HOME > 活動ブログ

【お知らせ】2020.03.28 石澄の滝コース 明日中止

明日、3月28日(土)のクリーンハイキング「石澄の滝コース」は、

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、中止します。 

                      コース担当 平坂



2020.03.06六個山・ようらく台コース  実施報告

早春の陽射しを受け浮かび上がる大ケヤキ。ポカポカ陽気に、そろそろ枝先の冬芽がふくらみ始めそうです

 

 寒の戻りで冷え込んだ朝、集合場所の阪急箕面駅前には26名(一般参加者15名、隊員11名)のみなさんが集まりました。新型コロナウィルス感染防止に留意し、春の兆しを求めて実施したクリーンハイキング。それでは早速、その模様を紹介しましょう。

 この日は桜広場から山の神を登り、わくわく展望台経由で六個山山頂へ。昼食後、ドライブウェーを歩きようらく台から十二曲がりを経て落合谷を下り、ここで仮解散しました。

  

定刻に出発。きょうは久しぶりに一の橋から山の神コースを登って六個山に向かいます

台風禍で日当たりの良くなった急斜面を登り桜広場へ

 

 体調チェックを済ませ諸注意を聞いた一行は、桜広場で準備体操を済ませ、山の神を一気に登り、さささゆりコースを歩いてわくわく展望台へ。

  

桜広場では参加者の健康チェック後、柔軟体操を行い急坂登攀に備えました

  

山の神コースには一行の行く手を遮るように、あちこちで巨木が倒れていました

山の神コースではこんなシーンにもお目にかかりました

  

ハート広場手前で小休止。ここからささゆりコースを歩き、わくわく展望台へ

 

 この日は朝の冷え込みから一転、時間とともに陽射しも強まりポカポカ陽気となりました。わくわく展望台で、眼下の眺望を満喫した一行は、六個山へ向かいます。

眼下に迫る北摂の街なみ。そして、遠くに見える山並み。山に登ってこそ味わえる「至福の時」です

  

木陰から眼下の街並みに見入る人もいれば、太陽の下で大阪平野の眺望を愉しむ人も

  

林道から六個山の登り口へ。本日最後の急登です

 

 ここで、近づいた春を告げる花々、膨らんだ木々の冬芽などのいくつかを紹介しましょう。

箕面川の川べりに顔を出したフキノトウ。春が近いことを知らせてくれました

【早春の花々】

  

(左から)オガタマノキ、オオバヤシャブシ、アセビ

  

(左から)ウメ、ヒサカキ、ウグイスカグラ

【早春の花芽】

  

(左から)ニワトコ、コブシ、サクラ

【木の実】

 

(左から)アリドオシ、ナワシログミ

【膨らんだ冬芽】

  

(左から)モミジ、クロモジ、シロダモ

冬の終わりを告げるかのように、落下したヤブツバキの花が水面に浮んでいました

 

 閑話休題。六個山山頂で、ランチタイム。世界を震撼させている新型コロナウィルスの話題をはじめ、よもやま話に花が咲きました。そして、ようらく台へ出発。

  

早春の陽光が眩しい山頂でのランチタイム。切り株が即席のベンチになりました

 

 六個山を下って石澄川を渡渉し、ドライブウェーを歩きようらく台でゴミを回収。長めの休息を取った一行は、十二曲がりから大ケヤキを経て落合谷を下り、仮解散しました。

  

昼食後、北斜面を下り、石澄川を渡渉。ようらく台にむかいます

  

ようらく台で一息入れた一行は、早春の陽を浴びながら十二曲がりを下り尾根道を進みます

  

三叉路を右折し、落合谷方面へ。眼下には北摂の街並みが望めました

  

歩き疲れた脚のストレッチ。落合谷の坂に備えます。ここから長い下りがはじまります

谷間に響く瀬音、木立から届く鳥のさえずりに癒されて谷を下りました

  

仮解散地点に到着。仮解散後、思い思いに箕面駅方面に向かいました

 

 この日は、みなさんのご協力で10キロものゴミを回収することが出来ました。有難うございました。

   

 

 

 早いもので、今年も3月に入り梅の花が満開です。桜の蕾も日ごとに膨らみを増し、暦の上では虫が冬眠から目覚め、活動を始めるという「啓蟄(けいちつ)」も過ぎました。これからは、一雨ごとに気温が上昇し、山や里の木々の冬芽は膨らみを増し、一気に春へと向かいます。

 

 雪あたたかくとけにけり

 しとしとしとと融けにけり

 ひとりつつしみぶかく

 やはらかく

 木の芽に息をふきかけり

 もえよ

 木の芽のうすみどり

 もえよ

 木の芽のうすみどり

     ―室生 犀星「ふるさと」−

 

 この日は、新型コロナウィルスの恐怖もひと時忘れて、時おり山間から届くウグイスの声を耳にし、膨らんだ木々の冬芽を目にして、近づく春を堪能することが出来ました。そして今年もまた、いのち萌える季節に出会いえたことに感謝しながら歩いたハイキングでした。

 

最後は、この日参加された皆さんの記念写真です。いい顔、有難うございました。それでは次回、またお会いしましょう。

                                担当隊員一同 (写真と文 竹内)

 

 

 

  

 

   

 

 

 



2020.03.03 東海自然歩道コース実施報告

東海自然歩道コースのクリーンハイキングに、一般参加者11名、隊員5名の合わせて16名が参加しました。連日、新型コロナウイルス感染のニュースが報道されている中、屋外の活動であること、また参加人数も少数であることから、今回もクリーンハイキングを実施することにしました。

 

3月3日は桃の節句です。滝道のお店には可愛らしい雛人形が飾られていました。

 

西江寺を抜け、いつもの広場で、コースリーダーから参加者に対し、新型コロナウイルスへの注意喚起、本日のコース説明の後、入念に準備体操をし、いざ出発です。

 

聖天展望台口のヘアピンカーブ付近の斜面に大型ゴミが捨てられています。これを回収しました。箱の中身は蛍光灯器具でした。

 

 

才が原林道出口付近にも大型ゴミが。これはマットレスでした。

 

 

才が原林道を歩いてビジターセンターに向かいます。サポーターの皆さんは雛祭りの歌を歌いながら歩いていました。

 

ババタレ坂を下るとビジターセンターはもうすぐです。

 

ビジターセンターでは、サポーターのOさんから珍しい大型の柑橘類・晩白柚(ばんぺいゆ)の砂糖漬けの差入れがありました。ご馳走様でした。

 

早咲きのオカメザクラが咲き始めました。

 

オカメザクラの前で集合写真を撮りました。今回参加された皆様です。

 

ここから東海自然歩道が始まりますが、まずは自然研究路4号線を歩きます。

 

途中からトラバース道(尾根道)に入ります。

 

登ること15分程で東海自然歩道に出ました。

 

途中、危険な倒木があり、これを処理しました。

 

 

昼食休憩後は、東海自然歩道から谷道を通って自然研究路4号線のカエル池まで下りることにしました。この道は台風によるおびただしい数の倒木が手つかずのまま残されており、これをくぐったり、乗り越えたりとフィールドアスレチックのようです。皆さん結構楽しんでいました。

 

再びビジターセンターに戻り、しばしの休憩です。

 

府道43号線を歩いて箕面大滝に向かいました。

 

箕面大滝で一休み。

 

箕面川でオオサンショウウオを発見。体長は1メートル以上でしょうか。

 

今回出合った春の兆しが感じられる新芽や花々をご紹介します。

暖冬のせいか、滝道のハクサンハタザオが早くも咲き始めました。

 

パトロール隊の滝道事務所裏にあるマメザクラも咲き始めています。

 

トサミズキとニワトコの新芽です。

 

 

ヒメヤシャブシの花です。長く垂れているのが雄花です。

 

全員無事に箕面駅に戻り解散しました。参加された皆様お疲れ様でした。今回回収したゴミは10圓任靴拭次回の参加をお待ちしています。

(報告者 TU)

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734