HOME > 活動ブログ

2018.02.15 石澄の滝ルート整備

箕面の山パトロール隊は、2016年から才川コース、十兵衛の滝コースの整備を行ってきました。計画の対象となっていた石澄の滝コースは手つかずの状態でしたので、3年計画の締めくくりとして整備を実施することにしました。今年に入り3回の下見を行い、ようやくコース整備に着手することができました。

(2018年1月16日に行った下見の状況は、http://blog.minoh-pato.com/?eid=1772を参照ください。)

2月15日に実施しました整備の状況をご報告します。

 

午前9時30分、箕面駅に隊員7名、箕面の自然を愛するサポーター4名が集合しました。まずは箕面の山パトロール隊の滝道事務所に立ち寄り、作業に必要なシャベル、つるはし等の道具類、ロープ、鉄筋などの資材を準備します。又、安全のためヘルメットを着用することにしました。いざ、出発です。

 

府道9号線(山麓線)を西に向かって歩きます。池田市に入り東畑の交差点を右折して住宅街を北進します。

 

 

突き当りのフェンスから石澄の滝コースが始まります。

 

平坦な山道を進みます。

 

平田龍昇師之碑を過ぎると、廃寺、廃屋が点在し、秦野鉱山跡と思われる洞窟(間歩(まぶ))が有りと興味が尽きません。今回はルート整備が目的ですので先を急ぎます。

 

左岸に渡ると、竹に囲まれた急坂があります。道は滑りやすく危険です。まずはここの整備からスタートです。

 

 

竹と小枝を切り階段の材料とします。シャベルと金槌を使って階段を作っていきます。


 

階段が完成しました。

 

最後の廃屋を過ぎると、滝への取り付きの岩場が現れます。岩場の手前で昼食休憩です。遠くに滝が見えます。

 

午後の作業は岩場の安全確保のためのロープの設置です。向かって左側の斜面(右岸)には既に細いロープが取り付けられていましたが、より太いロープを設置します。

 

 

鉄筋を打ち込み、ロープを固定します。

 

既に設けられたロープを伝って下に降りると滝はすぐそこです。

 

 

次いで岩場の取り付きに戻り、右側の岩場(左岸)の整備です。幅が狭く不安定な場所なのでロープを設置しました。

 

 

 

 

これで作業が無事終了しました。滝をバックに集合写真を撮影しました。皆さんの達成感にあふれた笑顔です。

 

石澄の滝は落差25mの立派な滝です。滝のそばに不動明王像が置かれています。

 

 

作業を終え、先に進みます。六個山方面に急坂を登ります。杉林を抜けると笹の生い茂る斜面に出ます。笹は刈り取られて道が出来ていました。

 

 

笹原を登りきると教学の森・西尾根コースに合流します。ここを通って下山し、午後3時前に箕面駅に戻り、本日の作業を終えました。参加された皆様お疲れ様でした。

 

石澄の滝コースは今春よりクリーンハイキングとしてスタートする計画です。滝をはじめとする景観が素晴らしく、点在する廃寺・廃屋がミステリアスな雰囲気を醸し出しています。ご期待ください。

 

(報告者 TU) 

 



2018.01.30 箕面の山方面の活動(トレイル整備)

 箕面の山のハイキングコースは昨年9月の台風21号によって大きな被害を受けた。その後遺症はいまだに続いていて閉鎖を余儀なくされているコースも多い。気候変動の影響か、昨今の風雨は激しさを増している。台風によって生じた倒木や地割れの処理は徐々に進んでおり、早晩解消されることであろう。

 

 私たちが箕面の山のハイキングコースを歩いていて気づくのは、近年激しくなった降雨によって山道が深く抉れて歩きにくくなったことである。深く抉れて溝状になった山道は非常に危険である。下りの時、そこに足を踏み込んで転倒すれば大きな事故につながる。

 

 そんなことからパトロール隊では2〜3年前から行政の協力を得てハイキングコースの整備を試みている。その一端を紹介する。

 

 本日は聖天展望台から風の杜に上がる高山道の整備を行った。参加者はサポーターの方1名を含め7名。箕面駅前に集まり2台の車に分乗して現地に向かう。

 

 箕面駅前に集合(気温は低いが天候は良い)

 

 聖天展望台前のヘアピンカーブに車を停め、道具を下ろす

 

 ショベル、ツルハシ、クワ、ヘルメットなどの道具類

 

 高山道への入口はすぐ近く

 

 風の杜まではつづら折りの坂道が続く

 

 雨水で表土が洗い流され岩のむき出している場所が多い

 

 同上

 

 同上

 

 今日の作業のために何ヵ所かに分けて予め間伐丸太を積み置きしておきました

 

 同上

 

 積み置きしていた丸太を作業現場まで運びます

 

 同上

 

 作業は丸太を設置する場所を決め、地面を削って平らにします

 

 ドリルで丸太に鉄筋を通す穴をあけます(10または13mm)

 

 丸太を置いて座り具合を調整します。そのあと鉄筋を通し、鉄筋を打ち込んで丸太を固定します

 

 出来上がり!

 

 作業を終え、聖天展望台で弁当を広げる

 

 午後からも作業を続ける

 

 丸太の設置

 

 穴あけ

 

 鉄筋の打ち込み

 

 小石や土を隙間に埋めて形を整える

 

 出来上がりを眺めて手直し場所がないか検討

 

 所々に水抜き個所をつくる

 

 本日の整備に参加のメンバー

 

 作業は午後1時半ごろ終わりました。従来の山道整備では現場周辺で調達した倒木を用い、手作りの杭で丸太を固定していましたが、今回はあらかじめ山道整備に適した丸太を調達し、鉄筋で固定するという方法を採ったことで、スムーズに作業を遂行することができました。また出来栄えもなかなかのものだと自負しています。

 この場所での作業はまだ残っているので、2月中に仕上げる予定です。

 

 今日は動物の写真を撮る機会がなかったので、最近箕面の山で撮ったオオサンショウウオとルリビタキ(雄)の写真を示します。

 

 

 オオサンショウウオ

 

 ルリビタキ(雄)

 

                            文責 H.T

 



2017.11.09 才川コース補修作業報告

 119日、担当隊員および一般隊員総勢7名が、「才川コース」の修復作業を行いました。当コースは、クリーンハイキングでは唯一の沢歩きコースでしたが、先月の台風21号、22号の爪痕があまりにも大きく、実施が困難となっていました。

 この日の作業の大半は、谷筋を塞ぐスギやソヨゴなどの倒木処理でした。「一日も早くハイキングを再開しよう!」を合言葉に、7名が力を合わせ、修復作業を終了しました。谷筋の道は、巨木などの倒木が残り、完全に旧に復したとは言えませんが、ハイキングが実施可能となりました。

 

  倒木で埋まった才川コース。7人が力を合わせ、倒木除去を実施しました。補修作業のレポートです

 

      

       谷に下りるといきなり倒木            二人がかりで撤去しました                           

     

                 道を塞ぐ枝を鋸で切り落とし、ルートを確保

            

                    急斜面には根こそぎ倒れた巨木が目につきました

 

      

         障害物を取り除き、川の流れを整え        ルートを塞ぐ土砂を取り除きます  

      
            倒木を何度もくぐったこの日、ヘルメットがずい分役に立ちました


     
                   急斜面の道を塞ぐ巨木

                        

                       力を合わせて除去作業 

              まるでジャングルのようになった才川の谷

    

                             

              谷筋もあと少し。クヌギの倒木を前に作戦を練ります

           

             作戦は強行突破に決定。無事、ルートを確保しました

      

              川筋に踏み石を置き            最後にたるんだロープを補強しました

 

      

           補修作業を終え、才ヶ原池畔で昼食休憩。空には冬の綿雲が浮かんでいました

 

       最後は才川の谷をバックに、この日、補修作業を行った隊員のみなさんです


 

 予想以上に台風の爪痕が大きかった才川コース。この日の補修作業でクリーンハイキングが実施可能となりました。再開を待つサポーターのみなさん、お待たせしました。そしてこの日、補修作業に参加された隊員のみなさん、ご苦労さまでした。

                                             報告 竹内

       
 

    

    

    
 

                                 

                             
 

                         

                                  

             

       



2017.09.27 トレイル整備活動(高山道・風の杜下)

2019年9月27日、高山道・風の杜下のハイキング道について、トレイル整備を行いました。

今春、箕面市が高山道ハイキング道を補修しましたが、集中豪雨で荒れてきたので、一部補修を行いました。

 

△ハイキング道が雨水の道になっている

 

 

△水切りをして土嚢で止める

 

△風の杜下、側溝が落ち葉で詰まりハイキング道へ流れている

 

 

引き続き、活動していきたいと思います。

 

                      担当記

 



2017.08.28「カエンタケ取材」協力報告。

本日、NPO法人・みのお山麓保全委員会を介して、(株)TBSテレビ・

報道局より、当隊へ、箕面の山に於ける「カエンタケの現状」の取材

協力の要請があり、現状に精通している4名の隊員で応諾・実施致しま

した。

 


才ケ原林道出口にて。猛暑の中、撮影機材を搬入される、取材班のみなさん。

AM10:30開始。

 


取材班のみなさんに、猛毒キノコ<カエンタケ>の概要(形態・生態・

毒性等)と注意点を説明するK隊員。

 


才ケ原林道出口付近にて。「カエンタケ」の自生そのものを報道記者に

説明する。

 


才ケ原林道に掲示されている、箕面市の<カエンタケ>の注意喚起ポスター。

 


市の<注意喚起ポスター>を撮影される取材班。

 


才ケ原池付近の、<カエンダケ>自生現場へ案内する。

発生傾向として<ナラ枯れ>の枯死した樹木との相関関係の説明。

 


才ケ原林道と才ケ原池の中間の山斜面に自生していた<カエンタケ>。

 


厚めのゴム手袋で摘み取った<カエンタケ>。

発見時の対処・処理方法を説明。


 

 

 

 

 

 

 

 


報道記者の、カエンタケの<総括質問>に応じるk隊員。PM1:15終了。

 

箕面の山々に於ける「カエンタケ」は例年になく、今年は大量発生していま

す。その毒性が猛毒の為、いっそうの「注意喚起」が必要で、今回のTBSテ

レビの取材は時宜を得たものでした。このテレビ放映を通じて、「カエンタ

ケ」の生態や毒性などに理解を深めていただき、よりいっそうの「安全」に

つながれば幸いです。

尚、放映はTBSテレビにて、8月28日PM6:00の予定。

猛暑の中、取材協力、お疲れさまでした。

                    (文責:森岡)



2017.04.15 トレイル整備活動(象の足)

知る人ぞ知るパワースポット、瀧安寺から少し登ったところにある巨樹・象の足き

樹齢は千年以上あるといわれるモミの木があります。

アスファルトの滝道から土の道に少し入ると、その巨樹に出会えます。

 

(※昨年5月に初めて整備したときのブログ報告はこちら

 

本日は、巨樹までの道を整備しよう!とパトロール隊と箕面マウンテンバイク友の会の

メンバー12名と、公園管理事務所にご協力をいただき、実施しました矢印上

 

今回は、前回から上り口と巨樹までの道を少し変更して整備していきます。

 

△スコップを使って階段を作ります

 

△倒木なども利用して、周遊できる道を付けていきます

 

△枯れ木なども払って、歩きやすく!

 

 

△入口の階段。早速、お客様が来てくれました手

 どんどん踏み固めて歩きやすい道になってほしいですき

 

本日作業の皆さん。お疲れ様でした!!

 

本日の作業で、一通りの道が出来ました。

様子を見て2か月後くらいに仕上げ&メンテナンスをしたいと思います。

 

お近くを通った際は、是非歩いてみてくださいねきらきら

 

                        担当記

 

 

 



2017.03.26 トレイル整備(箕面の山方面コース)

本日はパトロール隊とマウンテンバイク友の会のメンバーで、ハイキング道の点検補修を行いましたおてんき

総勢17名のトレイル整備の匠と、有り余る体力のマウンテンバイカー達が活躍してくれました手

作業の様子を報告しますkyu

 

1)府道〜風呂谷登り口付近

 

公園緑地室が作った、谷筋からの土砂を止める会所です。

このままでは土砂で排水管が詰まると思われましたので、金網を敷いて中に石を入れ、

土砂による排水管の詰まりを予防する処理を試みました。

 

作業後。これで様子を見ますひらめき

 

斜面からの水や土砂止め。倒木を利用して土砂止めしましたき

 

斜面から流れてくる水を畦板を使い川へ流すようにしました

 

2)林道池口〜才ヶ原池 ハイキング道 側溝土砂の排出

 

作業前、側溝が分から無いほど土砂が積もっています泣き

 

有り余る体力の?マウンテンバイク友の会のメンバーにきれいにしていただきましたき

掘り出した土砂は、反対側道沿いに積み上げ雨水を道に流さないようにしました。

 

厚く土砂が積もっています。体力のある人達でなければ、短時間でとてもできません。

 

作業風景 賑やかにきっちりと手

 

水切りも1ヶ所付けておきましたき

 

終わって晴れやかな笑顔矢印上

 

3)こもれびの森 高山道分岐付近

 

箕面市がハイキング道の整備をした箇所です。雨水を道に流さないよう水切りを3ヶ所付けました。

補修されたハイキング道

 

上流から流れてくる雨水を1段目で止める

 

土嚢の下に木を入れて雨水を止める(2段目)

 

ハイキング道に流れ込んだ雨水を谷へ流す、の3段構えとしましたき

 

 

                                         担当記

 

 



2016.08.30 ハイキング道点検・整備(箕面の山方面コース)

大雨一過、好天に恵まれ風も涼しく絶好の作業日和の本日、

隊員5名で行ったトレイル点検・整備活動についてご報告します。

 

1.風呂ヶ谷ハイキング道の点検

以前実施した風呂谷のハイキング道水切りの効果を点検しました。

山から新しい水路が出来、追加補修が必要ですが、大雨の後でも、

全体として運動靴で歩けるくらい固まっていて箕面市が砂を入れた

状態を保っているようでした。

 

前日の大雨にも路面はぬかるんでいない様子

 

斜面から新たな水路が出来ているが、周囲はぬかるんでいない

 

簡単な水切りだけでも土砂の流出防止が出来ていました

 

階段付近。以前のように階段に土砂が流れていない。

 

2.府道豊中亀岡線の不法投棄

府道から投棄され谷へ散乱している

 

本箱と思われる付近に通信簿が落ちていた、マットレスもあり

部屋の片付けもせずそのまま投棄した様子

 

3.雲林展望台ハイキング道の補修

7月31日施工した後の点検と残っていた箇所の施工をしました。

昨日の大雨を感じさせない、乾いていてぬかるみもなく、

箕面市が施工した砂の流出もなく歩きやすいハイキング道でした。

 

水切りが効いて土砂の流出が止まっている

 

展望台南広場からの雨水も流れを谷筋に導く効果が出ている

 

水の流れを止めるようにしてしまうと、下に水路が出来ている

 

斜めに水切りを付けると水路が出来ていない

 

階段の土砂を取り道幅を広くする

 

階段に雨水が流れないように土嚢を積んで流れを変える

 

ハイキング道に水が流れないように土嚢で囲む

 

谷へ水を流す水路を作る

 

これでしばらく様子を見たいと思います。

 

                       担当記



2016.07.31 雲隣展望台近くのハイキング道整備

 今日は雲隣展望台近くのハイキング道の整備。ここは展望台から杉の茶屋方面に下るハイキング道が通っているが、雨水のため道がえぐれ、歩きにくくなっていた。最近、箕面市がえぐれた部分を直してくれて歩きやすくなったが、水抜き処理がされていないので、その後の雨で再び道がえぐれ始めていた。

 

 そこで折角修理された道の水抜き整備を行うため、パトロール隊隊員9名と箕面マウンテンバイク友の会会員11名(内隊員2名)が集まった。

 

 箕面駅前でパト隊隊員とマウンテンバイク友の会会員と本日の打ち合わせ

 

 現地に向かう才が原林道出口付近のコナラの根元にカエンタケを発見。ハイカーが触れないよう土の中に埋める処置をする。

 

  カエンタケ(箕面の山の別場所で撮影)

 

 雲隣展望台入口まで車で移動

 

 作業前の挨拶と説明、今日は安全作業を徹底しましょう。

 

 次はみんなバラバラに盆踊りの練習?実は作業前の準備体操です。 

 

 作業説明

 

 早速、水抜きのための溝堀

 

 つるはしでエンヤコラサ!

 

 掘った溝に水抜きのための木を敷き、波板を添えます。

 

 溝に敷いた木や波板が動かぬように番線で留めます。

 

 杭打ち

 

 出来上がった水抜き

 

 こちらは土のうを積んで水の流れを止めます。

 

 作業を終えてみんな満足顔

 

 作業は2時間ほど。東京から来られた友の会の会員さんも含めて18名が心地よい汗をかきました。

 皆さん、本日はご苦労様でした。

                                      文責 H.T



2016.06.27 才川コースの整備

才ケ原池から如意谷に流れる才川は、最近歩く人も少なく山道も荒れています。箕面の山パトロール隊はこの才川をこのまま放置するには惜しいとの考えから、整備することにしました。

6月27日に実施しました1回目の活動内容をご報告します。今回はコースの全体把握と歩行の障害となる倒木をできる限り伐採することが主目的です。

 

9時30分、箕面駅に隊員12名、箕面の自然を愛する協力者2名が集合しました。梅雨時ですが好天に恵まれました。

 

才川の入口は如意谷団地の奥にあります。9時55分に到着。

 

如意谷付近の川には足場がなく渡渉が困難です。

 

周辺の石を利用して足場を作ります。

 

渡渉が容易になりました。

 

第1堰堤付近には倒木が多く山道をふさいでいます。

 

移動できる倒木は脇に寄せ通路と水路を確保します。

 

今回最大の作業はこの倒木の処理です。倒木の落下に十分注意しながら伐採します。

 

 

伐採後に支えを失った上部の倒木が落下し、地面に当たり安定しました。これで通路が確保できました。

 

迷いそうな分岐には赤いテープを巻き目印とします。

 

第2堰堤に以前設置されていたロープは腐っていました。新しいロープを設置しました。

 

 

才川上部にも倒木が多くあります。一部の倒木を伐採し山道を確保しました。

 

 

途中、昼食休憩を挟みながら才川上流を目指して進み、12時45分に才ケ原池に到着しました。

 

 

1回目の作業が無事終了しました。才川をバックに集合写真です。

 

才川にはまだ処理すべき倒木があり、崩壊しつつある危険な山道もあります。今後も地道に整備を進めていきます。

このほか十兵衛の滝、石澄の滝コースも3か年計画で整備を進めていきます。皆様のご声援をよろしくお願いいたします。

報告者 TU



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734