HOME > 活動ブログ

2019.04.02 山の辺の道Cコース

 新元号が令和に決まった。大方の予想は当たらなかった。令和に決まった後、すぐにYahooで入力しても変換できなかった。「令」と「和」を入力して検索したところ、早稲田大学教授の川岸令和氏の名がヒットした。氏の名前の方は、「ノリカズ」と読むようだ。令という文字が元号に用いられたことはないそうだが、和の方は今まで19回用いられている。昭和がそうであり、江戸時代では元和(1615〜1684)、天和(1681〜1684)、明和(1764〜1772)などがある。但し元和は連声の関係で「ゲンナ」と読む。新元号が決まったことで、平成の世が少しばかり遠くなったと感じるのは私だけであろうか。

 

 さて、4月に入り桜の花も咲き始めたというのに、しばらく花冷えの日が続くという。今日は一枚余計に着込んで集合場所に行く。

 今日のコースは山の辺の道Cコース。白島荘横を出発し、とんど山の桜を観賞して青松園住宅へ。住宅地から外院の森に入りウツギ谷へ抜ける。ウツギ谷を少し下り、途中から東へ進み勝尾寺参道へ出る。参道の長池の横から善福寺が原の方へ進み、善福寺へ。善福寺からはまっすぐ南へ下り皿池公園のゴールへ。

 

 

 集合場所の白島荘横

 

 とんど山桜園、今は3〜5分咲きといったところでしょうか、今週の土日には満開になるでしょう

 

 桜園のソメイヨシノ

 

 桜園のフェンス沿いのレンギョウは満開です

 

 青松園住宅から外院の森に入り、山道を進みます

 

 ヤブツバキはまだ花を付けていました

 

 スミレ(種類は不明)

 

 ウツギ谷を抜け、勝尾寺参道にでて休憩をとる

 

 池の土手から見た外院の辺り、遠くにエキスポの観覧車が見えます

 

 ヤマザクラは満開です

 

 善福寺の境内で記念写真

 

 善福寺で一服し、畑の間の道をまっすぐ南に下り、皿池公園に向かいます。

 

 植木園に咲いていたシキミの花

 

 道端の枝垂桜は7分咲き

 

 本日回収したごみの量は土のう袋2袋、5.0kg、タバコの吸殻は237本でした。

 

 次月度はここ皿池公園から粟生間谷の法泉寺まで歩きます。     文責 H.T



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734