HOME > 活動ブログ

2018.11.24 石澄の滝コース  実施報告

燃えるようなドウダンツツジの紅葉。新稲の里の高台から深まる秋を告げていました

 

 師走が近づき、朝夕の冷え込みが一段と厳しくなってきました。各地から雪の便りも届き始めています。冬の到来を告げるかのような寒い朝になりましたが、集合場所の阪急箕面駅には16名(一般参加9名、隊員7名)の皆さんが集まりました。

 

  

絶好のハイキング日和。大勢のハイカーでにぎわう阪急箕面駅を定刻に出発

駅のそばの箕面川では、アオサギが佇んでいました。私達を見送ってくれていたのでしょうか?

 

 この日は、阪急箕面駅からスカイアリーナへ。ここで準備体操を済ませ山麓線(府道9号箕面池田線)を歩き、東畑から石澄の滝へ向かいました。滝の風情を味わったあと、急斜面を登り海の見える丘からわくわく展望台へ。大阪平野の眺望を満喫した後、平和台北口公園に下山しました。初冬の装いに包まれ始めた北摂のミステリースポット。それでは、早速、この日の模様を紹介しましょう。

朝の陽がさんさんと降り注ぐスカイアリーナ前で準備体操するみなさん

  

住宅街を抜けミステリースポットに入りしばらく歩いてゴロタ石の川原を渡渉

 

枯葉が積もった道は、落ち葉の絨毯のよう。サクサクと心地よい音を立てて奥へ‼

 

 深まる秋、そして、冬支度を始めた北摂の山々。その山裾を流れる石澄川のせせらぎを聴きながら、落ち葉の積もった道を遡ると、見慣れたはずの風景が、これまで以上の感傷を誘いました。崩れた廃屋、廃坑、傾いた廃寺・・・。この場所から人々が去ってから長い時間が過ぎて何度も訪れた冬。そのたびに、ここでの人々の生活の痕跡が薄れ、自然に帰っていくさまが、寂しさを募らせます。

  

倒木をくぐり先へ進むと、廃寺が見えてきます。倒壊した建物がもの悲しさを誘います

廃寺を横目に、川沿いの道をさらに遡ると・・・

  

朽ち果てた小屋、廃坑が現れます。秦野鉱山と言われたこの一帯は、廃坑跡が散在しています

  

川を渡ること数度、再び廃寺に出会います。U隊員が即席ガイドを務めました

 

 朽ち果てた廃寺の姿に感傷的な気持ちになって間もなく、寒々とした滝の音がかすかに聴こえてきました。岸壁を這うように流れ落ちる水が、白い糸のように見える石澄の滝です。住宅街からさほど離れていないところにあるというのに、人の気配が希薄な滝。箕面の大滝とは一味違う、繊細で優美な姿を見せてくれました。

  

廃寺をあとにして笹薮を抜け滝の見える川原へ。遠目に滝を眺めながらのランチタイムです

この日は滝の水量が少なく、岸壁を滑るように流れ落ちる水は、白い糸のように見えました

 

 ここで一息入れましょう。この日出会った初冬の花、晩秋の木々のいくつかです。

    

左からヒイラギ、サザンカ、ジュウガツザクラ

  

左からクロガネモチ、ツタ

風に揺れるススキの穂。過ぎ行く秋にさようならを告げているようでした

 

 閑話休題。滝の眺めを満喫した一行は、このあと急坂を登り林道を歩きわくわく展望台へ。眼下の北摂の街を見ながら休息をとり、平和台北口公園に下山しました。

  
初冬の陽を浴びながら、眼下の眺望を愉しみました

わくわく展望台での記念撮影。みんさん「いい顔」をありがとう!!

  

平和台北口公園に無事下山。お疲れ様でした。箕面駅では「滝の道ゆずる」くんが大活躍していました

 

 雪がちらつき始めるという二十四節気の「小雪(しょうせつ)」が過ぎ、暦通り遅かった雪の便りが各地から届くようになりました。北摂の紅葉もそろそろ終盤を迎え、やがて山々は冬装束をまといます。今日歩いた山道にも落ち葉が深々と積もり、冷たい空気に包まれていました。師走はもうすぐそこ。過ぎ行く秋を惜しみながら歩いた一日でした。

 

 散るよ 散るよ

 木の葉が散るよ

 風も吹かぬに

 木の葉が散るよ

 ちらちら ちらちら

 ちらちら

 

 飛ぶよ 飛ぶよ

 落ち葉が飛ぶよ

 風に吹かれて

 落ち葉が飛ぶよ

 ひらひら ひらひら

 ひらひら

      ―吉丸一昌「木の葉」−

 

空を覆うモミジの紅葉を透かして届いた初冬の光。その光景は、はっと息をのむ錦の絵巻のようでした

 

 

  

この日は、みなさんのご協力で、4.0キロのゴミを回収しました。有難うございました。次回は1222日(土)に実施します。集合場所は930分阪急箕面駅前です。多数のご参加をお持ちしています。

             担当隊員一同 (写真と文 竹内)

 

 

 

 

 

 

 

   

 


 

 

 

 

 

 

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734