HOME > 活動ブログ

2018.05.01 山の辺の道コース

 今日5月1日はメーデー。労働者の祝日となっている。しかし日本では最近はあまり話題に上ることはない。連合系の組合では4月28日に済ましたそうである。

 

 今日の読売新聞の朝刊の一面は、「脳科学」中国突進と題して、「科学強国」を目指す中国が経済発展を背景に脳科学の分野に力を入れ、実績を挙げつつある状況を解説している。猿を使った遺伝子改変の研究はもともと日本のお家芸であったが、実験用の猿を大量に飼育し、それを使って研究を進めるというやり方で、日本の牙城を崩そうとしている。

 

 日本が切り開いた分野には鉄系超電導物質の開発もある。この分野の研究は理論的には解明されていないことが多く、片っ端から元素の組み合わせを試験する力業が必要で、中国はこの分野でも多くの予算と研究者を投入し、実績を挙げているということだ。「中国の物量作戦に正面から挑んでも負けてしまう。日本独自の技術を育てて勝負すべきだ」との日本人研究者の言葉が紹介されている。

 

 さて今日の山の辺の道コースはDコース。

 皿池公園集合で、川合の春日神社まで歩く計画。

 ところがクリーンハイキングのチラシが箕面駅前集合と間違っていて、

I隊員が箕面駅前に待機し、駅前に来た人と一緒にバスで追っかけてくることになる。

 

 皿池公園集合組は準備体操をして定刻の9:30に出発。

 

 まず今日のコースの概略を示そう。

 

 皿池公園出発→勝尾寺参道の1本東の農道を善福寺の方に進む→双葉電機横を通り、車道に出る→西田橋を渡る→

山麓沿いの水路をガラシア病院方面へ進む→南に折れ奥の楠木神社へ→中村の天満宮→五字神社→法泉寺→

巡礼道を東へ→間谷住宅入口を横断→川合集落→川合の春日神社→勝尾寺川沿いの道を西へ→山麓線を西へ→

粟生団地バスターミナル→皿池公園(ごみ収集)

 

 

 善福寺方面の農道横。家庭菜園が並ぶ中に、整備されたバラ園がある。咲いているバラはまだ少ないが、満開になればみごとだろう。

 

 農道を抜けて車道に出て、西田橋方向へ向かう。車道横のソメイヨシノ。

 

 小さなサクランボがなっている。緑の葉と赤い実の対比に一枚パチリ。

 

 

 毛虫が付いていた。アゲハチョウの幼虫か。

 

 山の頂上辺りにシイの木の群生が見える。黄色く見えるのは、シイの花。あの辺りは素戔嗚尊神社の境内。

 

 ブロッコリーのように見えるシイの花

 

 西田橋を渡り、奥の住宅地へ。素戔嗚尊神社への上り坂の途中から、山麓沿いに流れている水路横の小道に入る。

 勢いよく流れる水路を200mほど進むと、ガラシア病院の横に出る。

 水路横の土手に赤い野生の苺がたくさんなっていて、

 ヘビイチゴかそうでないか意見が分かれる。

 

 ネットで調べると、ヤブヘビイチゴらしい。

 

 ガラシア病院の前を南に折れ、奥の楠木神社にでる。ここでI隊員らと合流する。

 

 水分補給の休憩。今日は蒸し暑いので喉が渇く。

 

 

 アカメガシワの新芽

 

 楠木神社から中村の天満宮へ。

 

 

 天満宮から五字神社へ向かう。途中、赤いベンガラの屋敷にでる。

 

 

 住宅の垣根のナツグミ

 

 

 ベンガラを塗った屋敷。ベンガラを使うのはお金持ちの印ということを聞いたことがある。

 

 

 立派な松や真っ赤なツツジを配した庭のような広場

 

 五字神社に着き、トイレ休憩。境内には大きなムクノキがある。しめ縄が飾ってあり、神社の神木になっている。この大木には6月になると、アオバズクが飛来する。するとどこからかカメラマンが集まってくる。

 

 奥に写っているのがムクノキの大木

 

 五字神社を出て山の口の集落に入ると、まもなく法泉寺。

 

 法泉寺の境内。黒松とカイズカイブキの名木。

 

 法泉寺の境内を見学した後、更に東へ進む。

 

 間谷住宅入口近くの道路脇のごみを回収する。この辺りはごみが多い。回収に時間がかかる。

 

 少し進むと、交差点。上をモノレールが走る。

 

 

 

 お庭の大きな鯉のぼり。風がないので、泳げず残念!

 

 川合の春日神社に到着。昨年の台風で神社を覆っていた建物が倒壊しそうになり、つっかい棒。今は周りに侵入禁止のテープが張られている。

 

 

 

 神社前で記念写真。今日の参加者は10名。

 

 春日神社ががゴール点であるが、ごみ集積場所が皿池公園なので公園まで戻ることになる。

 戻りは勝尾寺川沿いの道をたどる。

 

 勝尾寺川ではコサギとカワウが仲良くエサ取り。

 

 粟生団地横のヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃの木)の並木。1〜2年前に植樹されたもの。

 

 

 ヒトツバタゴの花

 

 ここからは本日写したチョウチョや道端の草花を。

 

 ゴマダラチョウ

 

 

 ナガサキアゲハ?

 

 

 アオスジアゲハ

 

 

 ゲンノショウコ?

 

 ハルジオン

 

 次の写真はキンランです。箕面市内で写したものではありません。箕面の山でも見ることができますが、最近は少なくなっています。貴重な自然を大切にしたいものです。

 

 「語りつつ あしたの苑を歩み行けば 林の中に きんらんの咲く」

 新年の「歌会の儀」の天皇陛下の御歌です。皇居、東御苑二の丸庭園でキンランを見つけられた時の情景を詠まれたそうです。

 

 平成もあと1年で終わります。

 

 

 本日のごみ回収量は土のう袋3袋、6.2kg、たばこの吸い殻は514本でした。

 次月度は箕面駅前集合でAコースを歩きます。

                  文責 H.T



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734