HOME > 活動ブログ

2020.09.14 勝尾寺参道コース

 猛暑もようやく和らぎ、布団が恋しい季節になりました。このコースのクリーンハイキングはコロナの感染拡大による自粛や雨天の中止などで久々の開催です。皿池公園に集合したのは隊員が7名、一般参加の方が13名です。

 

 皿池公園の多目的トイレの前にネットが張ってありました。先日来た時にちょうど工事をやっていました。工事の人に聞くと、多目的トイレのステンレスの扉にボールを当てる輩がいて、扉のあちこちが凹み扉が開閉できなくなったので、それを防ぐためにネットを張るのだという。困ったことです。

 

 ネットが張られた多目的トイレ

 

 公園のホルトノキが緑の実を付けていました。オリーブの実のような形をしています。

 

 ホルトノキの実

 

 いつものようにハイキングに当たっての注意事項を説明し、準備体操をして出発しました。ハイキング中のマスクの着用は各自に任せました。

 

 公園を出て田んぼや畑の間を2〜300m進むと山道に入ります。田や畑の土手に咲く秋の野草を眺めながら進みます。

 

 参道の農業用池に放たれたヒゴイ。だんだん大きくなってきているようです

 

 ヤマハッカ?

 

 ワレモコウが秋風に揺れていました

 

 ツリガネニンジン

 

 山道に入るとすぐ上りになります

 

 最初の休憩所、粟生地区の住宅がよく見えます

 

 休憩所の横のシバグリの木がイガグリを付けていました

 

 休憩所を出て、緩い山道を進みます

 

 第2休憩所でそれぞれの休憩、水分補給も忘れない!

 

 途中、ところどころの木の根元にボクトウガの幼虫が削孔して排出した木屑が積もっていました

 

 更に上って来た第3休憩所からは遠く生駒の山並みが望まれます、今日は遠くまで見通せます

 

 第3休憩所を出ると少し急な登りが始まります

 

 山道の途中にはこのような石仏がハイカーを見守っています

 

 11時過ぎに勝尾寺園地につきました。これまで回収したごみを集め、昼食の時間です。

 

 サンゴジュの実

 

 帰りはいつものように府道43号線の車道沿いのごみを拾いながら5号線入口まで歩きます。

 

 シシウドか?(車道沿い)

 

 イタドリの花(車道沿い)

 

 車道沿いのごみを回収する

 

 枯れた木に止まったタマムシ

 

 ゲンノショウコ(車道沿い)

 

 ヒヨドリバナとハナモグリ(同上)

 

 自然研究路5号線入口からしらみ地蔵の方へ進み。ここで休憩を取り、古参道を下ることにする。

 

 フユノハナワラビ?

 

 古参道を下る、最近はほとんどこの道を下らなかった

 

 第1休憩所まで下ってきてほっとします

 

 ネコハギ、イヌのつく植物は多いようですが、ネコのつくのは珍しいようです

 

 午後2時ごろに出発点の皿池公園に帰り着きました。

 次月度は白島荘横集合で谷山谷を上る予定です。      文責 T.H



2020.09.16 天上ケ岳コース実施報告

天上ケ岳コースのクリーンハイキングに、一般参加者12名、隊員8名の総勢20名が参加しました。今回も前月に引き続き、ビジターセンターから天上ケ岳を往復しますが、帰路はこもれび展望所に立ち寄り、地獄谷谷道コースを経由して箕面駅に戻るコースとしました。

 

ようやく朝夕が涼しくなり、日中の暑さも少し和らいできました。今日は終日曇りの予報です。午前9時に箕面駅を出発し、滝道を歩きます。まずは、箕面の山パトロール隊の滝道事務所に立ち寄りました。

 

今年7月よりレジ袋が有料化され、皆さんが家庭で保管されているレジ袋が底をつき始めたようです。ゴミ集めに支障がないよう、パトロール隊が備蓄しているポリ袋を希望する参加者に手渡しました。

 

瀧安寺広場で、ミーティングの後、しっかりと準備体操を行いました。

 

準備を整えて出発です。滝道右岸を歩きました。

 

滝道のハグロソウ、ヤブミョウガ、ツユクサは長い期間咲いて、我々の目を楽しませてくれます。

                 

 

箕面大滝で一息入れてから、府道43号線に上がります。

 

 

大日駐車場には相変わらずゴミが散乱していました。清水谷コースのクリーンハイキングでここのゴミを回収してから4日しか経っていませんが、ご覧の有様です。これらを回収しました。

 

 

 

 

 

府道43号線を歩いてビジターセンターに向かいます。

 

ビジターセンターで一休み。

 

天上ケ岳に向けて山道を登ります。倒木があり道を塞いでいました。これを隊員達で処理しました。

 

 

 

この辺りはマツカゼソウが密集しています。白い花が咲いていました。

 

スギ、ヒノキの植林帯につくられた山道を登っていきます。

 

今日の目的地、天上ケ岳に到着しました。木のベンチに腰掛けて、昼食タイムです。山頂が狭いので、コロナ禍にあって、やや密です。

 

午後は来た道を下ります。

 

ビジターセンターからはババタレ坂を登り、こもれび展望所に着きました。

 

 

ここから尾根道を南に歩きます。

 

分岐を左に折れ、地獄谷谷道コースに入ります。

 

                  

 

ここでも新たな倒木がありました。K隊員が、すかさず持参したノコギリで処理しました。

 

 

東屋の先を左折し、才が原林道に出ました。

 

 

 

ススキの穂が開き始め、本格的な秋はもう間もなくです。

 

昨年末に整備した高山道に、先日看板を設置しました。

 

この道も、風の杜を迂回して、聖天展望台と才が原林道を結ぶ道として定着したようです。多くのハイカーに利用いただいています。

 

午後3時に箕面駅に到着し、解散しました。今回回収したゴミは7.7kgでした。参加された皆様お疲れ様でした。次回の参加をお待ちしています。

(報告者 TU)



2020.09.13 八天杉への道・トレイル整備 実施報告

現存する唯一の八天杉(巨樹・増長天の石蔵)までの道を整備すべく、

「箕面の山パトロール隊」と「箕面の森のきこり隊」が協力し、総勢15名で整備を行いました。

いつも定期コースで八天杉を回るクリーントレランの常連メンバーさんも駆けつけてくれました。

 

自然研究路5号線の途中から、下見を重ねてルートとなった八天杉までの道は108mです

 

去る8/22には、事前準備として、きこり隊の演習林より

180cmの丸太20本、階段横木20本、杭60本を用意し、木材を運んでいました。

その時の様子も少しご紹介します。

 

△きこり隊・演習林できれいに皮むきまでされて出番を待つ木材たち

 (きこり隊instagramより

 

△自然歩道5号線の階段を上ります

 

△文字通り駆けつけたクリーントレランのメンバーも運びます

 

△木材の準備、完了!

 

そして本日(9/13)の作業の様子です!

 

△開始前のミーティング。怪我無くやりましょう!

 

△準備した木材を運び入れます

 

△各ポイントに丸太を配置して、作業スタート

 

△ここには階段を作らねば〜

 

△各所で杭打ちが進められています

 

△八天杉近くは階段を作ります

 

△カケヤで打ち込む〜!(これが大変です)

 

△ルートが見えてきました

 

△前日雨だったので湿度が高い。。小休止も入れながら。

 

△だんだん全体像が見えてきました

 

では、ここからは出来上がった八天杉への道(108m)の様子をご覧ください!

 

△ここが5号線からの入り口です。

 

△なだらかなトレイル

 

△八天杉へ降りる階段もできました

 

△戻り(登り)の階段です

 

△中ほどの道(登り)

 

△入口近くのスロープです

 

良い道が出来ました。

 

八天杉前にて。作業メンバーの皆さん、お疲れ様でした!!

 

八天杉を見上げるとこのようです。

お近くを通る機会があれば、是非、一度近くまで行ってみてください。

自然研究路5号線の途中にあります。

                        担当記

 

※このトレイル整備は林野庁より許可をいただいて行っています。

 



活動ブログ

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

新着ニュース

カテゴリー

アーカイブ

コメント

検索

RSS

携帯サイトQRコード

qrcode

箕面の山パトロール隊

〒562-0006 箕面市温泉町1丁目1番 箕面の山パトロール隊 瀧道事務所
TEL/070−5040ー9734