HOME > 活動ブログ

2019.12.28 石澄の滝コース  実施報告

歳末の北摂の街を背景に、冬の陽に浮かび上がったススキの穂。首を垂れるその様は、過ぎ去っていくこの一年にさようなら、さようならと何度も何度も別れを告げているようでした

 

 令和元年最後のクリーンハイキングとなった石澄の滝コースは、上々の日和に恵まれ、集合場所の阪急箕面駅前には17名(一般参加10名、隊員7名)のみなさんが集まりました。この一年の様々な思いを胸に、師走の石澄川を遡った一日。それでは早速、その模様を紹介しましょう。

  

冬の陽が創り出す影絵を愉しむことしばし 、時間となりました。さあ、出発です‼

  

一行は住宅街を抜け、新稲の里からスカイアリーナへ

 

 この日は、平和台の住宅地を抜けスカイアリーナへ。準備体操を済ませ山麓線(府道9号箕面池田線)の東畑から石澄の滝へ向かいました。寒々とした石澄川を遡り滝へ。休憩後、急斜面を登り海の見える丘を経てわくわく展望台から平和台北口地公園に下山しました。

スカイアリーナ広場で準備体操。朝陽を受けて、残り少ないモミジの紅葉が鮮やかに浮かび上がりました

  

府道9号線を西へ。東畑を右折し石澄の滝に向かいます

 

  

谷あいへ向かう前に小休止。水分補給も済ませて出発です

  

祠の石仏に手を合わせ、最初の渡渉。川沿いの道を遡ってさらに上流へ

 

 葉を落とした木々、積もった枯葉。滝への道は、すっかり冬景色に様変わりしていました。そして、廃寺や廃屋は寂しく朽ち果て、人の営みの儚さを感じずにはおれませんでした。

すっかり葉を落とした木々。石澄川の谷あいは冬の訪れを告げていました

  

朽ち果てた廃屋、傷んだ家屋。静かな谷あいに人の営みの儚さを語りかけてくるようです

  

風雨にさらされた小屋、そして家屋。訪れるたびに荒廃が進んでいます

  

一行は、廃坑址の岩場を登り、さらに奥の滝を目指します

 

 人々の日々の営みに思いをはせながら、さらに川筋を進むと間もなく石澄の滝に到着します。この日も切り立った岸壁を滑るように、一条の水が流れ落ちていました。春夏秋冬変わることなく流れ落ちる水。その優美な姿は、いつもと変わることなく、悠久の時を刻んでいるようでした。

岩の狭間を縫うように流れる滝の姿に、時を忘れて見入りました

 

 ここで、この日出会った冬の木々のいくつかを紹介しましょう。

【冬の花】

  

(左から)サザンカ、ロウバイ、ヤブツバキ

【冬の花芽】

 

膨らんだヒサカキの花芽(左)とアセビの花芽

【冬の実り】

  

(左から)ソヨゴ、センダン、マンリョウ

 

 閑話休題。様々な思いで滝を眺めた一行は、急坂を登り海の見える丘へ。ここで昼食を摂りわくわく展望台で一服。大阪平野の眺望を愉しみ、平和台北口公園に下山しました。

  

滝見物のあとは、港の見える丘まで約百メートルの高低差。苦しい坂を登りきるとランチタイムです

  

よもやま話が弾んだ昼食風景。お腹の虫も鳴き止みました⁉

昼食後、わくわく展望台へ。心地よい落ち葉の絨毯をウォーキング。この時期ならではの贅沢です

  

わくわく展望台からの眺め。遠くに大阪市内の高層ビルが並んでいました

  

大阪平野の眺望を愉しんだあとは憩いの広場まで一気に下り、憩いの丘で小休止

  

平和台北口への最後の坂を慎重に下り仮解散。眼下の街並みを愉しみながら箕面駅に向かいました

 

 この日は、みなさんのご協力で、13キロのゴミを回収しました。有難うございました。

  

 

 令和元年もあとわずかとなりました。新年を前に「光陰矢の如し」という言葉が、否が応でも脳裡を過ります。思い返せば、今年もいろいろなことがありました。なかでも台風、大雨などの自然災害は記憶に新しいところ。その被害は年々拡大し、地球温暖化が影響していると言われています。一方、プラスチックごみも世界的な問題となっています。いずれも便利さと富を追求した人間がもたらした結果です。

 「このまま自然破壊が進めば、地球は死の星と化してしまう」。そんな懸念を抱かずにはいられない一年でした。たとえ微力でも、クリーンハイキングを通じて美しい自然を次の世代に繋げることが出来たら。翌年も、そんな思いで箕面の山のゴミを拾おうと思っています。

 

 人間はものを考える理性と、物を創り出す力とを、天から授かっています。それでもって、自分に与えられているものを、ますます殖やして行けという神様の思召しなんです。ところが、今日まで人間は、創り出すどころか、ぶち毀してばかりいました。森はだんだん少なくなる。河は涸れてゆく、鳥はいなくなる、気候はだんだん荒くなる、そして土地は日ましに、愈々ますます痩せて醜くなってゆく。

              ―チェーホフ「ワーニャ伯父さん」から―

 

 最後は、この日参加してくださった皆さんの記念写真です。お疲れ様でした。

 

 次回は新年1月25日(土)に実施します。集合場所は9時30分阪急箕面駅前です。多数のご参加をお持ちしています。みなさん、良いお年を‼

                                   担当隊員一同 (写真と文 竹内)

 

  

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734