HOME > 活動ブログ

2019.05.03 六個山・ようらく台コース  実施報告

山は若葉から青葉の季節へ。清々しい緑のモミジ葉の下には、小さな花が密かに咲いていました

 

 ゴールデンウィークも終盤となった53日、元号が「令和」になって初めてとなるクリーンハイキングを実施しました。この日を待ち焦がれていたかのように、集合場所の箕面駅には39名(一般参加30名、隊員9名)もの皆さんが集まり、若葉から青葉へと移ろう箕面の山の緑を愉しみました。それでは早速、この日の模様を紹介しましょう。

 

 この日は小川口から憩いの丘、わくわく展望台を経て六個山へ。山頂での昼食後、北斜面を下りドライブウェーを歩いてようらく台から落合谷を下り、ここで仮解散しました。

 

一行は、箕面駅のコンコースを通り、住宅街を抜けて小川口に向かいます

   

満開のつつじに見送られ、小川口へ。ここで急こう配に備えて、準備体操で身体をほぐしました

 

小川口からはいきなりの急坂。5月の陽ざしを背に受けて、青葉のトンネルを登ります

 

そろそろ息切れするころ、憩いの丘に到着。給水タイムです

 

 

休息後、緑のなかをわくわく展望台に向かいました

愉しみにしていた大阪平野の眺望は、春霞に包まれていまひとつ。残念でした

 

 ここで、一行の目を愉しませてくれた春の花々を紹介しましょう。

秋にはアケビに似た実を実らせるムベの花

  

(左から)カラタチ、ヤマツツジ、フジ

  

(左から)ムラサキカタバミ、コバノガマズミ、ヤブヘビイチゴ
 

 わくわく展望台で一息入れた一行は、六個山へ。そろそろ、お腹の虫も騒ぎ出しました。山頂では楽しみだった大阪平野の眺望は、あいにく靄がかかりいまひとつ。それでも薫る風のなかで昼食は格別でした。

 

休息後、林道から六個山山頂へ。急登も、もう少しです

ひと汗かいて、お腹もすいて・・・。山頂での昼食タイムです

 

お弁当を食べながら、近況報告?でしょうか。女性陣の話題は果たして・・・?

 

 この日の大阪の予想気温は真夏日。何度も給水タイムを設けました。

  

美味しそうに水分補給する(左から)一般参加のNさん、蟻皸、一般参加のOさん

 

 六個山を後にし、ようらく台園地へ。お腹も満たされ、足取りも軽くようらく台園地へ。

 

六個山の北斜面を下り、川を渡渉。石澄川の水は、涸れていました

 

ケルンをあとにし、ようらく台園地へ。しばらくドライブウェーを歩きます

ようらく台園地で一息入れるみなさん。イノシシに荒らされていた芝生も、息を吹き返していました

 

 鮮やかな新緑に覆われた山道はなんとも清々しく、都会では得難い癒しをプレゼントしてくれました。そんな若葉の数々です。

  

(左から)コシアブラ、アラカシ、ヤマウルシ

  

(左から)サクラ、カマツカ、ホウ

花芽を出したタカノツメ。透き通るような若葉が、涼を誘いました 

 

 閑話休題。昼食後は少々、足の運びが悪くなりました。それでもようらく台、十二曲がりを経て尾根道から落合谷の急斜面を下り無事、下山しました。お疲れ様でした。

 

ようらく台園地を出発し、十二曲がりを下ります

 

尾根道を歩いて落合谷の入口に到着。ここで、急な下り坂に備えて、柔軟体操を行いました

台風にも負けず、大空に枝を広げてそびえる大ケヤキ。枝先には若葉が萌え出ていました

 

 昨年の台風21号で大きな被害を受けた落合谷を歩くのは久しぶりです。想像以上に整備が進んでいました。けれども、まだ通行できないルートが残っています。一日も早い復旧を願いながら、谷を下りました。

 

足もとを這う木の根や、伐採された木に気を付けて、ゆっくりと坂を下ります

 

丸木橋を渡り、足場の悪い谷筋の道は気を抜かずに進みます

切れ落ちた滑りやすい斜面の道は、ロープを頼りに足場を確保

 

谷に下り渡渉。落合谷を無事下り、ここで整理体操後、仮解散しました

 

この日参加されたみなさんの笑顔。夏のような陽気でしたが、元気に完歩されました。ご苦労様でした

 

 ところで、5月3日は「憲法記念日」で国民の休日です。一方、5月の5(ゴ)、3日の3(ミ)をもじった「ゴミの日」でもあります。この日も意欲的のゴミを回収していただきました。総量は7.5キロにもなりました。有難うございました。

  

ゴミを回収するみなさん。また、箕面の山が美しくなりました

ゴミ回収量は7.5キロ。ご協力ありがとうございました

 

 連休前半は、いま一つだった空模様も、この日は晴れ間が広がりました。夏を思わせる陽気となりましたが、「風薫る5月」を堪能することが出来ました。暦では八十八夜も過ぎ、山道で出会った木々は、萌黄色の若葉から青葉へと変わり始め、季節は早くも「初夏」。折しも時代は「平成」から「令和」へと移り、時の過ぎ行く速さに戸惑いながらも、心地よい5月の風を受けて、綾なす緑の清々さを堪能したハイキングでした。

 

 一年の歳月を耐えしのんでいたものが

 いっせいに花ひらく眩しさ

 五月の風は

 なぜか私を羞恥にそめる

 人間のつくるものは

 鼻唄まじりどうしてこんなに雑なのだろう

 ひとむらの

 わすれなぐさの花のいろ

 それさえ長い月日をかけて水色に咲きこぼれ

 ちり紙のように使いすてた

 わたしの一日一日は

 薫風のなかにひらひらあらわれ

 みっともなく照れている

       ―茨木のり子「五月の風は」−

 

掉尾は落合谷を覆う新緑。薫風が緑のグラデーションを揺らし涼を誘いました

 

 次回は6月7日(金)に実施します。多数のご参加をお待ちしています。

                    担当隊員一同 (写真と文 竹内)

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734