HOME > 活動ブログ

2019.10.26 石澄の滝コース  実施報告

雨滴を光らせて咲くツリガネニンジンの花。薄紫色のツリガネの形をして、山里にひっそりと咲いていました

 

 未明の雨が上がり、時おり薄日が射し込む曇り空のなか、集合場所の箕面駅前には18名(一般参加12名、隊員6名)の皆さんが集まりました。日増しに秋色が深まるなか歩いた一日。それでは早速、その模様を紹介しましょう。

 この日は平和台の住宅地を抜け、スカイアリーナを経て山麓線(府道9号箕面池田線)の東畑交差点から石澄の滝へ。休憩後、急斜面を一気に登り、海の見える丘から教学の森で昼食を摂り、わくわく展望台を経由し平和台北口へ下山しました。

 

定刻過ぎに箕面駅を出発。最初の平和台住宅地のアップダウンを歩いて足慣らし

 

川べりの道から住宅街を外れ、新稲の里へ。晴れの予報が見事に外れ、あいにくの曇り空

スカイアリーナ前の広場で準備体操するみなさん。万歳ポーズで深呼吸

  

府道9号線を西へ。東畑交差点から石澄の滝を目指し、間もなく滝入口のゲートに到着

  

ここからは石澄川沿いの道をさかのぼって進みます。谷からは、瀬音が絶え間なく届きました

 

 石澄川に沿って谷間を遡ると、石碑や崩れた廃屋や廃坑跡に出会います。ちょっと神秘的な雰囲気が漂い、ここが北摂のミステリースポットと言われていることを実感します。

 

やがて現れた石仏の祠。神秘的な雰囲気を味わいながら、祠のそばを流れるせせらぎを渡りました

倒木やゴロタ石が行く手を遮る荒れた川沿いの道を進むと・・・

 

倒木に破壊された家屋や、かろうじて立つ小屋。その姿が哀感を誘います

 

さらに進むと廃坑址。かつては銀や銅などが採掘されていたといいます。廃坑そばの広場で一休み

 

 廃坑址を臨む広場で休憩後、きょうは足場が悪いため、岩場の登攀はやめ、近くの坂を登るとこにしました。

雨後の岩場の登攀を避け、廃坑そばの急斜面を登りさらに上流へ向かう一行

 

坂を登りきると今度は渡渉。その先に、現れた廃屋も、無残な姿を晒していました

 

 ここで、この日に出会った深まる秋のいくつかを紹介しましょう。

草の葉にできた水晶のような水玉。未明に降った雨が作り出した自然の造形の妙です

【秋の花々】

 

(左から)ジュウガツザクラ、セイタカアワダチソウ、イヌタデ

  

(左から)ナンテンハギ、コウヤボウキ、マルバルコウソウ

【秋の実り】

  

(左から)ホウ、コブシ、ノブドウ

【紅葉・黄葉】

  

(左から)ドウダンツツジ、フジ、サクラ

【番外編・蝶】

 

(左から)アサギマダラ、モンシロチョウ

 

 閑話休題。廃寺や廃坑跡を通り過ぎると、石澄の滝に行きつきました。岩を滑るように流れる水の姿は、箕面の大滝の男性的な豪快さとは異なり、女性的な繊細さを感じます。

岸壁を滑るように流れる滝の姿は、白い糸が繋がったようで、趣のある風情を見せていました

 

 滝の姿に見入ったあとは、急峻な坂を一気に登り、海の見える丘を経て教学の森でランチタイムです。

 

滝の見える川原からガレ場の急坂、滑りやすい土の斜面を登り、海の見える丘へ

 

急坂を登ると、一気にお腹の虫が騒ぎ出しました。ご馳走を頬張れば、自然とよもやま話が弾みます

 

 お弁当に舌鼓を打った一行は、わくわく展望台を経て平和台北口に下山し、仮解散しました。
 

時間を忘れ、わくわく展望台から大阪平野の眺望を愉しむみなさん

 

わくわく展望台から平和台北口公園までは一気の下り。全員無事下山し、解散しました

 

 この日は、みなさんのご協力で、7.5キロのゴミを回収しました。有難うございました。

  

 

 住宅街から一歩入ると、散在する廃屋や廃寺が無残な姿をさらしていました。その光景は、時間が止まったような不思議な気持ちを呼び起こします。そして、かつてここで営まれた生活に思いを馳せると、過ぎ去った時間の感傷とともに人々の営みの虚しさを感じます。

  野の花の数が減り始め、紅葉が山を飾るという二十四節気の「霜降」も過ぎました。この日は雲が広がり、坂を登ると汗ばむような蒸し暑さでしたが、訪れた石澄の滝や周辺の山里に、深まる秋を感じたハイキングでした。

 

 お花が散って 実が熟れて

 その実が落ちて 葉が落ちて

 それから芽が出て 花が咲く

 そうして何べん まわったら

 この木は御用がすむかしら

     ―金子みすゞ「木」−

 

 最後は、みなさんの記念写真です。素敵な笑顔が並びました。

 

次回は11月23日(土)に実施します。集合場所は9時30分阪急箕面駅前です。多数のご参加をお持ちしています。

                                   担当隊員一同 (写真と文 竹内)

 

 

  

  

 
 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734