HOME > 活動ブログ

2018.06.01 六個山・ようらく台コース  実施報告

夏の花、ユキノシタが満開です。遠目には白く見えても、近づいて見ると人が踊っているような、「大」の字のようななんともユニークな形をしています。漢方薬として用いられるほか、食用にもなるとか。俳句では「鴨足草」と記し、夏の季語になっています。

 

 6月最初のクリーンハイキングは、間もなく始まる梅雨が嘘のような好天となりました。箕面の山々は、新緑から深緑へと色彩を変え、夏に向かって着々と衣替えを進めていました。そよぐ風、澄んだ空、木漏れ陽の道・・・。参加された皆さんは、久しぶりに心地よい山歩きを満喫されたのではないでしょうか。

この日は桜谷を登り、望海の丘からわくわく展望台を経由し、六個山に登りその後、西尾根を下山。教学の森入口で仮解散しました。それでは早速、その模様を紹介しましょう。

 

  

遠足にやって来た児童が集まる箕面駅前を定刻に出発。瀧安寺広場へ向かいます

 

    

滝道では梅雨が近づいたことを知らせる、色とりどりのアジサイが咲いていました

 

  

いきなりの急登に備えて入念な準備体操を済ませ、桜谷へ向かいます

  

桜谷入口から続く急登。坂を踏みしめる足音、鳥のさえずり、風の音が静かな谷間に響きます

  

そろそろ息遣いが荒くなったころ猿が現れ、私たちを見つめて?いました

 

 ゆっくり急がず桜谷を登り終え、望海の丘を通り過ぎた木陰で小休止。給水後、「深緑」を愉しみながら昼食場所のわくわく展望台を目指しました。  

  

急登後、木陰で給水タイム。のどを潤す水が格別でした。深緑のなか、わくわく展望台へ

 

 心地よい汗を流すと、お腹が空いてきました。予定通り、わくわく展望台でランチタイムです。今回は、趣向を凝らしたお弁当のいくつかを紹介しましょう。

ヤマハゼの向こうに見える北摂の街。この景色、ランチタイムのもう一つの贅沢です

  

眼下の大阪平野を眺めながら、箸が進みます。癒しのひと時を過ごすことができました

    

   ピクルス付きのお弁当    玉子焼きの下には炒め物      おにぎり三種弁当

    

   そぼろに昆布、きんぴら          焼きめしと野菜の彩       白米の上の懐かしい梅干し  

    

    玉子焼きがのったノリ弁  シチューとおはぎの取り合わせ     おかずが豊富ですね

  

食後に出されたフルーツと紅茶。豪勢な?山上のランチタイムでした

 

天気もいいし、見晴らしもいいし、ここで記念写真を撮りますか・・・。この日、参加された皆さんです

 

 わくわく展望台で昼食、記念撮影を済ませ、一行は六個山へと向かいました。お腹が大きくなったせいか、登りは少々、応えましたが無事、山頂へ。休息後、西尾根を通り、下山しました。

 

  昼食後の登攀。みなさん足取りは重たそうです       林道から六個山への道へ

   山頂では、初夏の陽ざしを避け、木陰でしばしの休息。よもやま話が弾みました

  

六個山の正式名称は「松尾山」。山頂には二等三角点が置かれています

 

  

西尾根を下り、教学の森ゲートまで無事下山。みなさん、お疲れ様でした

 

最後に、この日目にした初夏の花々の紹介です。

 

                ネジキ                シソバタツナミソウ

  

         ドクダミ                  センダン

  

        テイカカズラ                ツルアリドオシ

 

 本日は、28名(一般参加者16名、隊員12名)のご参加をいただきました。そして7.5キロのゴミを回収することができました。ありがとうございました。

 

 

箕面の山々は、「新緑」から「深緑」へと様変わりをはじめ、ネジキなどの初夏の花が満開でした。この日は梅雨を前に、貴重な晴れ間のなかの山歩きを楽しむことが出来ました。

そろそろ梅雨入りが近づいています。6月は雨の多い月だというのに、陰暦では不思議なことにこの月を「水無月(みなつき)」と呼んでいます。調べてみたところ、「無」は「の」に当たる連体助詞で、「水無月」は「水の月」という意味になるのだそうです。また、昔は「水張り月」といったことから、「みなつき」になったという説も。このほか、大勢の人が協力して田植えを行うことから「皆尽月(みなつき)」になったという言い伝えもあります。箕面近辺でもあちこちに水田を目にするようになり、すっかり田植えの準備が整ったようです。

山や里で梅雨前の景色をあちこちで目にしたこの日は、絶好のハイキング日和になりました。熱中症などのトラブルもなく、緑が深まった若葉や初夏の花々、鳥たちのさえずりが涼を誘い、この上ない癒しとなりました。改めて、箕面の自然のすばらしさを感じた一日でした。

 風に言葉

 光に言葉

 木々の葉に言葉

 私たちにはわからない動物たちだけに

 聞える声が

 あ あるのだ きっと!

    ―高田敏子「風に言葉」から―

 

 それでは来月、またお会いしましょう。

                   担当隊員一同 (写真と文 竹内)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

    
 

    

 

    

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734