HOME > 活動ブログ

2016・12・08「東海自然歩道コース」実施報告。

     山茶花の 咲きてことしも 師走かな (久保田万太郎)

季節の移ろいは速く、すでに師走となりました。暦の上では<大雪>も

過ぎ、一段と時の流れははやくなり、一気呵成に<冬至>へと向かって

行きます。これからは、山々をカンバスとして、自然が描く絵画は紅葉

絵巻から徐々に水墨画へと移って行きます。が、今、しばし、紅葉のフ

ィナーレが楽しめそうです。また、これからの冬の静寂枯淡の世界にあ

って、山茶花の美しさが際立ちます。詩人・八木重吉のように<しづか

なこころ>で、この花を愛でたいものです。

     ♬ さざん花は

       ひそかにも 咲いている

       霜白く

       庭の垣根に 降りた朝

       母のおもかげ しのばせて ♬

                     寺尾智沙「さざん花の歌」

本日も、名残りの紅葉を楽しむべく、一般参加者9名、隊員10名の

総勢19名で、東海自然歩道に向かいました。


瀧道に落ちた柘榴。

 

  ざっくりと裂けて落ちたる実柘榴に

         しんしんと時過ぎゆかんとす

                     (長瀬道子)

 


古道・中ノ坂道に咲く、八手の花。

 

   八ッ手散る 楽譜の音符 散る如く (竹下しづの女)

 


古道・中ノ坂道に咲き残る、コスモス。

 

      風は見えない

      だけど木に咲けば緑の風になり

      花に咲けば花の風になる

      今、私を過ぎていった風は

      どんな風になったのだろう

                   星野富弘「コスモス」

 


西江寺門前にて。本日、参加戴いた19名の皆さんです。

クリーンハイキングの安全を祈願致しました。

 

    満面の 笑みに活力 十二月  (宮田志津江)

 


西江寺境内に咲く、白椿。

 

     ♬ 呼べど返らぬ 面影は

       きえてはるかな 山の上

       月にささげて ひとり泣く

       あわれ涙の  白つばき ♬

                    佐藤惣之助「白い椿の唄」

 


瀧道の紅葉。

 

   掌に受くる血汐もみじや我になほ

         燃ゆるものあり生命せつなく

                      (木村芙美子)

 


瀧安寺広場にて。準備体操。

 

      青春とは心の若さである

      信念と希望にあふれ勇気にみちて

      日に新たに活動をつづけるかぎり

      青春は永遠にその人のものである。

                      (松下幸之助)

 


瀧安寺の紅葉。

 

     風に聞け 何れが先に 散る木の葉  (夏目漱石)

 


弁財天の参道にて。

 

   散ったらばおしまいでない紅葉の

         落ち葉はなほも地面を飾る

                     (三木紀子)

 


弁財天の柊の花。

 

   ひひらぎの白き小花の咲くときに

        いつとしもなき冬は来むかふ

                      (斎藤茂吉)

 


瀧道左岸を歩む。

 

   小気味よい 寒さとなりぬ 年の暮 (星野立子)

 


瀧道左岸に咲く、サザンカの花。

 

    冬の日の寒さに咲ける哀れさと

          師は申されし、さざんかの花

                       (細野 菊)

 


<山ゴミ>回収中の、参加者の皆さん。本日も15,5kgも

回収戴き、ありがとうございました。

 

    人生をもつとも偉大に使う使い方というものは

    人生が終わっても

    まだ続くような何ものかのために

    人生を使うことである。

               (哲学者:ウィリアム・ジェームズ)

 

初冬の大滝。

俳人I隊員の一句。

       

       紅葉の奥で音立て落ちる水  (篤老)    

 


<一目千本>付近を歩む。

 

    健脚は 今も変わらず 木の葉髪  (小川龍雄)

 


<一目千本>付近の、名残りの紅葉。

 

    憂き事の多き一生の旅ながら

          楓もみじに今日染まり来ぬ

                      (野口八重子)

 


ビジターセンターの、冬苺。

 

     冬苺 姫と名付けて 美しき  (磯辺すみ子)

 


ビジターセンターのサザン花。

 

     ♬ サザンカの花 黒髪に

       仲よく飾った 花リボン

       数えきれない 乙女の夢が

       今も心に   ささやきかける

       あゝサザンカの サザンカの

       花咲く町よ  ふるさとよ ♬

                石本美由起「サザンカの花咲く町」

 


自然研究路4号線に入る。

 

      静けさや落ち葉蹴散らす山の道  (岡村昭則)

 


自然研究路4号線に咲く、藪椿。

 

    もの云へば否と答へむ口つきの

          椿の花もあはれとぞ思ふ

                     (与謝野晶子)

 


自然研究路4号線を歩む。

 

    音もなく 木の葉散る散る 初冬かな  (田島昭久)

 


ランチ・タイム PM12:05

 

    割箸の 二つに折れて 年惜しむ  (伊藤 翠)

 


自然研究路4号線の、紫式部の実。

 

   紅き木の実黄なる木の実のみのるなか

            紫式部の色もふかまる

                      (長沢美津)

 


東海自然歩道へ。

       

        あのこえ、

        何のこえ。

        あのこえ、

        谷のこえ。

        ふかい、ふかい、谷のこえ。

       

        谷の底へ、

        いったれば、

        白い水が、

        ゆくばかり。

                 三木露風「山彦」

 


自然研究路4号線に咲く、茶の花。

 

   光あまねく茶の木には茶の花咲いて  (山頭火)

 


東海自然歩道を歩む。

   

   やわらかき落葉踏みゆく冬に入る

           山の鼻目の形ぞ見ゆれ

                      (安永蕗子)

 


ビジターセンターへ。

 

    降り積めば枯葉も心温もらす (鈴木真砂女)

 


<ぎふちょう橋>より仰いだ初冬空。

 

     冬の日はうすいけれど

     明るく

     涙も出なくなってしまった私を

     いたわってくれる。

                 八木重吉「冬」

 


ババタレ坂を登る。

 

     冬の山 鳥語もまれに 一ト日暮る  (宮崎安汀)

 


才ケ原林道の紅葉。

 

    一瞬を燃えにしわれの詩ごころ

         映して紅し残るもみじ葉

                     (笹川しのぶ)

 


聖天展望台から望んだ夕暮れの大阪平野。

 

    日暮れつつ重たき雲の初冬かな  (小野木 雁)

 

本日はまさしく小春日和に恵まれ、最高に快適なクリーンハイ

キングとなりました。なんとか、紅葉のフイナーレにも間に合

い、残照に映える紅葉、舞い散る木の葉や落葉の風情など初冬

の雅趣をみなさんとご一緒に満喫できたひと日でした。ありが

とうございました。お疲れさまでした。

さて、厚労省の推計では、認知症は高齢者の7人に1人が患い、

現在、約462万人で、2025年には1,5倍の約700万

人に急増するとか。これをいかに防ぐかが喫緊の課題です。そ

の対策として、<知的活動>、<運動>、<人との交流>が効

果的とされ、さらに様々な医学的研究が続いているとのこと。

(日経10月30日付け)幸いにも吾らがクリーンハイキング

にはこれらの三要素が包括的に組み入れられていて、認知症予

防にも効果が期待出来ると思われます。こうした観点からも、

意識的に、積極的に参加戴ければ幸甚です。

ともあれ、年内も余日少なくなってきました。この一年を回

顧すれば、様々な思いが走馬灯のように駆け巡ります。

   過ぎた夢まだ見ぬ夢の年の暮れ (山本均三) 

それでは皆さん、また新年1月にお逢いしましょう。

どうぞ、良いお年をお迎えください!

               コース担当者一同

                     (文責:森岡)

(番外編)


<反省会>

 

    腹割って 弾む話や 生ビール (岡 久枝)   

 

 

  

         

       

      


 

 

 

  

  

     

 

 



2016.12.06 クリスマス☆リース

12月6日火曜日、箕面の山の恵でクリスマスリースを作りました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

ちょっと遅れて到着したのですが、廊下に声が漏れていません。

あれ?お部屋を間違えたのかな〜と、扉の隙間から覗くと・・・

みなさん、もくもくと創作中〜。

 

  

 

今回の材料は、隊員が今日のためにコツコツ箕面の山で拾い集めたものたちです。

中には「一年間歩いて2コしか拾えなかった・・」という貴重なものも””

 

  

 

テーダマツ・楓(フウ)・杉・ヒノキ・アケビ・マテバシイ・ヒマラヤスギ・桐

椿・オオヤシャブシ・ウツギ・シロダモ・サルトリイバラ・カラスウリ・ドングリ・栗などなど・・

溢れんばかりの箕面の山の恵み〜♡

 

  

 

今回は『油絵のようなクリスマスリースを作りませんか』ということで、

ペイントした松ぼっくりも用意しました。

 

   

 

  

 

   

 

     "箕面の山の恵みのクリスマスリース”ができました〜☆

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

どのリースもホントに素敵♡

クリスマスが待ち遠しいですね☆☆☆

 

 

 

 

 



2016.12.03 第13回箕面の山大掃除大作戦 御礼・御報告

ご参加・ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました!!

 

 天候に恵まれた第13回の大掃除大作戦は、昨年に引き続き、「年に一度の大掃除!箕面の山でクリーンボランティア」を合言葉に、16団体・252の方々のご協力をいただき実施いたしました。5コースとも斜面などでの作業となり、大型のゴミを中心に回収を試み、ごみの回収量は3,760kgとなりました。
 今年のコースは普段のパトロール隊の活動ではごみ回収ができない懸案の場所で、いずれも急斜面やハイキング道の整備が必要という場所でありました。このため、隊としても、ごみ回収方法の下見や道の整備などの準備を整え、当日を迎えました。当日は多くの一般参加、団体企業の方々にお集まりいただき、積極的な作業で予定していたよりも速やかに多くのゴミが回収できました。特に今回実施したコース(才川、十兵衛の滝)は隠れた箕面の名ハイキングコースですので、引き続きパトロール隊でもメンテナンスをし、活用していきたいと思っています。

 実施にあたり、企業様よりはゴミ引き上げの為の重機や参加者が移動するバスの提供、参加賞の提供などを頂きました。また、大阪府・箕面市などの行政機関からも必要資材の供与やゴミ回収(処理)とご協力を頂いております。多くの皆さんの力を結集して、箕面の山を美しく出来ましたことを改めまして隊員一同御礼申し上げます。
 箕面の山パトロール隊は、今後も皆さんのお力をお借りしながら箕面の山を美しく保ち、次世代につないでいく活動をして参ります。今後ともどうぞご協力をよろしくお願いいたします。
                          

                                   第13回箕面の山大掃除大作戦 実行委員長 村上 竜太

 

☆実施報告書はこちら(2016.12.8追記更新)

☆各コースのブログ報告はこちら(同上)

 

~箕面駅出発の様子〜

 

 

 

 

 

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734