HOME > 活動ブログ

2018.04.03.「東海自然歩道コース」実施報告。

      日のさくら月のさくらと咲きはじむ (鈴木多江子)

桜花爛漫の四月となりました。初夏のような、穏やかで陽気な日々が

続き、各地の気象台より桜の開花宣言がなされ、日本列島は徐々に桜

色に染まりつつあります。ここ北摂の地も例年より、やや早く開花し、

濃い桜色がいちだんと際だっています。芭蕉は一句の中に、<桜>、

<桃>、<草餅>を詠み、春を色彩豊かに表しました。同様に、今、

山々の景色は華やいで一幅の絵となっています。さあ、この季節の

「花暦」を心ゆくまで楽しみましょう。

              ♫ 花が咲く 花が咲く

          どこに咲く

          山に咲く 里に咲く

          野にも咲く ♫

                睫鄰で掘崕佞来た」

本日も華やかで、贅沢な<春>を楽しむべく一般参加者8名、隊員8名、

の総勢16名で「東海自然歩道」を目指しました。

 


古道・中ノ坂道に咲く、桃の花。

 

        風吹かず桃と蒸されて桃は八重  (細見綾子)

 


瀧道沿いの、花園。

 

              ♫ 七色の谷を越えて

         流れて行く 風のリボン

         輪になって 輪になって

         かけて行ったよ

         春よ 春よと

         かけていったよ ♫

                   江間章子「花の街」

 


瀧道の、振り子時計。AM9:08を刻む。さあ、スタートです!

 

                   大いなる春日の翼垂れてあり (鈴木花蓑)

 


当隊の事務所・看板が遂に完成!

当隊の名工、K隊員の卓越した技術作品です。

来る4月7日(土)に「看板掲示式」を執り行います。

多数のご参加をお持ち致しております。

 


隊事務所前にて。本日、参加された16名の皆さんです。

 

          春の朝 希望の光 昇りくる  (わかやぎすずめ)

 


瀧道に建つ「これよりかみ 名勝 箕面山」の石碑。昭和五年五月二十五日建立。

 

      荅ふかきみのおの奥の杉の戸に

              ただ声するは鹿の音ばかり 

                         (鴨 長明)  

 


箕面川沿いに咲く、蕗の花。

 

      そらね ごらん

      むかふに霧にぬれてゐる

      蕈(きのこ)のかたちのちいさな林があるだろう

      あすこのとこへ

      わたしのかんがへが

      ずゐぶんはやく流れて行って

      みんな

      溶け込んでゐるのだよ

      こゝいろはふきの花がいっぱいだ

                   宮澤賢治「林と思想」

 


箕面昆虫館前の、桜。

 

            朝桜ふれたき空はうすき青 (川名ますみ)         

 


龍安寺広場にて。準備体操。AM9:35。

 

            年年歳歳花相似たり

            歳歳年年人同じからず

                      劉希夷「代悲白頭翁」より 

 


龍安寺・鳳凰閣の桜。朱塗りの瑞雲橋とのコントラスが絶妙。

 

         持ち時間如何ほどなどと思うまじ

                 さくらは今をひたすらに咲く

                           (江頭洋子) 

 


箕面川に浮かび流れる、藪椿。

 

      つかの間の紅を残して藪椿

             ゆきどけ水に流れゆきたり

                       (橋田君枝)

 


本日の、メイン・ワーク=府道43号線沿いの<山ゴミ回収ローラー作戦

の開始です。先陣を争う、H隊員とM隊員です。

 


後塵を拝してなるものか!とKI隊員。

 


私はしなやかに参加しますと、Yさん。

 


府道43号線沿いに咲く、タチツボスミレ。

俳人・I隊員の一句。

 

              淑やかに立坪菫山の道  (篤老)

 


私達は私達の流儀で参加します!とHKさんとHさん。

 

 

私は溢れるパワ-で参加をしますと、Oさん。

 


百年橋から、ふと仰いだ箕面の山。山桜が咲き競っていました。ここは桜のビューポント。

 

        さくらさくらさくらさくらと水の輪の

                  広がるやうにとほくまで見ゆ

                            (足立晶子)     

 


川の中のゴミだって回収しますよ、とH隊員。

 


急峻な崖の上・下のゴミは私にお任せをと、K隊員。  

 


回収物を手際よく袋詰めするKO隊員。

かくて山ゴミの回収全重量は 55kg となりました。

みなさん、ありがとうございました。お疲れさまでした。

 


回収物を所定ゴミ置き場まで運ぶ隊員達。ゴミは重いが心は軽し。

この清々しさはどこから来るのでしょうか。

 

            いつまでも

            美しくあってほしい

            私たちの箕面の山

                    (箕面の山パトロール隊)            

 


東海自然歩道に入る。

    

           手にゲーテそして春山ひた登る  (平畑静塔)

 


東海自然歩道に咲く、山桜。

 

    野江をじっと見つめ、弥一郎が静かに口を開く

 「今は、お幸せでござろうな」

 思いかけない言葉に、戸惑う野江ーーー

 今の境遇を押し隠し、ただ「ーーーはい」とだけ答える。

 「さようか。案じておったが、それは何より」と微笑み、

 弥一郎は去って行った。

 山桜に引き寄せられたかのように、

 ただ一度きりの偶然の出逢いーーーー。

                    藤沢周平「山桜」より

 


最勝ヶ峰(標高540m)へ。

 

          あの山の坂へこの道春の風 (三橋敏雄)   

 


東海自然歩道に咲く、ヤマツツジ。

 

          紅一点我目を見張る山つつじ  (岡村昭則)

 


東海自然歩道にて。ランチ・タイム 12:10。

 

       桜餅、桜あんぱん、桜レター、

                 春いっせいに桜が並ぶ

                         (加藤万里)

 


東海自然歩道にて。「火気に注意」の表示看板を取り付けるKI隊員とY隊員。

新年度に入り最初の看板表示。年度替わりの箕面市消防本部との連携第一号。

 


勝尾寺園地に到着。PM1:10。約6ヶ月ぶりに22kmを完歩しました!

お疲れさまでした。

 

       老木も若木も同じやうに咲く

            さくら咲く道みんなゐた道

                     (菅沼貞夫) 

 


勝尾寺の、満開の桜。

 

 「桜花に対する讃嘆として、わたくしどもは咲く日を待つとともに

  とどめようもなく散りしく花吹雪のありさまを惜愛する。

  桜は散るために咲くのかと思われるほど、あっ気なく咲き満ちては

  さらさらと散ってゆく。」

              岡部伊都子著「あしかびのいのち」より

 


自然研究路4号線にて下山。

 

                            春なれや歩け歩けと歩き神   (山田みづえ)

 


瀧道の振り子時計がPM3:39分を刻んでいました。

約22kmにも及ぶ長途のハイキング、お疲れさまでした。

 

           うつくしき春の夕や人ちらほら (子規)

 

本日は初夏を思わせるよな陽気で少し、汗ばみましたが、春の佳景を満喫しながらの

楽しいクリーンハイキングとなりました。特に山々が桜の薄紅色に染まる絶景には息

を呑み、山道を桜吹雪に背を押されて歩いたことも忘れられない想い出となりました。

さて、<何かを上達する上で、人にとって一番欠かせないのはなにか?>の問いに歌

人・俵万智はそのコラムで<努力>と答え、ただ<努力>にも「掛け算」と「足し算」

の二種類があり、相性や才能がある場合は「掛け算」、ない場合は「足し算」になる。

即ち、才能×努力=実力(時に才能+努力=実力)となるが、この努力のエネルギーの

源になるのが「出会い」で、それ故に「物」でも「人」でも、その「出会い」こそ大切

にすべき、と。歌人ならではの示唆に富むコメントと思った次第です。

         先斗町袖すりあふも春の夜の

                  他生の縁となつかしみつつ

                           (新村 出)

それでは皆さん、また五月にお逢いしましょう。

ご機嫌よう、さようなら。

                  コース担当者一同

                       (文責:森岡)

 

    

 

 


 

  

  

           

 

 

 

            

 


 

 

 

 

   

 

 

    

      

 

     

       



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734