HOME > 活動ブログ

2018.02.08 才川コース 実施報告

今冬一の寒波襲来で、才川の沢歩きは震え上がる寒さとなりました。にもかかわらず、24名(一般参加15名、隊員9名)のご参加をいただきました。谷筋は、とても厳しいコンディションでしたが、みなさん無事に踏破しました。それでは早速、この日の模様を紹介しましょう。

 

   厳しい冷え込みでできた氷柱のオブジェ。三つの鐘が、さわやかなメロディーを奏でているようでした

 

今回のルートは才川さかのぼり、才ヶ原池へ。昼食後、林道に出て池を遠巻きに歩き、谷山谷分岐から三ツ石を経由し、再び才ヶ原池へ。帰路は地獄谷を下り、姫岩から滝道右岸へ出て瀧道事務所前で解散しました。

 

 

      

   朝陽のなか、住宅街を抜けて才川入口へ      出発前、準備体操で身体をほぐすみなさん

 

 いよいよ、出発。足元に注意しながら、谷筋に向かいました。

                

            木漏れ日のなか、足元に注意しながら才川の上流へ   

                          

                                    ロープを補助に、急斜面を登攀

    

        谷の冷え込みは想像以上。流れには普段めったに見られない氷が張っていました                             

          

             一行は、ルートを遮る倒木を避け、そして乗り越え、さらに上流へ

            

                       目指す才ヶ原池はもう少し。霜柱を踏むと心地よい音が返ってきます

 

 この日も冷え込みは厳しく、流れにできた不思議な氷のオブジェが一行の目を愉しませてくれました。

                   

                足を止めて、不思議な氷の造形に見入る皆さん

 ここで、自然が創りだした氷のオブジェのいくつかを紹介しましょう。

                

             これ、なにに見えますか?人の顔に見えませんか?

 以下、氷のオブジェを並べてみました。

    

    

    

 

                         

              これは、タツノオトシゴでしょうか?

      

           千差万別の氷柱。その多様さには、ただただ驚くばかりです 

           

 氷の造形美にしばしの時を忘れた後は、才ヶ原池畔で昼食。その後、池を遠巻きに一周し帰路に。ここでは冬景色から一転、春の兆しを体感しました。

          

        池面の氷を眺めながらの昼ご飯。食後は温かい紅茶が冷えた身体を温めてくれました

         

             池面に 分厚く張り詰めた氷。スケートができるかも、との声も聞こえたほど

 

        

          細い崖路を経て谷山谷分岐、そして、三ツ石方面へ向かいます

 

 才ヶ原池の周辺を歩くと、あちこちで春の兆しを目にすることができました。

                

             木の葉を通して届いた陽光は力強さを増し、春近しを感じさせてくれました

         

            膨らんできたアセビの花芽           ヒサカキの花芽も御覧の通り

        

         早春の陽を浴びるクロモジの新芽        ダンコウバイの花芽も膨らみました

 この後、地獄谷を下り無事、下山しました。自然が創りだした氷の造形を愉しみ、春の兆しを感じながら歩いたハイキングでした。

    

     最後の難所、地獄谷の急階段を下ります     獅子岩をしり目に、下山するみなさん

 

 この日もパトロール隊員はコース点検をはじめ、ルート保全に努めました。そして、みなさんのご協力で50.1キロものゴミを回収できました。有難うございました。

      

       斜面に作った階段は好評でした                    見づらくなった案内紙は取り替えました

           

           才川では2か所のたき火あとを発見!箕面の山は火気厳禁です

           

              この日のゴミの回収量は50.1キロ、有難うございました

         

 最後は、参加された皆さんとの記念写真です。「寒いから、早く撮って⁉」との声も聞こえましたが、笑顔で納まっていただきました。

 

才川の谷筋は、今冬では最も冷え込みが厳しく、川の一部に氷が張り、様々な氷柱が予期せぬ楽しみをプレゼントしてくれました。けれどもそんな真冬の景色のなかでも、どこかしら春の息遣いを感じた一日でした。ハイキング前日の2月7日は「初午(はつうま)」。旧暦では農作業を始めるという日です。各地の稲荷神社では「初午祭」が行われ、いなり寿司を食するところもあります。暦の上では「立春」が過ぎ、各地ではすでに春の行事が始まっています。そして、そろそろ梅の便りも届きそうです。谷を歩いたみなさんは、厳しい寒さにもかかわらず、もうそこまで春が来ていると実感されたのではないでしょうか。 

 

 眼(め)がさめたように

 梅にも梅自身の気持ちがわかって来て

 そう思っているうちに花が咲いたのだろう

 そして

 寒い朝霜(しも)ができるように

 梅自(みず)からの気持ちがそのまま香(におい)にもなるのだろう。

                          八木重吉 「梅」

 

この日は、皆さんのご協力でたくさんの山ゴミを回収することができました。有難うございました。次回は38日(木)に行います。集合場所は阪急箕面駅前(9時30分)、才川入口(如意谷団地西側10時)の2か所です。多数のご参加をお持ちしています。

         担当隊員一同 (写真と文 竹内)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

      

      

           

           

           

              

         

 

 

 

 

 

 



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734