HOME > 活動ブログ

2010.08.04 歳時記 風のたより

 このコラムは、8月4日水曜日、あさ9時30分 
 『タッキー816みのおエフエム』 (周波数81.6)
 モーニング・タッキー「風のたより」で放送されます。
 箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。


 

動く葉もなくておそろし夏木立  蕪村


真夏の陽射しが、照りつける箕面の里山。
風が止まり、じっ・・・と暑い瞬間があります。
その時間、蝉はますます鳴き声を増すのですね。
地上での短い命を力いっぱいに
鳴き声に託しているのかもしれません。
麓では、クマゼミの鳴き声がほとんどですが、
山道を進むにつれ、アブラゼミの鳴き声となり、
ミンミンゼミの声も聞こえてきます。
盛夏、それは箕面の蝉たちにとって、
命を繋ぐ、もっともたいせつで、
凝縮された一瞬でもあるんですね。



空蝉のまなこに光ありにけり  水谷郁夫

行く道の茂みを見ると、
蝉の抜け殻がたくさんみつかります。
いろんな種類の抜け殻があります。
泥んこの抜け殻もありました。
これは、ニイニイゼミですね。
その翅に、まばらに茶色が散らばっている
ニイニイゼミが、桜の木に止まっていると、
桜の幹と同系色であるため、
なかなか見わけがつきません。
林の中で鳴く蝉を追い、蝉の抜け殻を見つけては、
はしゃぐ子どもたちの姿が、
なぜか今年も、安堵感をもたらしてくれます。




蝉の木の下にひとすじ風のみち 近藤一子

陽が少し傾く頃になると、少しづつ風も動きはじめます。
汗ばむほどに、心地良く感じる風が、
わずかに通り抜けていきます。
日中の炎天あっての涼感でしょう。

夕方近くになると、渓流沿いの道にも、
涼やかな風が吹きはじめます。
青鷺が一羽、滝道の渓流に足を入れ佇んでいました。


夕風や水青鷺の脛を打つ  蕪村

夕風涼やかな箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734