HOME > 活動ブログ

2018.04.27.「辻調理師専門学校ボランティア体験」実施報告。

季節の進むのがいっそう早く感じられる今日この頃、「桜の季節」から「ツツジの

季節」へ、さらには「藤の季節」に移行し始めました。木々の若葉は眩しく、花々は

色鮮やかに競い、そのような春彩の染まる箕面の山々で、本日、辻調理師専門学校・

高度調理技術マネジメント学科3年制のみなさんとご一緒に、雲隣展望台まで、クリ

ーンハイキングを実施致しました。


阪急・箕面駅前にて。本日、参加戴きました、<高度調理技術マネジメント学科>の

3年生のみなさん(30名)&隊員等(14名)の総勢44名の人々です。AM10:00。

爽やかな朝に、若さ溢れる笑顔、とても素敵でした!さあ、がんばるぞ!

 


駅ステージ前へ移動。当隊のI顧問より、歓迎の挨拶。

 


同じく駅ステージマ前にて。Kリーダーより、安全面に関する諸注意事項の

説明。<安全はすべてに優先する!>の言葉が印象的でした、とは生徒のみな

さんの声。

この後、安全を考慮し、A班15名、B班15名の二班に編成致しました。

 


いよいよ、入山開始で、新緑を楽しみながら、作業現場に向かいます。

生徒のみなさんと隊員の会話が弾みはじめました。

 


山路で、<モチツツジ>が笑顔で迎えてくれました。

「気をつけて、行ってらっしゃい!」と。

心が和む瞬間です。

 


聖天展望台下にて。

Tリーダーより、山ゴミ回収作業開始前の作業手順&注意事項の説明。

 


聖天展望口付近の山斜面にて。AM10:30。作業開始です。

かくも意欲的、積極的な若人の取り組みに隊員も脱帽。

 


「この山ゴミも僕達で運びます!」

問題意識を持って参加戴き、ありがとうございます。

この当事者意識こそボランティア活動には不可欠なんです。

 


A班(15名)の皆さんに回収して戴いた<山ゴミ>です。

全重量48kgでした。皆さん、ご苦労さまでした。



山ゴミを計画通り回収されたA班(15名)のみなさん。達成感、充実感が笑顔に溢れています。

お疲れさまでした!

 

見上げれば、頭上に「藤の花」が。一瞬、その美しさに息を呑むみなさんでした。

 


一方、この頃、B班(15名)は才ケ原林道出口にて、作業前の準備体操中でした。

 


いよいよ、才ケ原林道付近の山斜面で、回収作業開始です。AM11:00。

 


一心不乱に、根刮ぎ回収される、生徒の皆さん。

手際の良さも、さすが調理師ですね。

 

タイヤなど、お任せを!と勢いよく引き上げる生徒の方。これまた、脱帽ですね。

 


「ごみの重量も計るのですか?是非、私にもやらせて下さい!」と生徒のみなさん。

 


B班(15名)のみなさんが回収された山ゴミです。重量31.8kgもありました。

お疲れさまでした!

 


計画通り山ごみを回収されたB班(15名)のみなさん。

この満面の笑みは達成感の現われですね。

悪戯できるほど、気持ちに余裕も出来ました。(^0^)

ご苦労さまでした!

 

 

 

A班、B班も、ここ「才ケ原林道」で合流。AM11:30。その後、

昼食予定地の「雲隣展望台」に向かいました。

 


猿のお迎えです。

猿「みなさん、こんにちは。どこから来たの?」

生徒「大阪市内です。」

猿「自然を大事にするのは、良い心がけ。僕らの為にも頑張ってよね。」

 


昼食予定地の「雲隣展望台広場」はもうすぐだ!足が自ずから加速しますね。

 


雲隣台広場にて。ランチ・タイム。12:30。期待の「おむすび発表会」開催。

隊員投票結果、第一位の「おむすび」です。

 


隊員投票結果、第二位の「おむすび」。

 


隊員投票結果、第三位の「おむすび」です。伝統の「おむすび」は何故、山型なの?

 


広場でみずから握った「おむすび」を食べる生徒のみなさん。

 


ランチ終了後、隊のI顧問を囲んでの「質疑応答」。箕面の自然、木々、

花々や柚子、紅葉の天ぷらなどの多岐に渡る質問の続出で、いっそう、

和やかな雰囲気になりました。

 


いよいよ、下山です。本日のルートでもっとも難易度、危険度が高い下り坂。

ドミノ倒しが心配です。要注意ですよ。

 


このバッチ<ごまの木の葉っぱ>こそ、僕の今日の「参加証」です。

 


今日のフイナーレのステージ。箕面の大滝にて。PM1:45。

 

皆様、お陰さまで、箕面の山々が一段と美しくなりました。ありがとうございました。

箕面の自然に親しんで戴きながらの、ボランティア体験、ご期待に添いましたでしょうか。

かてて加えて、皆様のビジョンである<学び・気づき・愉しみの場の創造>に少しでも、

お役にたてたでしょうか。

ヤングとシニアのコラボの成果として、自然に大きく貢献できたように思います。

短い時間でしたが、眩しいほど若さ溢れるみなさんと交流させて戴き、私共にとっても

学ばせて戴くことが随分、多かったように思います。

これを機に、四季折々に、再訪戴ければ、箕面の山々は、皆様方をいっそう勇気づけ、

励まし、見守ってくれるに違いないと思います。

若い皆さんの夢と未来に、乾杯! お元気で!

報告:森岡

                         

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734