HOME > 活動ブログ

2019.04.08 谷山谷コース

 大阪は春真っ盛り。各地の桜の名所では、陽気に誘われて満開の桜の下で宴を催す光景が見られるが、ここ箕面の桜の賑わいも負けていない。街中のソメイヨシノも華やかだが、山に咲くヤマザクラも今が我が世と咲き誇っている。

 ヤマザクラは日本の桜の基本野生種の代表的なもので、寿命が長く大木になる。古くから和歌にも読まれてきた。

 

 「 敷島の大和心を人問わば 朝日に匂う山桜花 」は本居宣長が日本人の心を謳ったものとして有名だ。

 

 さて、今日は谷山谷コースのクリーンハイキング。少し前の天気予想では曇りや雨の予想であったが、直前に午前中の早い時間帯から回復するとの予報に変わり、みごとにその通りになった。

 白島荘横の集合場所に集まったのは一般参加8名、隊員9名の17名。今日はこのメンバーでクリーンハイキング。

 

 

 集合場所に行く途中の空き地で見つけた土筆

 

 とんど山桜園の桜が満開という情報で、今日は全員桜園の横を通り桜を愛でながら白姫神社に行くことにする。

 

 桜園のソメイヨシノは満開

 

 同上

 

 まるで雲海がたなびくよう!

 

 近くの山腹を眺めるとヤマザクラが咲き乱れています

 

 いつものように白姫神社横の広場でハイキングに当たっての注意事項を説明し、準備体操をして出発。

 

 参道中腹に建てられた新しい社。以前の物は赤く塗られていましたが

 

 本殿前で休憩し、各々水分補給をします

 

 本殿横を抜けるとハイキング道に入ります

 

 山道になるとところどころ春の訪れを告げるように、木々の若葉が目立つようになり、コバノミツバツツジのピンクの花が目を楽しませてくれます。

 

 リョウブの若葉

 

 ヤマザクラ

 

 ウワズミザクラの花序

 

 コバノミツバツツジ

 

 クロモジの新芽

 

 次の休憩場所では植物に堪能のMさんを中心に観察会が始まる。興味のある参加者が集まって、ああでもない、こうでもない。

熱心な人はメモっている。

 

 

 

 よく見えるように枝を引き寄せて

 

 観察していたのはオオバヤシャブシ

 

 満開のコバノミツバツツジ

 

 歩いていると、木々の間から白い大きな塊が見られました。モクレン科の花らしいのですが、遠くでよく判りません。コブシ?タムシバ?望遠で撮ってみましたが、花の下に葉があるのかどうかはっきりしません。

 

 コブシ?タムシバ?

 

 南山へ上る最後の休憩所で一息つきます

 

 最後のきつい上りをこなし、南山の頂上へ。ここで昼食。風が少し強い。陽が陰ると肌寒い。昼食後記念写真を撮り、早めの下山。

 

 今日参加の皆さん

 

 いつもと同じコースで谷山谷を下ります。途中、白姫神社前の花壇の奥にあった廃棄物を回収し、午後1時半ごろ白島荘横の集合場所に無事帰り着きました。

 

 アセビの花が残っていました

 

 ウグイスカグラ

 

 イロハモミジの新芽

 

 川沿いに谷を下る

 

 ニワトコの花

 

 満開のヤマザクラ

 

 全国には大きなヤマザクラが発見されています。中には胸高径が8mを超える巨木がありますが、その多くは年代を経て幹に大きな空洞ができています。3mを超える木が巨樹とされていますが、箕面にも3mを超えるヤマザクラが存在します。下にその写真を掲載します。これだけ大きくなるのにどれぐらいの時間がかかったのでしょうか。大切にしたいものですね。

 

 

 

 

 

 今日のごみの回収量は土のう袋3袋と手押し車などの投棄物33kg、タバコの吸殻は84本でした。

 次月度は勝尾寺参道を歩きます。

                    文責 H.T

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734