HOME > 活動ブログ

2018.03.31 歳時記〜風のたより〜薄紅の霞

 

風・・・感じていますか
足元に咲いている花に気がつきましたか
流れる時の中

ちょっと立ち止ってみませんか  

 

 

 

 

 

             花開く箕面の山の麗しき 涼

 

 

ここへきて、箕面の山の桜は、どこもかしこも満開となりました。

 

 

 

                             

                                      見渡せば春日の野辺に霞立ち

                                  咲きにほへるは桜花かも     詠人しらず

 

 

百年橋、大日では、薄紅の霞のように山肌を埋め尽くす 

満開の江戸彼岸と山桜の群落が、

いまにも崩れ落ちてきそうなほどの見事さです。

 

 

 

 

                                      あしひきの山桜花日並べて

                                                    かく咲きたらばいと恋めやも      山部宿禰赤人

 

 

斜面を埋め尽くす山の桜が、ずっと咲いているのなら、

たしかに、これほど桜の花を恋しくは思わないでしょうね。

 

 

 

 

 

                                       わが行きは七日は過ぎじ龍田彦

              ゆめこの花を風にな散らし      高橋蟲麻呂

 

 

明日もまた、山の桜に逢いに行きます。

少し風が吹いてきただけで、

明日まで散らずにいてくれるだろうかと思うと、

なんとなく気持ちが落ち着きません。

まだしばらくは、風を吹かせないで下さいと龍田彦に祈るばかりです。

 

 

 

 

 

                                        い行き逢ひの坂のふもとに咲きををる

                          桜の花をみせむ子もかも   高橋蟲麻呂

 

 

一人では、とても贅沢な箕面の桜。

誰かにも、ぜひ見せてあげたいと思わずにはいられないほどです。

 

 

 

 

                                     世の中にたえて桜のなかりせば

                                                           春の心はのどけからまし   在原業平

 

 

一年に一度、わずか七日ほども咲いていてくれるかどうかの桜の花。

いっそ桜の花がなければ、春をもう少しは心安らかに過ごせるのに。

桜の花は、そこまで私たちを虜にしてしまっているのですね。

 

 

 

 

薄紅の霞漂う箕面の里山。

皆さまも、ぜひお出かけ下さい。

 

                               文・写真:渓川 清

 

 



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734