HOME > 活動ブログ

2019.07.05 六個山・ようらく台コース  実施報告

赤、橙、黄と色づいたウワミズザクラの実。木立を抜ける風に揺れて、宝石のように輝いていました

 

 この日は、梅雨の中休み。時おり薄日が射す曇り空となりましたが、久々のハイキングとあって阪急箕面駅前には32名(一般参加20名、隊員12名)のみなさんが集まりました。梅雨時独特の蒸し暑さのなか、熱中症などを考慮してコースを短縮しましたが、久しぶりに緑が深まった箕面の山歩きを堪能することができました。それでは早速、紹介しましょう。

 

 この日のルートは瀧安寺から桜谷を登り、望海の丘、わくわく展望台を経由して教学の森で昼食休憩後、六個山へ。登頂後、西尾根を下り教学の森入口でゴミを回収し、仮解散しました。

   

滝道を塞ぐクレーン車。見上げれば、危険木の処理が行われていました

 

連日の雨で、斜面は滑りやすくなっています。瀧安寺広場で入念に準備体操するみなさん

 

   

準備体操後、桜広場を経由して桜谷へ。いよいよ急登の始まりです

   

桜谷は蒸し暑く、谷を渡り九十九折の坂を登ると、たちまち汗が吹き出しました

久しぶりの桜谷の急登はこたえました。坂を登り切って一服です

  

夏山のハイキングは、水分補給が欠かせません。それぞれの特製ドリンク?でのどを潤しました 

 

 一行は、望海の丘で休憩後、ハート広場からわくわく展望台を経由して教学の森で昼食を摂りました。 

 

望海の丘から尾根筋へ。時おり吹き過ぎていく風が、火照った体を冷ましてくれました 

ハート広場から林道へ。雨に洗われた木々の緑に癒されました

 

教学の森での昼食です。久々のハイキング、いつも以上に楽しい時間となりました

 

 ここで、この日であった夏の花々、実りを前にした木々の実を紹介しましょう

  

(左から)ネジバナ、ヤブガラシ

   

(左から)ネズミモチ、マルバルコウソウ、リョウブ

  

(左から)モミジ、アリドオシ、アケビ

 

 昼食後、六個山を登って山頂から西尾根を下り教学の森入口へ。ここでゴミを集め、仮解散しました。

 

六個山までもう少し。最後の登りです。山頂で休憩。残念ながら大阪平野の眺望は臨めませんでした

 

西尾根で仲良く水分補給。そして、最後の下り。仮解散地点はもうすぐです

    

この日参加された皆さんの記念写真です。

 

 最後になりましたが、本日は3.6キロのゴミを回収することができました。ありがとうございました。

   

 

 久々のクリーンハイキングは、時折薄日も届きましたが蒸し暑く、山歩きには厳しい一日となりました。それでも、連日の雨に洗われた瑞々しい木々の緑や、野鳥のさえずりが一服の清涼剤となりました。山を歩いてこそ得られる喜びです。そして気が付けば、もう一年の半ばを過ぎた7月。季節の移ろいを告げるかのように、山はすっかり夏模様となっていました。

 さて、来たる7月7日は、五節句のうちの一つの七夕(たなばた)。奈良時代に中国から伝来してきた文化です。縁起の良い「陽数」とされる奇数が連なる7月7日の夕べに行われるため「七夕の節句」というのだそうです。また、笹を用いて行事を行うことから、別名「笹の節句」と呼ばれています。一般には織姫と彦星が1年に1度だけ会える日という伝説がよく知られていますし、笹を飾り短冊に願い事を書いて結びつけると願いがかなうとも言われています。天気は曇りから晴れへ。箕面駅前の笹に吊るされた色とりどりの短冊に記された願い事はかなのでしょうか。

今年も阪急箕面駅前に七夕の短冊が風に揺れていました。短冊に記された願い事の数々。実現すればいいなとシャッターを押しました。願い事のいくつかを紹介します。

    

 

 それでは来月、8月2日にお会いしましょう。

                                担当隊員一同 (写真と文 竹内)

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734