HOME > 活動ブログ

2018.04.21 清水谷コース クリーンハイキング実施報告

5年ぶりに清水谷コースの担当に復帰となりました。 まだ4月というに今日は夏のような気温とのこと、箕面駅に集合して9:00出発です。

251

 

262
隙間にたくましくタンポポが。

 

264
アオダモの白い花。少しブレてしまいました。

 

267
シャガ

 

268
アヤメ つぼみです。

 

269
落ちていた注意標識を修理するK隊員。

 

274
何の花?紫が美しい。

 

277
才ガ原林道にて猿を確認。1匹のみ確認でした。

 

280
ムベ


10:30丁度にビジターセンター着です。

284
体操して出発です。

 

286

 

293
ダム堰堤の清掃です、相変わらず吸い殻が多い。

 

297
桜が咲いていました!

 

298

299

300

301
シマバラウンデンツツジ? 珍しい種類とのことです。

 

304
シダの芽が何やらグロテスクに見えませんか。

 

306
ウワミズザクラ

 

309
清水谷園地前にゴミを集積。 ゴミ量 2袋、3.9kg

 

314

本日参加の皆さんです。

 

 

318

ネコノメソウ

 

319

ムラサキケマン

 

321

キケマン

 

322
イチリンソウ

 

323

エンレイソウ 珍しいものだそう。

 

 

334

339

自然研究路4号線はあちらこちらに倒木が。K隊員により撤去いただきました。

 

 

345

ギンリョウソウ

 

 

348

府道43号線で不法投棄が。出来るだけまとめて置き、市に回収をお願いしました。

 

 

359
15:35 瀧道事務所前で解散です。

参加の皆さまお疲れ様でした。 来月もよろしくお願いします。

 



2018.04.19.「明ヶ田尾山コース」実施報告。

      野に出でよ見わたすかぎり春の風 (辻 征夫)

百花繚乱で春たけなわです。が、その花の代表である「桜」はここしばらく

の気候の不安定さに起因して、開花からほどなく、散り始め、いつしか葉桜

に変わりつつあります。桜前線はもう、東北で梅前線に追いついているので

しょうか。「花の命」は短いとは言え、今年はことさら、その寂しさが募り

ます。ともあれ、春光はうららかで、吹く風も爽やかです。ヴィバルディの

「四季」の<春>はこの情景を美麗な旋律で描写しています。この曲を心に

奏でながら、野や山の<春>を楽しみたいものです。

     ♫ 道をはさんで 畠一面に

       麦は穂が出る 菜は花盛り

       眠る蝶々 とび立つひばり

       吹くや春風 たもとも軽く

       あちらこちらに 桑つむ乙女

       日まし日ましに 春蚕も太る ♫

                  堀沢周安「田舎の四季」

本日も、のぞかな春の風景の中に身を置きたく、一般参加者9名、隊員10

名の総勢19名で、箕面の最奥端の<明ヶ田尾山>(標高619.9m)を

目指しました。


古道・中ノ坂道に咲く、ハナミズキ。

 

   花水木夢の国かと思ひけり (木根渕 成子)

 


瀧道の<一の橋>を渡る。

 

  ♫ みどりのそよ風 いい日だね

    遊びに行こうよ 丘越えて

    あの子のおうちの 花畑

    もうじき苺(いちご)が 摘めるとさ ♫

              清水かつら「みどりのそよ風」

 


箕面公園・昆虫館前に咲く、サトサクラ。

 

     花ひとひらふたひら君を忘れない (黛まどか)   

 


龍安寺広場にて。準備体操。

 

   しゃくしゃくとレタスのような歯触りの朝です

               陽射しあふれています     

                      (山上秋恵)    

 


龍安寺広場に咲く、ハナミズキ。

 

   高き風白く渡りぬ花水木 (稲畑汀子)

 


龍安寺境内の、山吹の花。

 

 山吹は竹の四つ目垣の中にあるのだが、枝は垣の外まで伸びていた。誰か

ーー笠に挿すべき、とよんだとおり、しなやかにたわんだ枝々は雨に濡

れて,いっそう、重たげにみえた。若い浅緑の葉も弁の大きなひと重咲きの

花も雨に濡れてやはり重たげに、たわんでいた。

           山本周五郎著「雨の山吹き」より

 


瀧道左岸<姫岩>前にて。

 

     日は照る、

     日は照る、

     四月の日はほのおのむれのように

     はてしなく大空のむなしさのなかに

     みなぎりあふれています。

     花は熱気にのぼせて、

     うわごとを言います。

     傘のように日のゆれる軟風はたちはだかり、

     とびあがる光の槍をむかえます。

     日は照る、

     日は照る、

     あらあらしく紺青の布をさいて、

     らんまんと日は照りつづけます。

                     大手拓次「四月の日」

 


瀧道に咲く、シャガの花。

 

  しずかなるしゃがひと群(むら)を雨うちて

              午後の雲の果つる際を見つ

                      (宮 柊二)

 


瀧道を歩む。

 

    心地よき若葉トンネル足軽し (岡村昭則)  

 


府道43号線沿いにて、山ごみを回収されている参加者のみなさん。

 


同じく、山ごみ回収に余念がない、参加者のみなさん。

 


府道43号線沿いに咲く、ユキヤナギの花。

 

  たっぷりと白い絵の具を含ませて

           風の形を描く雪柳

                (小林真希子)

 


<百年橋>にて。橋下の山ゴミを執念で回収されるMさんとYさん。

お二人で、何度も挑戦されました。

 


これを見ていた、熱血漢・H隊員が、<義を見てせざるは勇無きなり>と、

ロープつたいで下降しました。

 


橋下の、ゴミをすべて回収するH隊員。

*かくて、ここに、「男女共同参画社会」がいちはやく、実現致しました。

 

      いつまでも

      美しくあってほしい

      私たちの箕面の山!

               (箕面の山パトロール隊)

 


ビジターセンターの咲き残る、イカリソウ。

 

     錨草切なきほどに海遠し (朝倉和江)

 


箕面川ダム湖より見上げた、カスミサクラ。

 

   夕山の新芽にまじるさくらの花

          明るみながくのこりゐるも

                   (木下利玄) 

 


市道箕面五月山線沿いの、アケビの花。

 

     白き鈴割れて紫花通草  (多田美州)

 


市道箕面五月山線の斜面下にて。本日のメインワークの山ゴミ

引き上げ作業です。K隊員の奮闘振りをご覧下さい。

落差30m下に降りました。

 


山ゴミの入った土嚢袋を引き上げています。

 


次に、不法投棄されたプラスチックケースの引き上げです。

 


H隊員が応援に駆けつけ、タイヤの引き上げ準備です。暑さで、背中に汗が

滲み始めました。

 


二本目のタイヤを引き上げるK隊員。

この現場力の凄さは比類無きものです。

気温24℃に上昇し、全身、汗だくです。

お疲れ様でした。

    

         自然を守る!その信念は揺るぎなし!

    

引き上げました不法投棄物のすべてです。

 

    <本日の全回収重量:約45kg> 

 

     不法投棄は犯罪です!   

              (箕面の山パトロール隊)

 


エキスポの森付近の、ウワミズサクラ。

俳人I隊員の一句。

 

    大空にウワミズザクラ打ち上がり (篤老)

 

 


エキスポの森・芝生公園にて。ランチ・タイム。12:10。

 

   春の野に鏡を置けば古き代の

          馬の脚など映りておらん

                 (中川佐和子) 

 


食後の、コーヒー。

 

 やわらかな誰れが喫みさしし珈琲ぞ

        紫の吐息ゆるくのぼれる

                 (北原白秋) 

 


梅ヶ谷へ。 

       

    ♫ 色は黒いが 気はやさしい

      胸にファイトの 血が燃える

      身にはボロ服まとえども

      おいら蔵王の山男

      ああ愉しき 我が心 ♫

                    作詞不詳「蔵王の山男」               

 


梅ヶ谷付近の、躑躅。

 

   つつじ燃ゆ土から色を吹き上げて (上野章子)

 


明ヶ田尾山へ。

 

  谷あいの空は若葉に奪われて

         ガラスの破片のごとき木漏れ陽 

                  (中野朱玖子)  

 


遂に、明ヶ田尾山・山頂に到達!PM1:45。みなさん、長途のハイキング、よく頑張りましたね!

お疲れさまでした。

 

  <その西の里山が明ヶ田尾山だ。山名の成り立ちに興味を

   そそられるが、アケガタオやアケタオよりもミョウガタオ

   の方が読み方としては古いらしい。>

                  鈴田望著「続 北摂山物語」より 

 

本日は季節外れの気温24℃の夏日の中でしたが、山中では風が優しく撫で、

小鳥は囀り、若葉が眩しく、快適なクリーンハイキングとなりました。サクラ

やツツジの満開の時期を逸しましたが、春の草花を観察し、コシアブラ採りを

楽しみ、狸や猿に出会えたのは僥倖でしたですね。約20kmの行程でしたが、

さほどの疲れも残らず、充実したものになりました。お疲れさまでした。

さて、地方紙「北國新聞」に、金沢在住の81歳の辻村美智さんの「桜吹雪」と

題する、心打つ、美しい投稿文が掲載されていましたので紹介します。<桜吹雪

に高揚するのは、初めて金沢に来た時を思い出すからです。私のふるさと北海道

の桜とは驚くほど違っていました。枝々に咲き誇る薄紅色の花は、豪華絢爛に見

えました。ひらひらと乱舞する花びらは、春風と合奏しているかのように、胸に

響きました。嫁ぐ日の複雑な感情が晴れるほど、清麗な光景でした。美しい桜吹

雪を堪能しましょうよ、と父母の気持ちに寄り添う事もせず、兼六園の桜に酔い

しれていました。父のさみしそうな顔が不思議でした。今思えば天真らんまんと

いうより、無知蒙昧な有様です。嫁に出す私を心配していたことでしょう。何し

ろ嫁ぐ日に、父母へ礼のあいさつもしませんでした。(中略)年を重ねると父母の

恩を思い胸が熱くなります。父母が旅立った年になりました。老いた私が空に向

かって手を振って歓喜しているのは、あの世への感謝と、桜吹雪の美しい調べを

聞いているのです。体中で、桜の賛歌を受け取っているのです。>

それでは、みなさん、また、五月にお逢いしましょう。

ご機嫌よう、さようなら。

               コース担当者一同

                     (文責:森岡)

 

 

 

      

 

      

 

 

 

        

 

 

 

 

        

 


 

 

       

 

 

 

 

        

 

     



2018.04.18 天上ケ岳コース実施報告

夜半に降った雨も明け方には上がり、青空が見えはじめました。本日(4月18日)の天上ケ岳コースのクリーンハイキングに15名の方々が参加しました。

今回は、箕面大滝、百年橋を経由して天上ケ岳を目指します。市道箕面五月山線を歩いて箕面川ダム、ビジターセンターを通って箕面駅に戻るコースです。

 

午前9時、出発前に箕面駅前の「滝の道ゆずる君」を囲んで集合写真を撮りました。

 

滝道は新緑に包まれ、林の中から野鳥のさえずりが聞こえてきます。 

 

瀧安寺広場で準備体操をしました。

 

右岸が昨年の台風21号による斜面崩壊で通行止めになっているため、左岸を通ります。

 

箕面大滝に着きました。

 

春の風に吹かれてワンチャンも気持ちよさそうです。

 

周辺ではシャガやハクサンハタザオが見頃を迎えています。

 

 

車道に上がる途中の枯木の上でオオルリがさえずっています。(撮影 T隊員)

 

ヒヨドリが来るとオオルリは逃げてしまいました。

 

百年橋から山道(自然研究路2号線)に入ります。

 

ミヤマハコベが咲いています。

 

午前11時半に天上ケ岳に着きました。昼食休憩をとります。

 

午後は堂屋敷広場を通って市道箕面五月山線にでました。左方向はようらく台園地に向かいますが、その先の山道は依然通行止めが続いています。今回は右に折れ箕面川ダム方面に下ります。しばらく車道歩きが続きます。

 

箕面の山パトロール隊は、車道沿いに不法投棄禁止の看板を立てる活動も行っています。

 

箕面川ダム周辺の車道は陽当たりがよく、沢山の植物を観察することができます。

 

 

キブシ(木五倍子)

 

 

ヤブサンザシ

 

コクサギ(小臭木)  

 

アケビ

 

ビジターセンターで一休み。

 

フデリンドウが咲いていました。

 

モミジの新緑が清々しいです。

 

ババタレ坂を登り、才が原林道を歩きます。

 

遅咲きのカスミザクラやウワミズザクラを見ることができました。

 

 

午後3時過ぎに箕面駅に到着し、解散しました。参加された皆様お疲れ様でした。今回、回収したゴミは18kgでした。次回の参加をお待ちしています。

 

天上ケ岳コース担当一同(報告者 TU)



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734