HOME > 活動ブログ

2017.12.14 「才川コース」実施報告

    早朝に舞った雪が、まだかすかに残っていました。才川の谷に届いた、本格的な冬の便りです

 

 才川の沢歩きは、2か月ぶり。今冬初の寒波襲来で、震え上がるような寒さとなりましたが、19名(一般参加6名、隊員13名)の参加をいただきました。谷筋は滑りやすいうえ、先般の台風の爪痕が生々しく残り、足場を気にしながらのクリーンハイキングとなりましたが、みなさん無事に歩き終えました。それでは早速、この日の模様を紹介しましょう。

 

 師走も半ば、街のあちこちで年の瀬を告げる飾りつけが目につくようになりました。 

               
             箕面駅前に現れた雪だるま     才川に向かう途中で見かけたサンタさん

 

この日は才川をさかのぼり、才ヶ原池から林道を歩き昼食。その後、谷山谷分岐から三ツ石を経由し、再び才ヶ原池をめぐって風の杜を通り、西江寺から解散地点の箕面駅前に戻りました。

 

             
              第二の集合場所、如意谷へ向かいます        才川の入口で準備体操

 

 才川の谷を歩くのは2カ月ぶり。台風の爪痕はいまだに残っていますが前日、コース担当者や隊員有志がコース整備を行い、ずい分と歩きやすくなっていました。早朝には雪が舞い、厳しい冷え込み。冬本番を思わせるなか、さあ、出発です。

                                   

                                         ゲートを通り、出発です

                   
                            足元に注意しながら、谷筋へと向かいます

                         

                                    最初の難関の砂防ダムを登ります

                         

             つぎは、斜面のトラバース、気を緩めずに!

               

                そして、倒木が道を塞ぐ難所へ

                                     

                足元に気を付けて、倒木の根元を回り込み

                  

               次は「ヨイショ!」と巨木を乗り越えました

 

 この日、参加された皆さんです。

    才川の谷での記念写真。斜面を登ったり、川を渡ったり…。みなさん、なんだか楽しそうですね

 

 さあ、沢歩きも後半。身体も温まって、みなさんの足取りも軽やかです。

                                

                                        心地よい小滝の瀬音を背に・・・

          

             足元に気を付けて斜面の下りや登りを繰り返し歩きました

                          

              冬空を映す才川の流れ、この日はとても穏やかでした

 


     落ち葉が積もる谷筋。木々はすっかり葉を落とし、深々と冬の静けさが伝わってきました 

 

 ここで、閑話休題。色彩が乏しい冬の路傍で数は少なくなりましたが、いくつかの草花を目にすることができました。  

      

   返り咲きするモチツツジ        蕾が膨らんだスイセン       満開のサザンカ
  そして、冬の到来を告げる木々です。

        

     残り僅かになった葉が揺れるクヌギ        色褪せ、落葉寸前のモミジ

 そして、実り。もう冬への備えは済ませていました。

        

          ノイバラ            センダン           ソヨゴ

 

 さて、本題へ。才川の谷筋を登りきると才ヶ原池に到着します。ここで一行は小休止。このあと林道から池を遠巻きに歩き、昼食を摂りました。 

             

             落ち葉の道を踏みしめ、才ヶ原池へ向かいます

      

                池の傍の拓けた空き地で昼食。リラックスして弁当を平らげました

 

        

            昼食後、谷山谷分岐から三ツ石に向かいます

        

             そして、冬の陽を浴びながら再び、林道を下り

        

                      風の杜から西江寺を経て解散地へ

 

 この日も沢山のゴミを回収することできました。ありがとうございました。隊では山の美化運動のほか、看板の取り付けなど様々な活動を行っています。こちらの方も、みなさんのご理解をよろしくお願いいたします。

       

       防火看板を取り付けるK隊員        こんなに沢山のゴミ。有難うございました

  

本格的な冬将軍の襲来で、身を切るような寒さ。そして、先般の台風で倒木がルートを遮るという厳しい条件での沢登りとなりました。年の瀬、暦の上ではすでに大雪に入り、2ヵ月ぶりの才川の谷筋はあっという間に、本格的な冬景色に変わっていました。つい最近まで、私たちの目を愉しませてくれた色とりどりの紅葉はほとんど姿を消し、裸木が目立つようになった谷筋。瀬音や風、そして鳥の声も、なんだか寒々としていました。

  

 ところで、春夏秋冬のなかで、冬は生物にとって最も過酷な季節。高村光太郎は自作の詩「冬が来た」の一節で

  きりきりともみ込むような冬が来た

  人にいやがられる冬

  草木に背かれ、虫類に逃げられる冬が来た

と表現し最後に、

  刃物のような冬が来た

と結んでいます。冬は、生命にとって過酷な季節、そして忍従の季節です。この時期があればこそ、春を迎えたときの喜びも増すのでしょう。そんなことを思いながら、寒風の中を歩いたクリーンハイキングでした。

 

 最後は聖天展望台から、箕面の山々を望んだ写真です。手前のコナラが、過ぎ行く秋を惜しむかのように鮮やかに紅葉していました。

  

この日は、皆さんのご協力で26キロのゴミを回収することができました。ありがとうございました。次回は新年111日(木)に実施します。集合場所は従来通り阪急箕面駅前(9時30分)、才川入口(如意谷団地西側10時)の2か所です。来年も多数のご参加をお持ちしています。それでは、みなさん、良いお年を。

         担当隊員一同 (写真と文 竹内)

  

  
 


 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2017.12.11 谷山谷コース

 昨日、箕面駅前のサンプラ8階の大会議室で「明治の森箕面国定公園指定50周年記念フォーラム」が開催されました。

 

 午前中は大阪府立大学の石井 実氏による「明治の森箕面国定公園の自然について」という基調講演が行われ、そのあと「これからの明治の森箕面国定公園を考える」というテーマでパネルディスカッションが開かれました。パネリストには東京都の「明治の森高尾国定公園」で活躍されているレンジャーの方がたが招待されており、箕面市のパネリストと熱心にディスカッションを戦わせ、観客の拍手を得ていました。

 

 午後からは「人と自然の共生のために・・・箕面の身近な自然を大切にしよう」というテーマで生物多様性の研究フォーラムが開かれました。3名と1グループの方が「ハチの生態」、「箕面川のオオサンショウウオ」、「才が原池の外来魚」、「箕面の池に生息するマミズクラゲ」といった興味深い内容の発表を行いました。

 

 まる1日がかりの催しで疲れましたが、箕面の自然のこれからを考える一日になりました。

 

 さて、本日は谷山谷コースのクリーハイキング。寒くなるという予報で、少し厚着の出発になります。参加者は一般の方が8名、隊員が10名です。

 

 

 干上がった薩摩池

 

 新薩摩池

 

 五藤池の水鳥(ホシハジロでしょうか)

 

 白姫神社前の広場は少し荒れていましたが、集まってお話。大掃除大作戦の実績報告、「明治の森箕面国定公園指定50周年記念フォーラム」のことなど。そのあと念入りの準備体操をして出発。

 

 M隊員指導のもと、準備体操

 

 白姫神社境内横の山道を上り、本殿前に出る。本殿横を抜けると山道に入る。

 

 山道を一列で進む

 

 ネジキの紅葉

 

 山道の倒木は処理されて片づけられているが、林床には強風で根元付近から折れた木が目立つ。

 

 根元付近で折れたソヨゴ

 

 赤松の老木か

 

 休憩所ではベンチ前の松が倒れていたので処理作業

 

 黄葉したカマツカの葉

 

 紅葉したモチツツジの葉

 

 勝尾寺南山を上る

 

 南山からの遠景。空を雲が覆い、遠くはかすんでいる

 

 本日参加の皆さん

 

 南山には11時ごろ到着。弁当を開いたが、突然あられが降り始め、気温も少し下がったように感じます。急いで防寒処置をします。昼食を済まして記念写真を撮り、早速南山を下ることにする。

 

 南山を下る

 

 この谷山谷コースでは尾根コースは倒木の処理がされておりハイキングができるが、谷コースの倒木は未処理のものが多いと聞いている。そこで茶長阪川橋に出てしらみ地蔵を目指すことにする。

 

 三叉点を右に折れて茶長阪川橋をめざす

 

 ヤマコウバシ

 

 コナラの葉の紅葉

 

 松の根元で見つけたキノコ

 

 ここでも所々木が倒れており、根元の土がめくれあがっている

 

 茶長阪川橋

 

 気温は6℃

 

 道路脇にセンニンソウらしき花が咲いていた。センニンソウの花期は夏だが?

 

 5号線入口入口からハイキング道に入り、しらみ地蔵へ。ここから谷山尾根へ向い、来た道を帰りました。

 

 しらみ地蔵

 

 コバノミツバツツジ(春が待ち遠しい)

 

 タカノツメ

 

 折れてソヨゴの木に引っかかったコナラの枝を力を合わせて引き下ろそうとするも失敗、断念。

 

 休憩所でも折れた枝が気になるようです

 

 もうすぐ白姫神社に帰り着きます

 

 来た時には何もいなかった薩摩池にはアオサギが1羽餌を探していました

 

 白島荘横には午後2時頃帰り着きました。今日は陽が陰って風が強くなると寒く感じ、陽がでてくると温かく感じる一日でした。

 

 本日回収したごみは土のう袋2袋、9.8kgでした。

 

 次月度(来年1月8日)は勝尾寺参道コースを歩きます。集合場所は皿池公園です。  文責 H.T



2017.12.09 リース作り

企画リース作り

 お知らせ

 

寒さが一段と増している。気象庁によりますと、今後1週間程度、

上空の強い寒気が流れ込みやすく、気温が平年より低い状態が続くという。

中、今日も寒さは厳しくありましたが、暖房のきいた室内でのリース作り

一般参加者11名 隊員4名 で1人1人の特徴が生かされ、素晴らしい

リース作りが出来ました。

作品をご紹介いたします。

 

            これらの材料をつかつて作ります

 

            材料を依りだしこれから作る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以上のように素晴らしい作品をご紹介いたしました。

 皆様の応援を頂き、15種類物材料をそろえる事が出来ました。

 こんなに素晴らしい作品出来ました。

 初参加方、常連さんの方と和気あいあいと取り組んでおられました。

 御協力を頂いた皆様有難うございました。

 寒さが一段と増してきてます。 お身体大切に、風邪に気を付けて下さい。

 次会をお楽しみに

 

                        掛水

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734