HOME > 活動ブログ

箕面滝道の紅葉情報 2018.11.30

 前回報告より10日ほど経ち、滝道の紅葉もますます進んできた。11月21日の報告と見比べてもらえれば、進み具合がよく判っていただけると思う。今日も前回、前々回と同じコースを歩いた。

 

 鳥居を潜り西江寺の境内に入ると、真っ赤に紅葉したモミジが目に飛び込んでくる。10日前はまだ緑の葉が残っていたのだが。

 

 西江寺

 

 境内のイロハモミジの紅葉が進むのに伴って、早くから紅葉していたオオモミジの方は変色し始めていた。

 

 西江寺本堂前のオオモミジ

 

 西江寺から滝道に入る。滝道入口付近の紅葉も大分進んでいる。中には散り始めている木もある。

 

 音羽山荘前のモミジの紅葉

 

 夫婦橋付近の紅葉

 

 昆虫館近くの川床「磯よし」の裏手

 

 瀧安寺横の広場付近の紅葉

 

 前回はまだ色づいていなかった瀧安寺裏手の一行寺カエデと妙音天像前のオオモミジの様子を見に行く。どちらも鮮やかに色づいていた。

 

 黄葉した一行寺カエデ

 

 妙音天像と紅葉したオオモミジ

 

 滝道に戻り、景色を見ながら上っていく。一の橋と大滝の中間点辺りに旧「琴の家」があり、その山手側の小道を20m程登ったところに野口英世像がある。この辺りのモミジも鮮やかに紅葉している。

 野口英世像の周りには以前はモミジが何本か植わっていたように記憶しているが、今はさみしく1本だけ残っている状況である。折角なのでモミジの木を植えたらどうだろうかと思う。

 

 大滝までの中間点付近の紅葉

 

 野口英世像

 

 修業の古場休憩所前にタマミズキの木が立っているが、葉っぱがだんだん少なくなっている。葉っぱが全部落ちてしまうと赤い実だけが残って花のように見え、それはそれで美しい。

 

 タマミズキ

 

 修業の古場付近の紅葉

 

 陽に映える紅葉

 

 唐人戻り岩の前を通り、戻り橋を渡ると峡谷のような感じになる。ここは陽が入らないせいか、紅葉がいつも遅い。その場所が今日はところどころ紅葉している。ここから大滝まではすぐそこだ。

 

ところ

 戻り橋を渡って

 

 滝見橋を望む

 

 大滝の前のモミジの紅葉をあまり見たことがなかったが、珍しく紅葉している。

 

 箕面大滝

 

 瀑布と紅葉

 

 大滝を見たあと、一目千本から大滝の上に出る。対岸の山にもあちこちに赤い塊が見られる。

 

 一目千本付近

 

  

 落葉                      コマユミ

 

 坂の途中の紅葉

 

 対岸の山

 

 一目千本付近

 

 帰りは滝道の左岸を歩いた。

 

 左岸の紅葉

 

 ライオン岩付近から鶴島橋を望む

 

 旧琴の家

 

 今日で11月が終わる。来週の後半は寒くなりそうであるが、滝道の紅葉はもう少し楽しめそうである。

 

                       文責 H.T



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734