HOME > 活動ブログ

2019.11.28.「明ヶ田尾山方面コース」実施報告。

一枚の紅葉かつ散る静かさよ (虚子)

野の草は末枯れ始めましたが、山々に目

を向けると燃え立つような朱色の紅葉に

息を呑みます。全山が朱に染め上げられ

る、この趣き深い風情こそ<紅葉絵巻>

と言うに相応しい景色で、胸が高鳴りま

す。この紅葉も掲出句の様にいずれ、静

かに散り逝きます。その落葉の様を物理

学者・寺田寅彦は<美しい涙のよう>と

形容しました。この様な美意識で山々の

紅葉を静かに味わいたいものです。

♬ 秋の夕日に 照る山もみじ

  濃いも薄いも 数ある中に

  秋をいろどる 楓や蔦は

  山のふもとの裾模様 ♬

         睫鄰で掘峭藩奸

本日も、山々の紅葉を愛でるべく、総勢

12名で「政の茶屋園地」に向いました。

 


西江寺付近の紅葉。

 

われの眼に燃え移らむか山紅葉

           (林 翔)

 


「聖天展望台」へ。

 

大好きなものでもリュツクに詰め込めば

  ずっしり重いでも行くんでしょ?

         (小笠原 啓太)  

 


聖天展望台付近の広場にて。

AM9:15。準備体操。

 

つねに流れているから

川は生きているのだ

止まるな

滞るな

つねに動いておれ

頭も 足も

     (坂村真民)

 


「聖天展望台」より眺めた六甲山。

 

砂の如き雲流れゆく朝の秋 (子規)

 


<聖天展望台>付近の山櫨。

見事に紅葉し、瞬時、息を呑みました。

 

今生の彩を尽くして櫨紅葉 (鈴木一三)

 


府道43号線沿いの山斜面に大量の

不法投棄物が放置されていました。

急峻な斜面でしたが座視できず急遽

回収開始です。

 


急峻な斜面の為、慎重に用心深く

下りました。安全、最優先です。

 


約70m下方の谷底に散乱している為、

命綱のロープを活用し下降しました。

 


散乱場所に到着です。

 


順次、不法投棄物の引き上げ開始です。

 


府道43号線沿いの

上部まで引き上げて来ました。

 


この重量では一人では手に負えません。

もう、総力戦です。

 


どんどん谷底から不法投棄物を引き

上げます。

 


これが最後の回収物でした。

いつもとは言え、極めて危険故、

緊張感が張りつめた作業でした。

全員が無事で安堵です。

 


無事に全回収を終え、達成感に笑み

豊かな12名のみなさんです。

みなさん、お疲れさまでした!!

本日の不法投棄物の総回収重量は

    93kg

でした。

 

いつまでも

美しくあって欲しい!

私達の箕面の山

  (箕面の山パトロール隊)

 


その路傍には<高砂百合>が未だ

咲き残って、暫し、心が安らぎ

ました。

 

青原の野風の中に深山より

   こし香まじりぬ白百合の花

           (晶子)

 


才ヶ原林道より眺めた箕面の山々。

この色彩豊かな景観!

正に色彩交響曲ですね。

 

今朝の山遠ざかりつつ秋深む (岡村昭則)

 


才ヶ原林道の柿の実。

 

♬ 梢の先に 残された

  柿の実ひとつなに想う

  祭りも過ぎたふる里は

  落葉ばかりが かさこそと

  柿の実ひとつ淋しかろ

  いえ 私はなお淋し ♬

    石本美由紀「柿の実ひとつ」

 


谷川谷林道へ。

足に優しい落ち葉たち。

 

たとえば君 落葉すくふやうに

   私をさらって行ってはくれぬか

        (河野裕子)

 


今度はまた、ビジターセンター付近の

府道43号線沿いに不法投棄。

主として家庭の不要品の投棄です。

 


早速、川辺に降りて、回収です。

電気カーペットの引き上げには

困難を極めました。

 


遂に引き上げ完了です。

お疲れさまでした。

 

不法投棄は犯罪です!!

   (箕面の山パトロール隊)

 


ビジターセンターの山茶花。

 

♬ さざん花は

  ひそかにも咲いている

  霜白く

  庭の垣根に 降りた朝

  母のおもかげ しのばせて ♬

     寺尾智沙「さざん花の歌」

 


<政の茶屋園地>にて。

ランチ・タイム(AM11:45)後、

紅葉の余りの美しさに、記念の集合

写真を撮りました。

 

握り飯もらひ紅葉の下に座す(三澤福泉)

 

<政の茶屋園地>の紅葉。

 

この時を止めておきたい紅葉哉(中野辰子)

 


大滝へ。

 

たちまちに色あせてゆく紅葉かな

  からくれなゐに散りしくがみゆ

         (矢野裕子)

 


<一目千本坂>の紅葉。

俳人I隊員の一句。

 

三色に染まりし森や秋の色 (篤老)

 

 


晩秋の大滝。

 

滝しぶき浴ぶる紅葉の一枝かな

       (山里みづほ)

 


瀧道右岸で、下山。

 

紅葉して右岸左岸と照らし合ふ

    (宮原みさを)

 


帰路の夕焼け空。

 

秋は帰路雲の茜を身に浴びて

   つれだち歩む去りし友らと

        (岩田 正)

 

本日のクリーンハイキングは寒さが一段

と厳しい上に、相変わらずの不法投棄の

多さには閉口しましたが、山々の紅葉絵

巻に静かな感動を覚えたひと日でもあり

ました。お疲れさまでした!

さて、落葉の季節でもあり、コラムニス

ト・浦野俊夫の「落葉論」が楽しいです。

<落葉は人を感傷的にするが、木にして

みれ排泄物で、せいせいしている>と言

う生理学で、さらに<体内の不要物を葉

の中に溜めておき、一年に一回落葉とし

てまとめて排泄する>と言う。そんな観点

でハイキングの際、落葉を見つめるのも

一興かと思った次第です。

山路には落葉ささやく風ありて

        (吉井竹志)

それでは皆さん、また12月にお逢いし

ましょう。インフルエンザが流行り始め

ました。ご自愛ください。

報告)森岡

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734