HOME > 活動ブログ

2018.05.01.「東海自然歩道コース(続・ローラー作戦編)」実施報告。

森五月やすらぎを知る無音界(鈴鹿 仁)

新緑が目に鮮やかで、そよ風が爽やかな、五月となりました。葉桜の下、

皐月や躑躅、さらには藤の花などの競演が目を楽しませてくれています。

聖母の名を負う五月は四季を通じて一番、美しいと言われてきました。

メンデルスゾーンのピアノ曲「五月のそよ風」(無言歌集)は、この爽

やかな五月の情景を音によって、豊かに描写してくれています。その旋

律は私達を優美で、清楚な世界に誘ってくれ、心を癒やしてくれます。

さあ、この曲を心で奏でながら、艶やかで青葉若葉が美しい五月の山々

を楽しみましょう。

♫ みどりのそよ風 いい日だね

 ちょうちょうもひらひら 豆の花

 七色畑に 妹の

 つまみ菜摘む手が かわいいな ♫

       清水かつら「緑のそよ風」

本日も<五月のそよ風>を楽しむべく、一般参加者9名、隊員5名の

総勢14名で「東海自然歩道」に向かいました。

 

古道・中ノ坂道に咲く、モッコウバラ。      

バラを見ていると、生命力が持つ自然の美こそ花の魅力だな、と感じます。

きれいに咲くのも、枯れていく儚さも美しい。瞬間を生きる意味をかんがえさ

せられる>  

斎藤峰明「暮らしに花を取り戻そう」より

 


瀧道に咲く、ミヤコワスレの花。

 

都忘れ紫にほふ花かげに

   恋ふる人さえ淡くなりつる

          (岩波香代子)

 

 


「音羽山荘」前を歩む。

 

緑の五月朝のそよ風メツォソプラノ 

                         (日野草城)

 


<梅屋敷>の、小手毬の花。

 

小手鞠の小さき花に見られゐる

    信うすきわれの短き祈り

         (北沢郁子)   

 


龍安寺広場にて。準備体操。AM9:20。

 

朝はふた々びここにあり

朝はわれらと共にあり

埋れよ眠 行けよ夢

隠れよさらば 小夜嵐

        島崎藤村「労仂雑詠」

 

瀧道の、藤の花。

 

藤の花だらりの帯を織りなして

    谷戸の緑に華を添えたり

          (中島孝夫)

 


「弁財天」境内にて。本日、参加戴いた14名の皆さんです。

 

手をつなごう

わたしからあなたへ

あなたからほかのだれかへ

どこまでも伝わっていく

ぬくもりとほほえみ

          

手をつなごう

ほほえみを交わそう

時の刻みは

一歩ずつ

たしかな明日を運んでくる

      坂本のこ「手をつなごう」  

 


地獄谷の木々の若葉。

 

おおらかに人和ませる若葉かな 

                         (岡村昭則)

 


箕面川河川敷にて。先月に続いての、再び、山ゴミ回収ローラー作戦です。

Kさん、Maさんが先陣を切って、降りて行かれました。

 


右先端より、我が隊の指南役、K隊員が手本を示しじめました。

 


続いて、ki隊員が回収支援に入りました。

 


中央辺ではKuさん、Tさんが回収中です。

 


さらに左前方での回収中の、Yさんと0さん。

 


中央辺りでは、T隊員とH隊員がゴミを土嚢袋に収めている最中です。

 


回収終了後の引き上げスタイルです。西部劇のガンマンのようでカッコイイ!!

 


引き上げ後の、後姿です。勝利者の風格が漂っていると思いませんか?

いいですよね。ここに隊の美学が現われいます。

 


最後の締めは、我等がスター、H隊員が行いました。この勇姿、とくとご覧あれ!

今回の山ゴミの全回収重量は 約10kでした。

 

いつまでも

美しくあってほしい

私たちの箕面の山!

   (箕面の山パトロール隊)           

 


府道43号線沿いに、早くも<卯の花>が咲きはじめました。

 

♫ うの花のにおう垣根に

  時鳥 早もきなきて

  忍音もらす

  夏は来ぬ ♫ 

    佐々木信綱「夏は来ぬ」

 


政の茶屋園地にて。ランチ・タイム。AM11:30。

 

おにぎりの中の魚を数えたら

   ツナ鮭いくらその他いろいろ

        (やすふじまさひろ)

 


Yさん手製の<わらび餅>。全員で、美味しく戴きました。

今日は、一日、幸せでした!

ご馳走さまでした!

 

高からぬ山を前途にわらび餅 

                      (山崎靖子)

 


えらいことになりました!

突然、みなさん、大騒ぎで駆けつけ、カメラを向けられました。

はて、はて、何事でしょうか?

 

 


噂の「ハナイカダ」の発見でした。別名は「ヨメノナミダ」(嫁の涙)。

素敵な名前ですよね、その名の由来も含めて、なにかと謎の

多い植物だそうですので、この機会に調べてみませんか。

 


自然研究路4号線を歩みます。

 

光る葉もみどりの蔭も五月かな 

                         (稲岡 長)

 


<がんたん橋>を渡る。

 

空晴れてまことに五月となりしかな

                          (稲畑汀子)

 


 

 

♫ 夏も近づく八十八夜

  野にも山にも若葉が茂る

  あれに見えるは

  茶摘みぢゃないか

  あかねだすきに菅の笠 ♫

      文部省唱歌「茶摘」

 


東海自然歩道にて。小休憩。全員にチョコ配られる。

 

少年の顔で受け取るチョコレート

     少女の顔で渡されたから

         (小橋辰夫)

 


東海自然歩道を下る。

 

灌木の坂降りくれば五月照る 

                  (金子照子)

 


東海自然歩道に咲く、朴の花。

    

咲くも無心

散るも無心

花は嘆かず

今を生きる

     (坂村真民) 

 


<ぎふちょう橋>を渡る。

 

木々の緑がほのかに霞んで見える風景は

あたかも一幅の絵のようだった。

      葉室麟 著「峠しぐれ」より

 


才ケ原林道の、犬桜。今が満開です。

俳人I隊員の一句。

 

高木の上に抜き出て咲く桜  (篤老)

 


<風の杜>付近に咲く、ニセアカシア (ハリエンジュ)の花。

 

揺れあひて木漏れ日受くる老木の

     ハリエンジュの白き花房

            (菊地幸子)

 


ニセアカシアが食べられることご存知でしたか?

Mさんより<ニセアカシアの花>の中国風調理方法を

教えて戴いている参加者のみなさんです。

天ぷら、唐揚げ、甘酢漬け、その他各種。

 

本日は27℃という真夏日に近い気温で、それなりに汗ばみましたが、爽やかな

五月の風のに吹かれて、再び山ゴミ回収のローラー作戦をしたり、晩春の花暦を

楽しんだり、野鳥の歌声に癒やされたり、非常に充実したひと日になりました。

お疲れさまでした。

さて、「本の雑誌」(2017.6月号)は<山の本ベスト30>を特集してい

ました。人はなぜ山の本を読むのか、そこに山があるからさ!とパロディテック

な切り口で始まるも、なかなかどうして、異色の山の本が豊富にノミネートされ

ています。まず、ベスト10までは「日本百名山」等の定番名著が並ぶのですが、

.團茱鵐鼻Ε螢優好、⊃眥召竜憶、I雪ピヴァーク、K、ダ犬隼爐諒

岐点、γ川岳、Д船腑乾螢凝伉此↓Ф白の5マイル、┣未討靴覆山稜、

還るべき場所、死のクレパス等々もチョイスされていて興味深々です。

この機会に名著でない本で山の登頂を果たしてみませんか。醍醐味受け合いです。

いただきの巌に立ちてもろ手あぐ

          ああ天上を風の過ぎ行く

          (来嶋靖生)

それでは、皆さん、また六月にお逢いしましょう。

ご機嫌よう、さようなら。

コース担当者一同

      (文責:森岡)

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

     

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734