HOME > 活動ブログ

2018.10.08 ハイキングルート補修作業報告その7

 秋晴れの朝、今日は体育の日です。箕面の山パトロール隊として実施している「ハイキングルート補修作業」も今回で7回目となります。今日はトレランYチームの方々12名、サポーター2名、そして隊員8名の 計20名で難作業に挑戦です。

 

                秋晴れの下、しっかりミーティングを実施して出発です

 

 

                    通行可能となった箕面川左岸から姫岩を通り地獄谷口を目指します

           

 

地獄谷口から今日の作業予定場所谷道へ向かいます

                   紅葉が始まっています                    ここからこもれび展望所方面の谷道を進みます            

 

 

早速、山道に倒れこむ倒木2本

       先ずは小手調べに自慢の鋸で…               後始末も忘れません

 

 

そして先行隊は

              「これ切りましょうよ」の声に          力を合わせて
   

 

                                     切った後はこの通り歩くも走るも≪楽勝≫

              

 

ここからが本番です。早速目前に休憩所の屋根にのしかかった大木が…

 

少し危険だが気をつけてやっつけましょうと… 先ずは周辺から片づけます

     

 

           そしていよいよ大詰め  切り手と引き手が息を合わせて…成功!
       

 

                                        落ちた太い幹を片付けます

         

 

                                           難作業でしたがチームワークで処理できました

                             

 

                                     トレランの目では道の補修も見落としません
        

 

                   ここは山道だぞ〜人海戦術で…

           

 

この後がまた大変なことになっていました

   この辺りから尾根までの間での皆さんの奮闘振りです

 

 

       しっかり重量かけてね         ヨイショヨイショ                     大丈夫かなぁ〜        

  

 

                     大形鋸が引っ張りだこで〜す

 

 

      私にも切らせて〜                                          お見事‼

 

 

              廃物利用で階段も出来ました

        

 

               写す人・・ヒソヒソ話の人・ヨイショッと…あがるかな

        

 

皆さま方のおかげで地獄谷の谷道も通れるようになりました。でも気をつけてね❢

 

この後、遅くなったランチタイムは尾根道で戴きました

 汗を流した後のお弁当!最高に美味しかったで〜す

 

楽しいおしゃべりを楽しんだ後は午後の目的地、風呂谷に向かいます

  大荒れの風呂谷谷筋での皆さんの活動振りです

                    鋸が動かないぞ〜                     こちらもあちらも…ごしごしと

 

 

         ここはおいらに任せろよ                      お〜い 足元にも気をつけろョ〜

 

                 大木の根っこの裏です                  ここが正規の道なんですョ…                  
 

ご参加頂いた方々の労を惜しまない奮闘により難コース解決しました

風呂谷の「谷ルート」も通行可能になりました。でも気をつけて下さいね❢

 

本日大奮闘して戴いた皆さま方です

    ご参加頂いた皆さま方のお蔭で課題の2ルートが打開できました。

     トレランチームの奮闘と、サポーターの方々の粉骨砕身のご尽力に感謝❕感謝❕です。

     隊員の皆様方は連日の活動と、厳しい作業で少し疲労感が…体を十分休めて下さい

      ご参加の皆様方、お疲れさまでした。有難うございました。
                                                                       写真:森岡、稲田

                                                                       文責:稲田

 

 

 

 

 



2018.09.27 ハイキングルート補修作業報告(その6) 午後の部

 ビジターセンターでの昼食を終え、午後の現地に向う。

 

 大日駐車場に車を置き、2班に分かれて作業を行うこととする。1班は大日駐車場から遠くない、3.杉の茶屋前から雲隣展望台に上る登り口付近の倒木処理を、もう1班は2.しらみ地蔵から茶長阪川までの林道の倒木処理を行うことになる。

 

 後先になるが、まずは雲隣展望台登り口の倒木処理から報告する。

 

3.雲隣展望台登り口の補修作業

 

 登り口からすぐの所に大量の倒木、枯れ枝が積もっていて道を塞いでいる。そこで早速除去作業に入る。

 

 

 登り口の階段を上ると

 

 

 大量の枯れ枝が道を塞いでいる。枯れ枝が溜まっているところが本来の道

 

 

 早速人海戦術で枯れ枝を取り除く作業に取り掛かる

 

 

 少しづつきれいになっていく

 

 

 道に張り出した枝もカット

 

 

 きれいになったハイキング道

 

 念のため雲隣展望台まで上がってみたが、すで倒木を処理したらしく問題なく進むことができた。

 

 

 道の真ん中に立っていたモミジの大木も途中から折れていた

 

 

 折れた幹は下の斜面に転がっている

 

 次にしらみ地蔵〜茶長阪川までの林道の作業の様子を報告する。

 

2.しらみ地蔵〜茶長阪川ルートの補修作業

 

 このルートは両側の斜面に植林されたスギやヒノキの間を通る林道で、細い川が流れている。今回の強風で杉やヒノキが倒れて、道を塞ぎ通行の支障になっている。

 

 

never

 杉の木が何本も倒れ、道を塞いでいる

 

 

 この辺りを切ろうか?

 

 

 少し鋸を入れてみるが

 

 

 もう少し下を切った方が後の処理がし易そうだ

 

 

 大分切り進んできて

 

 

 一方、こちらでは倒木の根っこに引っかかった木の処理を

 

 

 木のたわみから見て、なかなか処理が面倒だ。「おおーい、大丈夫か」

 

 

 全体はこんな様子

 

 

 

 何とか処理できそうなところまできました

 

 

 切り倒された倒木

 

 

 川に落ちた木もカットして処理

 

 

 長い倒木は運びやすいようにカット

 

 

 同上

 

 

 通りやすくなりました林道

 

 

 本日活躍した大型の鋸(サポーターYさんの持ち物)

 

 作業を終え、大日駐車場に戻りみんなの健闘と安全を確認して帰途に就きました。

 

 今日はよく頑張ったね、さあ、帰りましょう

 

 

 現在の大日駐車場前の山腹の様子

 

 本日までの6回の補修作業でハイキング道のかなりの箇所が通行できるようになりました。しかしまだまだ未補修のところも残っています。またハイキング道が完全に安全になったわけではありません。ハイキングでは安全には十分気を付けましょう。

 

 最後に、台風24号が酷い被害を与えないように・・・。

                                  文責 H.T

 

 



2018.09.27 ハイキングルート補修作業報告(その6)午前の部

 9月4日に近畿地方を襲った台風21号は箕面の山にも甚大な被害をもたらした。箕面の山パトロール隊では直後から傷んだハイキング道の補修作業を始め、倒木の処理に努めている。本日までに5回の作業を行い、通行可能なハイキング道が増えてきている。

 

 本日は隊員12名、サポーター5名の参加を得、1.箕面川ダム周辺のF3〜F1ルート、2.しらみ地蔵から茶長阪川までの林道ルート、3.杉の茶屋前から雲隣展望台に上るルートの倒木整備を計画した。

 

 午前9時半、箕面駅前に集合した参加者は4台の車に分乗して現地に向かった。

 

 

 Mリーダーの「今日の作業要領」を聞く参加者たち

 

1.箕面川ダム周辺のF3〜F1の補修作業

 

 F3の標識が立つ車止めの前に駐車し、用具を持って現場へ向かいます。

 

 

 現地に着いて準備を整え、現場に向かいます

 

 

 早速道を塞ぐ杉の倒木が行く手を阻みます

 

 ここの処理は数名の作業に任せ、残りは倒木を抜けて先に進みます。

 

 

 まずは大量の枯れ枝と細い枝の処理から

 

 

 幹から突き出た大量の枝の処理から

 

 

 背伸びして枝を落とす

 

 

 K隊員は斜面を上って引っかかった枝を切り落とす

 

 

 道を覆っていた枯れ木や枝が大分片付いてきました

 

 

 いよいよ太い幹の処理です

 

 

 安全を考えて、まずは先の幹から切断

 

 

 次は少し根元の部分を・・・。「ちょっとやらしてください」と大きな鋸と格闘

 

 

 最後に斜面に残った根元部分をカット

 

 

 落ちた幹を道路脇に片づけます

 

 

 よいしょ!

 

 

 すっかりきれいになりました

 

 一方、先の組は道に倒れ掛かった枝や、道を塞ぐ倒木を処理しながら進みました。

 

 

 道に覆いかかった枝を見つけて

 

 

 鋸でカット

 

 

 倒れてワイヤーに引っかかった杉の木は

 

 

 カットして除去

 

 F3〜F1までの道の整備を終え、休憩タイム。そのあと車でビジターセンターへ向かい、ランチタイム。

 

 

 事故なく無事に午前の作業は終了

 

 

 ビジターセンター管理棟で食事

 

 

 管理棟横のシバグリ。 秋風の 吹けども青し 栗の毬(芭蕉)

 

 

 本日参加の精鋭部隊(ビジターセンター駐車場)

 

 午前の場はここまで、後は午後の部に続きます。      文責 H.T

 

 



2018.09.24 ハイキングルート補修作業報告その5

 第5回目となるトレイル整備活動は、曇り空の中9名(隊員7名 サポーター2名)で実施致しました。

 本日のコーは”呂谷口〜こもれび展望所コースと、△海發譴單庫晶蝓(山道)~雲隣展望台方面、そして1昔拇庫沼罅蘇呂谷口を整備、状況確認致しました。この内の雲隣展望台〜風呂谷口コースは台風被害が甚大でハイキングルートとしては歩行可能には至りませんでした。

 

 今日のスタートは体力温存のため、急階段の化石谷の上りを避けて、聖天展望台周りで府道43号線風呂谷口へと向かいました

     

 

   ”呂谷から谷沿いに入ると早速、荒れ模様の前兆が

 

 

   今日は分岐点を「こもれび展望所」方面へ進みます

 

 

                歩行の妨げになる小枝などの処理をしながら歩を進めていくと

       

 

          大きな倒木が…ここは自慢のMy鋸の出番です

     

 

  こんな倒木は力づくで処理します             こんなに太いのも手びきですかぁ〜 アッパレ‼

  

 

           おつかれさま〜歩けるようになりました

     

 


    少し危なっかしい木の上を渡ると、次は杉の枝葉が行く手を塞ぐ…要注意!!

   

 

         そして大木が行儀よく

     

 

     更に奥にも…

 

 

  跨いで歩けるようになりました

 

こんなことを繰り返しながら尾根に辿りつきました

 

こもれび展望所に到着後、昼食タイム

午後は尾根道を100m程戻り雲林展望台方面へ進みます

早速頭上に現れたのが≪トレランYチーム≫より報告を受けていた危険倒木

                左は大丈夫だが               右側は、皮1枚と小枝の支えのみ…これはほっとけんぞ〜と

 

 

         ロープを投げて                      全員の協働作業…〈せ〜の〉の掛け声一発でドス~ン 

 

 

      落ちた大木の小枝を払い跨いで歩けるようになりました

 

 

  これでこもれび展望所尾根~雲隣展望台方面も歩けるようになりました

 

以下は1昔拇庫沼罅蘇呂谷口の様子です。被害甚大…大荒れです

                                    谷の向かい側斜面

 

これは手引きの鋸では切れません          細い方を切って                   太いのは潜りましょう

  

 

こんな事も…

               二人力を合わせ…Doing                     After…ど〜ぞ

 

 

谷へ降りたらこんな状況です

          少しはTryしましたが、今日はお手上げ…以後の課題として残しました

  

 

  

 

             本日ご参加の皆様方です。帰路、府道43号線地獄谷口でひと休みです。少しお疲れかな?

                                          今日も大変な仕事になりましたネ     お疲れさまでした

                                                                                                         (文責 稲田)

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2018.09.23 トレイル補修活動(トレランチーム)

箕面の山のトレイルの被害を何とかしようと、トレランチームによる整備活動を行いました。

勝尾寺・八天杉コースの参加メンバーを中心に有志のトレイルランナーが集まり、

手にノコギリやスコップを持って、総勢18名で以下のルート補修を行いました。

その様子をご報告します。

 ・勝尾寺園地〜降三世明王ルート(J1~J4)

 ・こもれび展望所〜雲隣展望台ルートの一部(B10~B9)

 

☆勝尾寺園地〜降三世明王ルート(J1~J4)

 

降三世明王の坂の階段。倒木の根と一緒に浮き上がってしまっています。

 

 

 

 

何とか整えることができました!

(※ですが、ここの階段は全体的に不安定になっています。通行時は十分ご注意ください!)

 

☆こもれび展望所〜雲隣展望台ルートの一部(B10~B9)

 

Yさんのでっかいノコギリが大活躍です。會津鋸と言うそうです。

 

 

一部ですが何とか通れるようになりました。

このコースは、パトロール隊にて別日のチームが引き継いで整備します。

 

 

本日、集まっていただいたみなさん、パトロール隊事務所前にて。お疲れ様でした!

 

最後はやっぱりこれですね

                          担当記

 



2018.09.19 ハイキングルート補修作業報告その4

箕面の山パトロール隊は台風21号で被害を被ったハイキングルートの補修作業を精力的に行っています。9月19日に実施しました4回目の作業に隊員11名、サポーター4名の総勢15名が参加しました。今回は、桜谷から六個山にかけてのハイキング道の整備です。

 

瀧安寺広場から桜谷に向けて出発しました。

 

桜谷に向かう坂道で早速、倒木がお出迎え。これを処理しました。

ビフォー                   アフター

 

 

桜谷に入ります。

 

箕面の山パトロール隊が設置していた看板が強風で飛ばされていました。しっかり付け直します。

 

桜谷から望海の丘に向かう山道で大きな倒木があり、先に進めません。これを処理しました。

今回も鋸が大活躍しました。

 

ビフォー                   アフター

 

 

望海の丘からささゆりコースに向かう山道でも数カ所で倒木がありこれらを処理しました。

ビフォー                   アフター

 

 

わくわく展望台で眺望を楽しみながら昼食休憩をとりました。

 

午後からは、林道から西尾根コースにとりつき六個山を目指します。西尾根コースも倒木の被害が甚大です。

ビフォー                   アフター

 

 

六個山の山頂が近くなるに従い倒木が多くなってきました。この辺りは、とりわけ松の被害が大きかったようです。

 

倒木を処理したり、迂回しつつ進み、六個山の山頂に到着しました。強風を遮ることのない山頂はご覧の有様です。

 

 

下山はわくわく展望台まで同じ道を辿りました。わくわく展望台で一休み。

 

わくわく展望台から憩いの丘を経由して平和台北口に下山しました。倒木は殆どなく快適に歩くことができました。しかし下山口付近で倒木が2カ所あり、これらを処理しました。

 

全員、怪我もなく平和台北口に下山し、5時間以上に及ぶ今回の作業を終えました。

 

今回、参加した面々です。お疲れ様でした。(六個山山頂にて)

 

今回の作業で、桜谷から望海の丘、ささゆりコースを経由してわくわく展望台、西尾根コースを経て六個山山頂までのルート、わくわく展望台から憩いの丘を経由して平和台北口に下山するルートの整備ができました。これにより10月から六個山コースのクリーンハイキングを実施することが可能となりました。一方、西尾根コースの下半分や六個山に至る他のコースは未整備のままで、今後の課題となりました。

(報告者 TU)



2018.09.17 ハイキングルート補修作業報告その3

  今日の主役たちが駅前ゆずるくんの前に集合です

 

 

出発前にハイキングルート整備作業の今後の進め方と、今日の作業予定の打ち合わせです

  森岡副隊長と掛水リーダーの連絡、指示、確認がありました

     立ち入り禁止区域には入らない事の確認と、今日の作業予定、今後の整備作業の進め方等々

 

 

今日は龍安寺前から紅葉橋を渡り、急階段を上ります。林道に出た後、府道を経て地獄谷口へと進みました

                   急坂の半ばです                       地獄谷口を入れば早速、まだ元気な○○隊員

 

 

今日の作業予定場所の地獄谷尾根筋へと進みます

      早速、行く手を阻む倒木が           切る人・支える人

 

 

                   ひたすら鋸をひく人           そして仲良く協働の人…

       

 

                         これは跨げる                    道に落ちた枝はドッコイショッと

              

 こんなことをしながらやっと尾根にたどり着きました

  大きな樹が倒れています 

                    力持ちが交代で…                         見事に切断  ヨシッ!跨げる 

 

 

   頭上の落ちそうな大枝は秘密兵器で切り落とし  身長なんか関係ね~やとルンルンで

         

 

  更に行く手を阻む倒木と皆様方の奮闘ぶりを

   この枝は如何にすべきか     潜れるものは潜り跨げる所は跨ごうか   これは切らねば
  

 

             ここはイイね                 これは切るぞ‼                        先の見通しは???

     

 

                 この先、怪しそうだ!                   まだまだ出てきます

          

 

更に進めばまだまだ頭上、足元に立ちはだかる倒木が 

                       跨いで進み、潜って進み、切って払って進んだ尾根筋です

  

 

  

 

辿りついた谷筋との合流点では

                案内板が倒れています                    横の杉の木のすくい投げにやられました

 

 

更に谷筋を覗いてみると  大荒れの地獄谷谷筋が伺われます(本日未処理)

 

この後、こもれび展望所で昼食、ひと休み後、林道を下りました

午後の部は林道ブルーシートの場所から才ヶ原池へ向かいます

ここでも倒木の処理をしながら道を切り開いていきます

美味しい弁当をいただき、ユックリ休養したご老体(オット失礼)元気です 

 

 

才ヶ原池周回道では、2班に分かれ効率よく作業です 

                  ここでも働きます                  大谷ばりのフォームも出ました

 

 

才ヶ原池、周回できますよ〜≪足元・頭上注意≫で…

                  跨いで                      潜って                                       ハイカーの楽しみは残しています

  

 

いよいよ今日のフィナーレです

   才ヶ原池口の倒木処理を全員で行いました

                      Before                         Action                         After

  

 

     仕事をやり終え一息入れる皆さま方    お疲れさまでした


本日参加頂いた皆さま方です

    こもれび展望所で昼食後の元気な皆さんです

                         まだやるぞ‼の意気込みを感じます…ちなみに今日は敬老の日でした

                                                                      お疲れさまでした!

                                                                                                                                     (文責 稲田)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2018.09.13 ハイキングルート補修作業報告その2

9月4日に近畿一円を襲った台風21号によって箕面のハイキングルートは大きな被害を被りました。箕面の山パトロール隊は、一日も早いクリーンハイキングの再開を目指して、9月11日からコース整備を開始しました。

2回目の作業は9月13日に実施しました。今回の作業は、ババタレ坂、才が原林道入口からこもれび展望所登り口までの車道、雲隣展望台周辺、こもれび展望所から尾根道にかけての倒木処理とコース整備です。

 

阪急箕面駅に、隊員9名、サポーター2名が集合し、才が原林道に向けて出発しました。安全確保のため、隊員専用のヘルメットを着用します。

 

西江寺を抜け、前回整備した才が原林道を進みます。

 

才が原林道からババタレ坂を下ります。

 

ババタレ坂は倒木が多いと予測していましたが、倒木は1カ所だけでした。今回の台風は南風のため北斜面にあたるババタレ坂は影響をさほど受けなかったようです。一安心です。

 

倒木は鋸で適当な長さに切り、土砂の流出止めのために残置します。

ビフォー                   アフター

 

 

今回の作業のほとんどが鋸によって行われました。

 

いったんビジターセンターに下り、昼食休憩をとりました。午後はババタレ坂を登らずに才が原林道入口から車道を歩き、箕面駅方面に戻ります。

 

道に横たわる倒木を運びました。

 

更に進むと倒木が道をふさいでいます。枝を落とし、道を整備します。

ビフォー                   アフター               

 

 

林道から、わき道を雲隣展望台方面に向かいます。ここでも数カ所に倒木があり、処理しました。

ビフォー                   アフター

 

 

ビフォー                   アフター

 

 

才が原林道に戻ります。突然、おびただしい数の倒木が道を塞いでいました。あまりのすさまじさに一同唖然としました。おそらく風の通り道だったと思われます。

 

 

 

 

道路に倒れこむ幹は処理が難しいですが、道を塞いでいる枝は可能な限り切り落としました。

 

 

 

車が通れるほどに整備ができました。

 

こもれび展望所に登り、休憩です。

 

 

こもれび展望所からの尾根道も数カ所の倒木があり処理しました。

ビフォー                  アフター

 

 

今にも落下しそうな高所の枝も処理しました。

 

 

才が原林道に下り、5時間以上に及ぶ作業を終えました。

 

今回の作業に参加した隊員とサポーターです。(ビジターセンターにて)

 

2回にわたる作業で、箕面駅から西江寺、才が原林道を通りババタレ坂を経由してビジターセンターまでのルートが整備できました。しかしながら未整備のルート、通行止めの道が沢山残されています。箕面の山パトロール隊は今後とも可能な限りルート整備を進めていきます。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

                    (報告者 TU)

 

★他のトレイル補修作業の様子はこちら→ブログカテゴリ:トレイル整備      

                              



2018.9.11 ハイキングルート補修作業報告

 9月11日、パトロール隊員およびサポーター総勢15名(隊員11名、サポーター4名)が、台風21号のため通行不能となったハイキングコースの倒木処理、撤去作業を実施しました。

 この日は、「一日も早いクリーンハイキングの再開」を合言葉に、西江寺から風の杜を経て才ケ原林道のババタレ坂まで、約5時間30分のルート補修作業。次から次に立ちはだかる倒木を前に、黙々とルート修復に汗を流しました。隊では次回13日の作業で、ビジターセンターまでのルートを確保する予定です。それでは早速、サポーターの皆さんと隊員の奮闘ぶりを紹介しましょう。

  

午前9時半過ぎ、作業の安全のため隊のヘルメットを着用し、現場へ出発‼

西江寺の境内から山へ向かうと早速、倒木のお出迎えです

枝を落とし、手際よく倒木を撤去します

撤去完了後のショットです

 

つぎは、広範囲に道を塞ぐツツジ広場近くの倒木

ここでも隊員、サポーターが力を合わせ、倒木を処理、撤去しました

撤去後の写真。ルート確保完了です

 

さらに登ると、コナラの巨木が倒れ、危険な状態に

巨木を切り倒し、隊員を中心に危険な撤去作業を行いました

ほぼ元通りに修復したルート

 

風の杜の手前。数本の木が折り重なりルートを塞いでいました

もつれた糸をほぐすように、絡まった枝を、根気よく一本、一本取り去って・・・

ここも通行できるようになりました

 

  

才ケ原林道に出て、しばしの昼食休憩。尾根筋には秋の風が吹いていました

 

昼食後、バタタレ坂に向かうと間もなく、風に折れた無残な姿の倒木が道を塞いでいました

苦労した倒木の撤去作業。シンドかった⁉

なんとかルートを確保できました

 

さらに進むと、道に覆いかぶさるような大木。隊員がよじ登り、倒木の状態を確認。作業の手順を決定します

手始めは、樹上での枝切です

見事なチームワークで撤去に成功‼

 

この日の最後は、道を塞ぐソヨゴの枝切りと落石の撤去です

あっという間に、ソヨゴの枝は切り落とされ

そして、落石も道端へ

 

この日の作業を無事終了し、下山

聖天展望台の下で一息入れるみなさん。さすがに疲れました⁉

 

最後はこの日、参加された皆さんの写真です。

 

 想像以上に台風21号の爪痕が大きかった箕面の山。この日の補修作業で西江寺からババタレ坂までの通行は可能となりましたが、これはまだルートのごく一部。パトロール隊はこれからも、各コースの復旧に向けて尽力していきたいと思っています。皆様のご理解、ご協力をお願いします。最後になりましたが、この日、補修作業に参加されたサポーター、隊員のみなさん、ご苦労さまでした。

                                            報告 竹内

 

★他のトレイル補修作業の様子はこちら→ブログカテゴリ:トレイル整備

 

 

 



2018.5.12 象の足・トレイル整備

箕面公園の巨樹といえば、「象の足」(モミの木)。

幹回りは400cmにもなる巨樹への道の整備を今年も行いました矢印上

整備は箕面マウンテンバイク友の会と共同で、3年目の活動になります。

 

本日は総勢23名(公園管理事務所からもご参加)で実施しましたき

活躍の様子をご覧ください。

 

△作業前の説明。モミの木を見上げながら。

 

△横木に鉄筋を打ち込んでいく方法で階段を作っていきます

 

△ちびっこも大活躍してくれています!

 

△巨樹の前にテラスのような場所を作ります

 

△平らにして歩きやすいスペースを作ります

 

△階段ができてきました

 

△仕上がり具合をチェックしています

 

△巨樹をバックに。お疲れ様でした!

 

 

 

 

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734