HOME > 活動ブログ

2019.07.25.「明ヶ田尾山方面コース・ゴミ格闘編」実施報告。

梅雨明けし日の空の青雲の白(宮地怜子)

気象庁は昨日、近畿地方の<梅雨明け>

を宣言致しました。これは統計上、最も

遅く異例です。この間、長雨は人の心を

沈鬱にし、青空に恋い焦がれたものです

。が、日本文学研究者・ドナルド・キー

ンは<日本の雨の風景は格別で、殊に

梅雨の季節に最も心惹かれる>と記し、

米国人の心を魅了している一面もあるよ

うです。ともあれ、梅雨が明けました。

掲句のように、<空の青雲の白>を山々

で楽しみましょう。

♬ 夏山恋うる つぶやきを

  夕餉のあとに 母問いぬ

  憂いを断てず 夜を寝ず

  指先きたどる 古き地図 ♬

       二村一平「夏山恋歌」

本日も大きく、広く澄み切った青空を求め

て、一般参加者11名、隊員7名の総勢

18名で<箕面川ダム湖>へ向いました。


瀧道に咲く、ナツフジ。

俳人I隊員の一句。

 

夏藤や道往く人の頬を撫で (篤老)

 


<梅屋敷>のオニユリ。

 

鬼百合が鬼に戻ってゆくさまを

   尼僧のやうな眼で見つめをり

       (笹井宏之)

 


<躑躅ヶ原>前にて。

本日、参加戴いた18名の皆さんです。

梅雨明けの朝の笑顔が素敵です!

 

梅雨明くることにも希望托したく

       (柏井幸子)

 


瀧道で写生されている市民の皆さん。

心穏やかな日、

絵心も大事にしたいですね。

    (ご協力:絵画クラブの皆様)

 

一枚の絵の中で

僕は音楽のように

心をなぐさめるものを語りたい。

そのために僕はいつも色彩の輝き、

色彩のふるえを探し求めているのだ。

 (フインセット・ファン・ゴッホ

 


瀧安寺広場にて。

咲き残る、ガクアジサイ。

 

あじさいの花は むねのなか

生まれてくるいのちをだいて

小さなゆめを燃やしつづけ

そらをみつめてさくのだろうか

うつむかないで きらきらと

なかまのような あじさいの花

     門倉詇「あじさいの花」

 


瀧安寺広場にて。

準備体操。AM9:20。

 

冬があり夏があり

昼と夜があり

晴れた日と雨の日があって

ひとつの花が咲くように

悲しみも苦しみもあって

私が私になってゆく

    (星野富弘)

 


瀧安寺広場に咲く、ノダフジ。

 

藤棚は箱船にして花嫁が

  ひと夜を越ゆるむらさきの波

      (谷井美恵子)

 


<野口英世像>下を歩む。

 

諸鳥の声飛び交ひて梅雨明くる

    (香月公恵)

 


瀧道に咲く、ツユクサ。

 

木漏れ陽のゆれているところ一叢の

    つゆ草の青にわれはよりゆく

        (猪野ちづい)

 


<古場の修業所>付近を歩む。

 

♬ 梅雨明けの 大滝道で

  重いリュックを 支えてくれた

  ついていきたい 

  あなたのあとに

  ふりむかないで 夏百合の人 ♬

    田中初江「ふりむかないで」

 


雲隣展望台登り口付近に咲く、夏百合。

 

百合ひらく風新しき山の道

     (森景ともね)

 


府道43号線沿いにて。

大量の不法投棄物を回収される皆さん。

一般参加者の女性陣の奮闘振りです。

ありがとうございました!

 


府道43号線沿いに咲く、ネジバナ。

 

捩花はねじれて咲いて素直なり

      (青柳志解樹)

 


府道43号線沿いの、湧き水。

気温34℃を越える猛暑と

蒸し暑さに耐えかねて山水を手に

汲む皆さんでした。

 

身をかがめ泉汲む手の広さかな

    (岡村昭則)

 


箕面川ダム湖・遊歩道にて。

ランチ・タイム。AM11:20。

 

生きるのに僕には僕のペースあり

    飴玉舌に転がしながら

     (萩原慎一郎)

 


遊歩道より仰いだ梅雨明けの空。

この入道雲の壮大さ。

ブルックナーの交響曲の世界です。

 

いささかの力湧きくる思いして

  梅雨の明けたる入道雲仰ぐ

      (高尾靖子)

 


遊歩道を歩む。

 

遠き嶺近き山梅雨明けにけり

     (工藤義夫)  

 


遊歩道の<蛍袋>。

 

しろじろと待つ虚ろさにうなだれて

      蛍袋は夕ぐれの花

        (国見朝子)

 


自然研究路6号線沿いに咲く、

<キツネノカミソリ>。

この箕面川周辺に毎年、群生し、

人気の観察地帯となっています。

 

わが立てばきつねのかみそり揺れにけり

      (加藤楸邨)

 


才ヶ原林道から<こもれ日展望所>への登

り口。一昨日、このハイキング道の11階

段を整備されました。誰が補修整備された

とお思いでしょうか?我が隊の現場総指揮

官のK隊員お一人で完成されました。あの

高温、多湿の中で、滴る汗を流しながら。

この筋金入りのボランティア精神とその実

行力には敬服します。感謝!

でも、もう、無理をなさらずに。

 


府道43号線沿いの才川への

急斜面にて。300mに渡る、

大量の不法投棄物です

 


急斜面につき、安全性確保のロープを

張り始めます。這わなければならない

程の急斜面です。

 


その命綱のロープを伝って、急降下し

て行きます。この慎重さが肝要です。

 


<義を見てせざるは勇無きなり>と一般

参加者の女性も参戦して戴きました。こ

の種の危険作業は通常、隊員のみで行い

ますが、ご本人の強い要望でお手伝い戴

きました。これは市民と隊員とのコラボ

です。感謝!



不法投棄物と、いよいよ格闘技開始です。



斜面下方現場での作業も必死です。

 


「才川」下方部にも大量のゴミが

投棄されていました。

 


ほぼ回収の目処が立ち、引き上げ

作業に入ります。

 


これは引き上げ全ゴミのほんの

一部です。本日のゴミ回収量は

18.7kgにも及びました。

 


全不法投棄物回収後の山斜面です。

こんなにも美しくなりました。

高温、多湿の中での

作業、お疲れさまでした。疲労度も

ピークだったと思います。感謝!で

す。殊に、お手伝い戴いた一般参加

者のMさん、ありがとうございまし

た!

 

本日は高温、多湿で不快指数もうなぎ

登りで、さらに大量の不法投棄物に悩

まされたハイキングでした。が、梅雨

明けで幾分、和むひと日でした。さて、

先日、朝日新聞の「声」の欄に<レト

ロな喫茶店ぜいたく空間>と題する投

稿がありました。「昨今、レトロな喫

茶店に行くと様々な人達が集い、その

話声や笑顔など、が好きになった。こ

の空間を離れたら二度と会うことはな

いが、私達の人生は緩やかに交わって

いてこれはぜいたくな空間である」

との趣旨です。一杯のコーヒーから。

思えばクリーンハイキングも贅沢な時

間で人生は緩やかに交わっていること

を気づかせて戴いた次第です。

一杯のコーヒーから

夢の花咲くこともある(藤浦洸)

それでは皆さん、また8月にお逢い

しましょう。ご機嫌ようさようなら。

コース担当者一同

(文責:森岡)

 

 

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734