HOME > 活動ブログ

2017.01.27 勝尾寺川の清掃活動

 勝尾寺川は箕面市と茨木市を流れる淀川水系の一級河川である。茨木市の泉原集落辺りの森から流れ出し、箕面市に入って勝尾寺下の谷間を通り、山間を抜け粟生間谷の住宅地や農地に至る。その後いくつかの川と合流し、茨木市に入って茨木川に合流する。全長は約9.6kmである。

 

 さて、勝尾寺川の山間部は横を自動車道が通っており、ごみの不法投棄が目立つところである。勝尾寺川には100トンを超すごみが投棄されているのではないかと言われている。パトロール隊でも以前からここのごみ回収について取り組んできたが、膨大なごみ量の前に目立った成果を上げられない思いでいた。

 

 今回大阪府池田土木様より勝尾寺川のごみ回収の話があり、喜んでお手伝いする運びになった。回収現場は車道横の勝尾寺川の河原および土手なので、徒歩で行くには危険があり、近くまで車で行くことになった。パトロール隊隊員は皿池公園前に集合し、2台の車に分乗して現場近くの駐車場所(椿ポンプ場)まで行った。

 

 現場近くの駐車場所

 

 池田土木さんとの待ち合わせ時間までに駐車場所のごみを拾うI隊員

 

 やがて池田土木さんも到着

 

 池田土木の責任者の方より今回のごみ回収の経緯、意義などの説明があり、全員が安全に作業することを確認する。なお、本日の作業者は池田土木さん7名、パトロール隊8名の15名である。

 

 

 駐車場所から現場までは横を車が走り抜けるので、安全ベストとヘルメットを着用して進む

 

 現場に着いて河原に下りる

 

 予めロープを張ってくれており、これを伝って下りる

 

 分別方法の説明の後、回収開始

 

 皆さん、最初はどうしても身の回りからごみの回収を始めます

 

 次第にあちこちに散らばって、険しいところのごみも回収

 

 透明なポリ袋にはペットボトルなど燃えるごみ、不透明なポリ袋にはアルミ缶やビンなどの不燃ごみ

 

 ごみを回収している横にヤブツバキが。ごみとツバキ・・・

 

 自転車でここまで来たN隊員は川向うのごみまで回収

 

 慣れた足取りのK隊員

 

 担いでいるのは古いTVのブラウン管か

 

 作業も進み、一休み

 

 回収したごみは一か所に集め、後日収集車でクリーセンターへ運びます

 

 もうすっかりきれいになりました

 

 作業終了。ロープを伝って上がってきます

 

 本日回収したごみは、50Lのポリ袋で63袋、そのほかタイヤ、TVのブラウン管、パソコンのディスプレイ、プラスチックの籠など多量。正式な回収量はクリーンセンターの看貫を待ちたいが、1トン近くあるのではないかと思われる。

 

 回収ごみ

 

 回収現場近くの十兵衛の滝

 

 最後に記念写真

 

 本日参加のみなさん、ご苦労様でした。幸い雨が降り出すこともなく、気温も温かく作業しやすかったのではないでしょうか。

誰も怪我なく、作業を終えて本当に良かったと思います。今日回収したごみはほんの一部で、まだまだごみが眠っていますが、これからも機会を捉えてごみを回収したいものです。

                                  文責 H.T



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734